テキサス銃乱射事件 便乗する陰謀説でさらに混乱

テキサス銃乱射事件 便乗する陰謀説でさらに混乱


 50人以上の犠牲者を出したラスベガス銃乱射事件の悲劇から1カ月半しか経っていない中、アメリカ時間の11月5日午前11時半頃、米テキサス州サザーランド・スプリングスにあるキリスト教バプテスト派教会で、ひとりの銃撃犯による銃乱射事件が発生した。少なくとも27人が死亡し、多数の負傷者が出ている。

 犯人の白人男性、デヴィン・ケリー容疑者(26)は事件後に死亡したため、事件の全容はまだ明らかになっていないが、ラスベガス銃乱射事件同様、単独犯とみられている。ケリー容疑者はテキサス州サンアントニオ近郊在住で元米空軍。人口がたった数百人という小さな農村の穏やかな日曜礼拝に集った住民たちに向け、アサルトライフル(自動小銃)で無差別に発砲し、5歳の男の子から70歳代の年配者までの大勢の命を奪い、多数の負傷者を出した。事件の際、地元住民が自ら所有するライフルで同容疑者に向かって防衛のために銃を撃ち始めたため、容疑者は逃走したと言われている。

 襲われた教会は白人信者がほとんどの保守派教会だった。アメリカ史上最悪な大規模銃乱射事件のうちの2つが短期間に起き、両方の事件の犯人が共に白人のアメリカ人であったため、トランプ支持層とされる白人たちを狙った「アンティファ」 、つまり極左勢力、暴徒を動員することも厭わない反ファシズム(アンチ・ファシズム)によるものや、「これこそが白人ナショナリズムの右翼運動「オルト・ライト(オルタナ右翼)」の陰謀だと指摘するジャーナリストやネット記事、ソーシャルメディア情報が飛び交い、混乱を見せている。

 そんな中、日本を訪問中だったトランプ大統領は記者会見で、この事件は銃規制に関する問題ではなく、この犯人の精神に問題があると発言。その発言を受けて、陰謀説よりも大きな波紋がアメリカ国内に広がっている。

引用元:ANTIFA" RESPONSIBLE FOR SUTHERLAND SPRINGS MURDERS, ACCORDING TO FAR-RIGHT MEDIA
テキサス州に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。