アメリカは核ミサイル反撃を24時間警戒態勢へ

アメリカは核ミサイル反撃を24時間警戒態勢へ


 核ミサイルを保有する全米の空軍基地では、大統領命令が下り次第、24時間態勢でB-52を発射できる準備を整えている。これは米・ソ冷戦が集結した1991年以来の緊張状態だ。この動きの背景には、急速に進む北朝鮮の核兵器開発、北朝鮮に対するトランプ大統領の挑発的な姿勢、ロシアの活発な軍隊活動などがある。アメリカの防衛、国家安全に関連するニュースに特化したメディア『Defense One』の記者が、ロサンゼルスのバークスデール基地を独占取材した。この緊迫した現情勢をRedとBlueはどう受け止めているのだろうか?

出典『Defense One』
元記事:EXCLUSIVE: US Preparing to Put Nuclear Bombers Back on 24-Hour Alert

RED: アメリカが再び本気になったということだ
“America means business again ”

 前大統領バラク・オバマが就任した2009年から2016年の8年間、世界はアメリカを真面目に捉えなかった。バラク・オバマが用いた「まずは謝罪して」世界の独裁政権や殺人政権をなだめるという戦略は、もちろん状況を改善することはできなかった。そもそも、そんな戦略はうまくいくはずがない。しかし、オバマ前大統領のような軍隊経験も外交経験も全くないリベラル派の半植民地主義者はナイーブで、自分が相手にしているのは自分と同じように話し合いを好む人々だと考え、イランのようなイスラエルの破壊とユダヤ人の破滅を誓った国の指導者であるという認識がなかったのだ。

 さて今やトランプ大頭領の元、金正恩のような武力を用いて威嚇する道化者への対応の違いがよくわかる。トランプ大統領は、アメリカの戦略核兵器を警戒状態に置くことで、世界、特に平壌の指導部に対して「アメリカは本気」だと表明しているのだ。


BLUE:それよりも我々の核兵器を解体すべきだ
“We Should Be Dismantling Our Nuclear Weapons Instead  ”

 冷戦は26年前に終わっている。以来、世界の指導者たちは、核兵器の保有量を減らすために努力してきた。オバマ前政権の下で、アメリカはようやくイランとの核兵器条約に調印することができたのだ。

 トランプは今、こうした進展を全て反故にすると脅している。彼は「外交」という言葉をまったく理解していないように見える。核兵器に対する彼の態度は恐ろしいというほかない。イラン条約を尊重することを拒否し、アメリカの核兵器を10倍増やすよう提案していることが報道されている。さらに悪いことに、トランプが世界的な緊張状態を作り出していることで、他国が核兵器を作り出す可能性もある。

 トランプになんらかの自制心があれば、我々は核爆撃機を警戒態勢に置く必要はないはずだ。しかし現実はそうではなく、トランプが発する全ての発言と脅しは、世界平和の機会を着実に遠ざけている。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ軍 ロシア 兵器




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。