疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」

疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」


 2016年のアメリカ大統領選挙にロシアが介入した疑惑には、根深いものがある。きな臭いニュースが続いているが、決定打となる情報はなく、真実は今ひとつはっきりしない。

 ロシア疑惑関連のニュースが取り上げられるたびに、リベラル派はトランプ政権誕生経緯の健全性に対し、疑問と不快感を隠さない。保守派は、こうした疑惑を取り上げるニュース自体に懐疑的になり、そこへの嫌悪感を露わにしている。中道派は概ね、「確かな証拠が見つかるまで、いい加減にこの議論はやめて欲しい」という感じだろうが、とにかく何か事件が起きるたびに、アメリカのソーシャルメディアは疑惑談義一色になってしまうのは、トランプ政権誕生後から変わっていない。

 そして、今またロシア疑惑がソーシャルメディアをにぎわしている。日本でもすでに報道されているように、ロシア疑惑をめぐる一連の動きのひとつとして、「ポケモン GO」が登場。ロシアはフェイスブックやツイッターなどを使い、アメリカ人たちを扇動したのではないかとされているが、その扇動活動の一環として、白人警官による黒人射殺に抗議する「ブラック・ライブズ・マター」の関係者を装い、ポケモンGOを使った人種差別反対キャンペーンが計画された疑いが浮上したと CNNが報道した。

 このキャンペーンは、ロシア政府の関与が指摘される「インターネット・リサーチ・エージェンシー」が展開したと見られており、2016年7月に、キャンペーンに関連するウェブサイトを通じ、ポケモンGOコンテストの開催が呼びかけられた。同コンテストは黒人が警官に殺害された現場近くでキャラクターを見つけるという内容で、そこでキャラクターを見つけたら犠牲者の名前を付けることを促すという、悪趣味なものでもあった。ポケモンGOのユーザーが実際にこのコンテストに参加しようとした痕跡は、CNNの取材では分かっておらず、このコンテストの目的そのものも不明なままだ。しかし、「事件現場の近くで犠牲者を思い出させることで、人々を怒りへと扇動する目的だったのではないか」という可能性は否めない。

 このポケモンGO、「疑惑の渦中の人」となるのは、今回が初めてではない。昨年6月、ロシアで、「ポケモンGOはアメリカがCIAなどの諜報活動のために開発に関与したものであり、国家の安全保障を揺るがす陰謀だ」という見解が、インタファクス通信によって世界に報じられた。この見解を示したのは、ニコライ・ニキフォロフ情報通信相など複数の政治関係者だった。ロシア政府は結果的に「ポケモンGO」の代替ゲームとして、モスクワ市政府監修で、ロシアの歴史にゆかりのあるキャラクターを捕まえる「ディスカヴァー・モスクワ」というアプリの開発までしている。

 このニュースを覚えている保守派の一部からは、「ロシア自らが、CIAの関与が疑われるアプリを使って、アメリカの選挙戦に関与しようとするだろうか」という疑問の声もあがっているが、今回も何が真実なのかは、まだ何も分かってはいない。当のポケモンとしては何度も疑惑のツールとして世間を騒がせる羽目となり、さぞ迷惑していることだろう。

引用元:Even Pokémon Go Used by Extensive Russian-Linked Meddling Effort
トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。