「ポルノの王様」ラリー・フリントが、トランプ大統領を追放する?

「ポルノの王様」ラリー・フリントが、トランプ大統領を追放する?


 アメリカで、ラリー・フリントという実業家の名を知らない人は、まずいないだろう。彼は1974年にポルノ雑誌『ハスラー』を創刊したことでも知られる、出版界の大物だ。それまでにはなかった過激な手法で女性たちをグラビアで紹介し、元ファースト・レディのジャックリーン・ケネディ・オナシスのヌードを発表したことで、その地位を不動のものとした。その破天荒で波乱万丈な人生は、ウディ・ハレルソン主演『The People vs Larry Flynt』(邦題:『ラリー・フリント』)で、1996年に映画化もされている。

 そんな彼が今月15日、『ワシントン・ポスト』紙に一面広告を掲載した。広告の内容は「ドナルド・トランプ大統領の弾劾につながる情報の提供者に、賞金1000万ドルを用意する」というものだ。アメリカの憲法では、反逆、賄賂、その他の犯罪や軽犯罪が認められ、有罪判決を受けた場合、例え大統領であっても弾劾の対象になる。その上で、上院議員の3分の2にあたる議員が大統領の有罪が妥当であると合意した場合、大統領はその座を退かなければならない。フリント氏はこの方法を用いて、大統領をホワイトハウスから追い出そうとしているのだ。そのためには、大統領が有罪になりうる「決定的証拠」が必要というわけである。

 同広告内でフリント氏は、トランプ大統領の根拠ない情報の拡散、政府重職への縁故採用ほか、あらゆる大統領としての資質などを非難した上で、トランプ大統領をその座から引きずり下ろすためのこの行動は、「愛国者としての義務」だとしている。

 フリント氏は過去にも複数回、政治家の弾劾がらみで懸賞金を提供する行動に出たことがある。同広告の最後には、情報提供者がコンタクトできるフリーダイヤルとメールアドレスが掲載されているが、トランプ大統領を追い込むことで一攫千金を狙うチャレンジャーが何人出て来るだろうか?

引用元:This Publisher Is Offering $10 Million for Information That Could Get President Trump Impeached
トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


トランプ大統領 法律




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。