ルールは絶対!……ではない

ルールは絶対!……ではない


 日本では「氷上の格闘技」と呼ばれ、荒々しい肉弾戦が強調されるアイスホッケーだが、パック(球技におけるボールに相当する硬質ゴム製の円盤)を持っている選手の体に激しく体当たりする「チェッキング」が許されるのは、実は一部のカテゴリーだということは、日本のホッケー関係者の中ですら、あまり知られていない。

 例えばアメリカでは、12歳以下のカテゴリーでは統括競技団体USA Hockeyのルールとしてチェッキング禁止、パックを取り合う際に体を寄せ合うボディコンタクトのみが許されている。これは、怪我などがあったとき、若年者に適切なルールを検討・適用しなかった責任を問われる訴訟を避けるためだけでなく、基本的なスキルを習得すべき年代では身体的なプレッシャーを減らし、スケーティングやパックコントロールの練習と実践に集中するための育成戦略でもある。ボディコンタクトのみのルールはIIHF(国際アイスホッケー連盟)が女子ホッケーのルールとして定めており、そこは日本でも同様だ。

 それではアメリカでは、12歳以上のホッケーはすべてチェッキングありのフルコンタクト・ルールになるかというと、そうではなく、レクリエーション的なリーグではチェッキング禁止が原則である。日本でも近年レクリエーション的なリーグ等で独自にチェッキング禁止ルールを導入し始めたが、初心者から始めた選手が多い大学ホッケー下部リーグや、小学校低学年のチェッキングを禁止するルールが国として導入されていないのは、世界でも日本くらいだろう。

 アイスホッケーのルールはIIHFで定められ、毎年少しずつ改定されていくが、アメリカのユースホッケーでは、年齢とレベルに合わせて、驚くほど柔軟にルールを適用している。十年以上前に国際的に改定されたルールであっても、ユースホッケーやレクリエーションホッケーの実情に合わないと判断されて適用されていないルールがいくつもある。特に近年は攻撃が有利になるルール改訂が多いが、ユースホッケーでは攻撃的になりすぎると、大量失点を恐れてスキルや経験値の低い子供たちを出場させにくくなる可能性があるため、攻撃有利の新ルール適用は見送られる傾向がある。国際ルールでプレーする、高いレベルの競技ホッケーまで到達する子供たちは、実際にはほんの一握りなので、ルールを一律に適用するよりも、実情に合わせて柔軟に適用する方が有益であるという、アメリカ的な合理主義がここに垣間見られる。

 国際ルール改正の度に、自動的に新ルールが通達され、ホッケーのスキルも身体も未熟な子供たちや、熟年の生涯ホッケー選手、ボランティアのオフィシャルまでもが右往左往しながら新ルールを周知し、遵守しようとする日本とは対照的だ。

 日本ではスポーツに限らず、一般的に規則の遵守が最優先だ。そのため規則が対象集団の実情に即していなくても、自分たちを規則に合わせようとするが、当然無理や不利益が生じる。さらに、規則の合理性が問われたり、論じられることは少ないので、実情に即さない規則が延々と放置されがちである。

 USA Hockeyではルール改正案をなんと毎年一般公募して、良案はルール委員会で議論の対象とされる。正に民主主義。規則は組織のためにあり、組織が規則の奴隷となることを防ぐ工夫は、硬直化しがちな日本の組織でも是非参考にしたいものである。

スポーツに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


教育 子供 アメリカ人




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。