アメリカの性病感染数は1億1千万

アメリカの性病感染数は1億1千万


 米国疾病対策予防センターによると、米国ではクラミジア、淋病、梅毒などの性病(STD)の発生率が増加しており、現在推定で1億1千万もの感染が報告されている。若年から成人女性に最も多いのはクラミジアで、15歳から19歳の9.2%、20歳から24歳の8%が感染している。梅毒の割合はすべての年齢層、すべての人種で増加し、20代に最も多い。同センターの性病予防ディレクター、ゲイル・バロン博士は、「性病増加の傾向を逆転させるには、すべての人がそれぞれの役割を果たす必要がある」と述べている。増加する性病と政治がどういうつながりを持つのか。RedとBlueの見解は?

出典『New York Times』紙
元記事:110 Million Americans Have an S.T.D.

RED: このバカげた結果はリベラル派による性の考え方のせい
“Leftist Sexual Polices have ridiculous consequences”

 アメリカにおける性病(STD)の発症率は過去20年のうち大部分で激減し、1991年から2000年にかけては段階的に減少した。しかし今、性病が再び増加している。それについては(ある部分)ハリウッドと、そして悲しいことに我々の政府による、10代のセックス、10代の妊娠、父親のいない子供への美化と宣伝のたまものだともいえるだろう。それは、なぜか? アメリカの左派政治家と地方自治体関係者は、10代のセックスを非難するのではなく、それを可能にさせたからだ。政府のプログラムによって、中高校の10代の子たちに避妊具を提供した(子供たちはいずれにしろセックスするのだから避妊具を与えるのに越したことはないというのが、奴らの誤った理屈だ)。さらに、ほとんどの左派およびリベラル民主党による中絶の正当化と宣伝は、人々が無防備な性行為に対して責任を取らない結果をもたらした。

 仮に、貧しい少女が妊娠したとしよう。そして避妊手術を受けられる医療機関がそれほど遠くないところにあったとしたら、実際に避妊手術を受けた女性たちが負う、生涯にわたる感情的心理的ダメージとは関係なく、手術は行われるのだ。セックスは常に何らかのリスクを伴う。いかなる社会も10代のセックス、無防備な性交渉、避妊手術、または未婚の母を美化したり、奨励したりすべきではない。こうしたリベラル派の考え方が、結果として性病を減少させるのではなく、感染率に大幅な上昇をもたらしたのだ。

 ついでに、ひとつ補足しよう。14歳から49歳までの黒人アメリカ人女性の48%が性器ヘルペス・ウイルスの感染者だ。冗談ではない、大変な悲劇だ。これはセックスに対する左派リベラルたちの考えがアメリカに広がった直接的な結果である。


BLUE:アメリカにいる全ての人が医師にかかれるべきだ
“Everyone in America Should Have Access to a Doctor”

 アメリカで1億1千万もの性病が発症しているというのに、2,800万人ものアメリカ人が健康保険に加入していない。なぜなら右派が、「貧困層は医療を受けるに値しない」と考えているからだ。500万人のアメリカ人はプランド・ペアレントフッド(全米家族計画連盟)を通して医療保険を得ているが、右派はこの団体が避妊手術を行っているからという理由で閉鎖を望んでいる。 

 これらの何百万もの無保険のアメリカ人は、定期的に医師にかかるのではなく、地元の救急医療室に駆け込むことになる。それは患者にとってより高額な負担になり、もしも支払えなければ、自治体が支払うしかない。

 アメリカにおいて性病は、安全な性行為によって撲滅に近づけることが可能だ。しかし、宗教的な右派たちは、子供への性教育に反対するだけでなく、性病への感性を予防できる避妊手段にも反対しているのだ。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。