リベラルには理解できない、銃所持者たちの真実

リベラルには理解できない、銃所持者たちの真実


 アメリカで暮らす銃所持者にとって、銃所持権は侵害されてはならない権利である。
アメリカ独立の15年後に合衆国憲法に付加された補正第2条には下記のように記されている。

 「規律の整った国民義勇軍は自由な国家の安全保障にとって必要であり、国民が武器を所持し、携帯する権利は侵害されてはならない」


 この条項に関してリベラル派は、「当時の武器は装填に時間がかかるマスケット銃で、この条項は現在のピストルや半自動小銃の所持を許しているわけではない」と言っている。しかし、その解釈法だと、「言論の自由を保障した補正第1条は活版印刷の地方紙しかなかった時代に制定されたものであり、ツイッターやインターネットの言論の自由を守っているわけではない」と言う人が出てきても、おかしくないことになる。

 また、リベラル派は「英国から独立を勝ち取った義勇軍が国防を担当していた時代は終わった。警察や正規の軍隊が存在する現在のアメリカではこの補正条項は無意味だ」と解釈している。しかし、保守派は「国民義勇軍とはアメリカの一般人から成り立っており、彼らの敵だった英国は“外国政府”ではなく、アメリカという植民地を支配していた政府だった。この条項は“自国の政府の横暴に国民が立ち向かうために銃所持権を与える”と規定したものだ」と解釈している。

 つまり保守派の銃所持者たちは、もしアメリカ政府がベネズエラのような独裁政権と化してしまった場合、本気で政府に立ち向かう覚悟でいるのである。彼らは、国民義勇軍(=一般人)が銃と大砲の力で独立を勝ち取った、というアメリカ建国史に大いなる誇りを抱いている。

 そして、南部や中西部、アラスカ州などに住む人々は、自分たちの先祖が銃の力を借りて荒野を開拓し、農場や牧場に変えたことを誇りに思っている。中西部の牧場や農場で働いている人々の家に行くと、居間の壁に数世代前の先祖が使っていたライフルを飾っている人や、亡くなった祖父が使っていた銃を形見として大切に携帯している人などが大勢いる。彼らにとって銃は、侍にとっての刀と同様に意義があるものなのだ。

 彼らは今でもコヨーテやオオカミ、地域によっては熊やマウンテン・ライオンから家畜や子どもたちを守るために銃を使用している。彼らの多くは敷地が4エーカー以上の地域や、広大な牧場・農場の脇に住んでいる。万が一強盗に襲われて警察に通報しても、保安官が到着するまでに20分以上もかかるため、護身のためにも銃が必要だ。

 そういう地域に住む人々にとって、銃は日常生活の必需品であり、小さな子どもたちも親から銃の安全な扱い方を教わる。射撃練習場に通って正しい操作法や射撃法をプロのインストラクターから学び、親と射撃の腕を競い合って楽しむ姿もよく見受けられる。ピンクや紫色のピストルや半自動銃も販売されており、女子中高生やファッショナブルな女性たちも、射撃場などに通って射撃を楽しんでいる。

 このように銃所持者にとっては、銃は不屈の開拓精神の象徴であり、自力で道を切り開く独立心旺盛なアメリカ人のアイデンティティそのものだ。また、銃は親子の絆を深め、家族で楽しい思い出作りをするための道具でもある。

リベラル派は、「狩猟やコヨーテ撃退のために半自動銃は必要ない」と言うが、銃所持派は「銃規制を強化しても、悪者は不法な手段を使って自動式襲撃銃を手に入れるので、それに対抗するためには半自動銃が必要だ」と言う。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。