ソフトウェアエンジニアに定年は無い?

ソフトウェアエンジニアに定年は無い?


 アメリカでは、職場でのあらゆる差別が禁じられている。人種、国籍、性別、年齢、性的志向がどうであれ、従業員は平等に扱われなくてはいけない。日本では60歳なり65歳なりで「定年」となって会社を辞める人が多いが、そういう制度はアメリカでは年齢差別になってしまう。アメリカの会社には「定年」は存在しない。同じ理由で、日本で不文律として言われてきた「プログラマ35歳定年説」というようなものも存在しない。「もう35歳過ぎたから、そろそろ管理職をやれ」ということは起こらず、40歳でも、50歳でもエンジニアとして仕事を続ける人はたくさん居る。余談だが、私が今までに一緒に働いたことがある同僚の最高齢は78歳であった。その人に初めて会った時は75歳で、当時の自分が25歳だったので、50歳年上の同僚だったことになる。

 会社に定年制度が無いならば、エンジニアはいつ引退するのか。1番目の答えは「本人の自由」である。ファイナンシャル・プランナーに相談したり、自分で計算したり、人によっては投資や副業を行って、引退しても十分に生きていける状態になったら自主的に退職してリタイアするのだ。アメリカでの一般的なリタイアの年齢は日本と同じ65歳と言われているが、給料が多めの会社ならば50代で引退する人も珍しくないし、株式公開で億万長者が多く出た会社ならば30代で引退する人もけっこういるらしい。私も個人的に「引退後」の40代の人たちに会ったことがあるが、のんびりと「余生」を楽しんでいるように見えた。

 2番目の答えは「職を失って、再就職先が見つからない時」である。会社の事業内容変更などによるレイオフ、または本人の仕事のパフォーマンス不足によりクビになって、そのまま引退になってしまう人も珍しくない。年齢差別が禁じられていると言っても、年齢を重ねたあとでの再就職はだんだん難しくなってくる。経験を積んだ人は職位が上の方になってくるので、自然と基準が高くなってしまうからだ。また、面接官に差別意識がなかったとしても、歳を取った外見から無意識に採点が辛くなってしまうという理由もあるかもしれない。そのまま次の職を見つけずに引退していく人もいれば、今までとは全く違う仕事を始める人もいる。

 不本意な引退は、経験に応じて自分のスキルや仕事のレベルを高い状態に保っていれば避けられる事態ではあるが、年齢には勝てずに、しぼんでいってしまうエンジニアがいることもまた事実である。特にエンジニア職は常に新しい技術を身に着けていかないと急速に陳腐化してしまうので、他の職種よりも仕事のレベルを高く維持するのは難しい傾向があることは否めない。この記事の最初で否定した「プログラマ35歳定年説」は若すぎるとしても、「55歳説」や「65歳説」ならば打ち破るのはかなり難しくなってくる。

 私も中年になり、若い頃とは仕事のやり方が変わってきている。仕事の調子が良い時にはこのままいつまでも続けていけそうな気がするときもあるし、調子が悪い時にはいつ引退できるか貯金額を計算してみようと思ってしまうこともある。ちなみに、前出の78歳エンジニアの同僚に長く続ける秘訣を訊いてみたところ、「良い時でも悪い時でも平常心を保ち、有給休暇は全部きちんと使う」という返事だった。焦らず腐らず、自分の興味が続く限り仕事が続けられればそれが一番なのだろう。

IT業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


IT業界 働き方改革




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。