共和党の「減税神話」の作成者、トランプの減税政策に警告

共和党の「減税神話」の作成者、トランプの減税政策に警告


 共和党が減税案のモデルとしている「1986年の税制改革法」はドナルド・レーガン大統領によって実施され、成功を収めた。同法の作成に携わった当時の国内政策顧問ブルース・バートレット氏が、当時の経済成長には減税以外の要素が加わっており、共和党はレーガンの減税策を過大評価していると警告を発した。レーガン政権は実際には何度も増税を繰り返しており、「減税そのもの」は必ずしも経済成長につながらないとし、同時にジョージ・ブッシュ大統領時代の減税失敗例も挙げている。また「近年で最も大きな経済成長を促したのは、90年代にビル・クリントン大統領が増税した後だ」と指摘。現在の共和党の減税案は間違っているという指摘に対する RedとBlueの見解はいかに?

出典『ワシントンポスト』紙
元記事:I Helped Create the GOP Tax Myth. Trump Is Wrong: Tax Cuts Don’t Equal Growth

RED: トランプに反対するジャーナリストばかり
“Another Journalist disagrees with Trump, big deal”

 ブルース・バートレットが、ドナルド・トランプの「減税が経済成長を促進する」という考えに異議を唱えている。彼自身が減税と経済成長の神話作りに貢献したという主張はとりあえず横に置いておくが、アメリカのジャーナリスト、もしくは「えせジャーナリスト」による「ドナルド・トランプ嫌い」は激しい。大統領がたとえば画期的ながんの治療法を見つけたとしても、ジャーナリストは彼のことを嫌悪するのだろう。

 バートレットの見解は世界級の冗談だ。彼は税金が経済成長を促進することを知っているし、アメリカ経済を含むいかなる経済も、政府が長期にわたる借金を増やし続けなければ、はるかに良くなることを知っている。アメリカの国内総生産(GDP)は18兆ドルだ。アメリカの国家債務は20兆ドルを少し上回っている。バラク・オバマが政権を取るまで(2009年頃)は約10兆ドルだったが、わずか8年で彼は国家債務をほぼ倍にした。これは過去のすべての大統領を合わせたものよりも多い。

 政府が課税を少なくして支出を減らせば、経済は早く成長する可能性がある。アメリカの法人税は前代未聞の39.6%で、これは世界のほとんどの国の平均のほぼ2倍である。ブルース・バートレットはこれを知っていながら、経済成長について正直な会話をするのではなく、ドナルド・トランプが税について間違っていると主張している。バートレットは役立たずだ。彼がトランプに同意しないからといって、彼の主張が正しいことにはならない。


BLUE:共和党内部者が警告「減税は金持ちをさらに金持ちにする」
“Republican Insider: Tax Cuts Make the Rich Richer”

 右派は、「減税=経済成長」という嘘を1980年代から通し続けてきたが、これまで減税が行われるたびに、経済は成長しないという事実が繰り返し見られている。その反対に、増税すると経済成長が起こっているのが事実である。ところが、共和党は今でもまだ「経済成長を活発にするために減税する必要がある」と言い続けている。

 真実は、「減税は金持ちの銀行口座を潤すのに役立つだけ」だ。共和党は減税の話をするのが大好きで、有権者にとっても減税は常に魅力的に聞こえるものだ。しかし、トランプの減税案は、実際には中間所得層の税金を引き上げる。共和党右派のお気に入りであるレーガン元大統領でさえ、1980年代にまず大幅減税のイベントを実施した後で、一度ならず数回の増税を行なっている。

 共和党が減税をこれほど推すのは、減税をすれば一般市民は短期間に少しだけ利益を味わい、富裕層は長期にわたって大きな利益を得られるからだ。トランプ大統領の新しい減税案が実施されれば、アメリカは収入源を失い、財政赤字は増加する。トランプ大統領が言っている減税は、ゆっくりと沈みかけている船の甲板で椅子の配置を変えているだけに過ぎない。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。