サンクスギビングに食べるクランベリー・ソース

サンクスギビングに食べるクランベリー・ソース


 気温が下がり、空気がひんやりとして来た頃に、芽キャベツ、かぼちゃ、新鮮なクランベリーなどがスーパーマーケットの棚に現れ始める。毎年それを見て僕たちは、サンクスギビング(感謝祭)の休日が近づいていることを感じる。毎日の忙しい生活の中で、サンクスギビングは1年の中でたった1日だけ、ほとんどのアメリカ人が家族と一緒に過ごし、たくさんのご馳走を楽しむ。宗教を重んじる人達は神からの恩恵を感謝し、他の人達はそれぞれの生活を振り返り、感謝を捧げる。ただ、ご馳走を食べてフットボールの試合をテレビでみるだけの人達もいる。みんながそれぞれの方法でその日を祝うのだ。

 サンクスギビングは、1863年にアメリカの祝日になった。アメリカにおける初めてのサンクスギビングは、ヨーロッパからアメリカに来た最初の入植者が、1621年に初めて秋の収穫に成功し、ご馳走を食べてそれを祝ったことが起源だと言われている。その際に彼らは、自分たちがアメリカに到着した時に助けてくれた先住インディアンを食事に招待した。初めてのサンクスギビングでいったい何を食べたのかは誰も知らないが、今日の伝統的なサンクスギビングの食事は大抵、七面鳥、詰め物(玉ねぎやセロリなどの野菜をたっぷりのバターで炒めてパンと肉汁に絡めて焼いたもの。七面鳥の中に詰める人が多い。ナッツやフルーツ、ソーセージなどを入れるレシピもあり、家庭によっていろいろな味がある)、グレイビー・ソース(肉汁から作るソース)、マッシュポテト、クランベリー・ソース、サヤインゲン、サツマイモ、パンプキンパイ。地域差はあるが、これが標準メニューだ。

 サンクスギビングのご馳走の中で最も興味深い品目は、クランベリー・ソースだ。クランベリーは北米が原産で、たぶん初めてのサンクスギビングの食事にも含まれていただろうと予想される。でも、それは僕たちが今日食べている甘いクランベリー・ソースではなかったはずだ。先住インディアンは、クランベリーをぺミカンに使っていた。ぺミカンとは乾肉のことで、細かくした鹿の薄い赤身の肉などを干して、それを果実や動物の脂肪と混ぜて固めたものだ。とても栄養価が高いうえに、軽くて長い間保存できるという、1600年代のとても実用的な食べ物だ。

 今日のサンクスギビングのご馳走では、多くの人々は市販されているゼリー状になった缶詰のクランベリー・ソースを買う。しかも、それは缶からすぽっと取り出した後も、缶の形をしている。それをナイフで切って、丸いスライスにして出す。このゼリー状のクランベリー・ソースは、クランベリー生産者が手でひとつずつクランベリーを摘む代わりに、彼らの畑を溢れるほどの水でいっぱいにすれば熟した実が木から離れて水の表面に浮くことを発見した結果である。この方法は収穫作業を簡単にはしたが、生産者の手元には手摘みより美味しそうには見えないクランベリーが大量に集まった。そのクランベリーは通年で販売できる缶詰のゼリーにぴったりだったわけだ。

 僕の母は毎年、クランベリー、オレンジピール、砂糖、スパイスを使って手作りのクランベリー・ソースを作っている。サンクスギビングの夕食は1年に1度だけなので、毎年、僕が経験することは同じだ。母のクランベリー・ソースは見た目がよく、明るい赤色に輝いているので、それを 僕はスプーンで2,3杯、皿にとる。それを食べた瞬間、甘酸っぱさと香辛料の組み合わせが僕の若い味覚をいつも混乱させ、その結果、僕はスプーン1杯を食べて終わらせ、それ以上は欲しがらない。そして、次のサンクスギビングに再びクランベリー・ソースがテーブルの上に現れるまで、そのことは忘れているのが恒例だ。

 何年か前のサンクスギビングの翌日、僕は会社で同僚と昼食を食べていた。サンクスギビングはいつも木曜日だから、誰も翌日の金曜日には働きたがらない。でも時には、それを避けることができずに働かなくてはならないことがある。その日、僕と同僚は二人とも家から持ってきた残りの七面鳥のサンドイッチから慰めを得ていた。僕のサンドイッチは、レタスとトマトとマヨネーズ。僕は小さい頃から、七面鳥のサンドイッチはこの組み合わせで食べている。同僚のサンドイッチには詰め物とグレービー・ソース、そして明るい赤色の何かが入っていた。僕が同僚に「その赤いのはクランベリー・ソース?」と尋ねると、彼はそうだと答えた。僕が再び彼に「美味しい?」と尋ねると、彼はまるで僕の頭がちょっとおかしいのではないかと思っているような表情で、「もちろん美味しいよ。ものすごく美味しい。サンクスギビングの残り物の七面鳥を使ったサンドイッチにクランベリー・ソースを入れたことのないの?」と言った。そして僕は「ないよ」と返答した。それは僕には、ちょっと奇妙な組み合わせに思えたからだ。すると彼はまるで僕を哀れむような表情で、僕がどんなに重要なことを見逃しているのかをわかっていないと言った。そして、僕らは昼食を終えて仕事に戻った。

 翌年のサンクスギビングの翌日は会社が休みだった。家でサンドイッチを作っているとき、1年前の同僚との会話を思い出した。僕はレタスとトマトとマヨネーズを冷蔵庫に戻し、代わりにサンクスギビングの残りものの詰め物、グレービー・ソース、クランベリー・ソースを取り出した。僕はその組み合わせに疑いをもっていたが、一度は試すべきだと思ったのだ。一口目は、ちょっと奇妙な味がした。良くも悪くもなかったが、僕が今までに味わった全てのものと違って、普通の味ではなかった。だが食べれば食べるほど、その味にハマってきた。甘酸っぱいソースが、香ばしい七面鳥と詰め物と組み合わさった時の何かが僕の味蕾をワクワクさせた。僕は、違う種類のパンやチーズなら、この新しい味の組み合わせがもっと美味しくなるのではないかと考え始めた。それから、これまでとは違う方法でクランベリー・ソースを準備することを考えた。母にソースのレシピを訪ね、インターネットで様々なバリエーションを見つけ、缶入りのクランベリー・ソースも買ってみた(もちろん、それは美味しくなかったが)。

 僕は今も、七面鳥のサンドイッチはレタスとトマトとマヨネーズとの組み合わせの方が好きだ。でも、出勤したくなかったサンクスギビングの翌日の会社での昼食で、自分の家族とは違う伝統を学んだことが、それまでの僕の食べ方や調理法の考え方を一新した。新しい味の組み合わせが僕の考え方を広げてくれたことに、僕は感謝している。

食に関する記事 >




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。