「黒人女性が白人に変身するCM」のダヴが謝罪

「黒人女性が白人に変身するCM」のダヴが謝罪


 トイレタリー製品の有名ブランド、ダヴ(Dove)がFacebookに掲載した動画広告が「差別的だ」と非難を浴びて炎上し、同社は「皆様を不快な気分にさせたことを深くお詫びする」と謝罪して広告を取り下げた。その動画は、「黒人女性が同社のボディーローションを使い、ブラウンのTシャツを脱ぐと白人女性に変わる」というものだ(写真リンク下記)。これを差別と受け止めるか、誤解と受け止めるか、保守派とリベラル派の意見は?

出典『The Guardian』紙
元記事:Dove apologies for ad showing black woman turning into white one


RED: 石鹸は差別主義者ではない
“Soap is Not Racist”

 ダヴは謝罪すべきではなかった。この会社は何も悪いことはしていない。何もわかっていない愚か者たちが、ソーシャルメディアで炎上したビデオを見て不快に感じたからといって、ダヴが差別主義ということにはならない。極論を言うなら、一定の人はしっかりと大人になるまでインターネットを使うのをやめるべきだろう。自分の気持ちが傷ついたからという理由で泣いてもいいのは子供だけだ。私は、世界が正常であることに対して腹を立てている18歳以上の人たちに「大人になれ。毎日1秒ごとに不平を言うのではなく、もっと建設的な何かを見つけろ」と言いたい。

 問題のコマーシャル映像では、肌の色の異なる3人の女性が次から次へ変身する様子が見られる。「ダヴの石鹸は全ての女性の肌の色を変える」と言うごく単純なアイデアだ。ダヴのマーケティング・チームは人種差別的な広告を作りたかったのだという非難は全くのお笑い種だ。こうした左翼や社会的な正義を訴える奴、傷つきやすい若者たちは、組織や個人を差別主義者だと決めつけて告発する前に、少なくとも実際の意図や動機が何であったかを冷静に判定するべきだ。間違いは誰にでも起こる。ダヴがあえて人種差別をしようとしたとは考えられない。そうだと思う人はベビー石鹸を使うべきだろう。大人用の石鹸の広告はまだ受け入れられないのだから。


BLUE:ダヴは今が2017年であることを理解するべきだ
“It's 2017. Dove Should Know Better”

 「ダヴを使ってあなたの茶色い肌を白くしましょう」。これが、Facebookに掲載された13秒のダヴ・ブランドのボディーソープの広告を見た何百万という人が、映像から受け取ったメッセージである。この短い画像では、黒人女性が白人女性に変わり、そして中東の女性に変身する。テレビのコマーシャルでは30秒の完全版が見られるが、それには女性が7人登場する。

 ダヴは、この広告が意図したのは、「すべての肌が優しい石鹸を使うのにふさわしい、と伝えることだった」と言っている。それは素晴らしい考えだ。しかし、ダヴがその意図をもっと良い方法で社会へ伝えられなかったのはとても残念だ。

 同広告の冒頭に登場する黒人女性モデル、ローラ・オグニュエミさんは、「みんなが広告を黒い肌への否定的なメッセージとして受け取ったことを残念に思っている」とコメントしている。しかし、広告の他の部分がどうであろうと、黒人女性を白人に変えるアイデアは、決していい考えではない。オグニュエミさんの姿が白人に変わる画像がソーシャルメディアに現れる否や、みんながそこだけを見ることになってしまったのだから。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。