日本がビジネスを仕掛けるべき、意外な州の「大富豪」の価値観

日本がビジネスを仕掛けるべき、意外な州の「大富豪」の価値観


 ちなみに卒園式当日に、彼が身に着けているものを合計すると、かるく2,000万は超えるということも分かった。一緒にプライベート・ジェット遊覧に招待されたお母さんが気づいて、悲鳴に近い声を上げたのだが、彼が身に着けている時計は日本円にして2,000万円を超えるブレゲの腕時計だった。ブレゲはフランスの名門工房のもので、ナポレオンが愛したことでも知られているが、彼は「値段よりも何よりも、品質と正確さが素晴らしい」と説明していた。その時計は元々彼の父親のもので、20年前に譲り受けたものを大切に使っているらしい。「修理すればいつまででも正確な時を刻む。修理のたびにフランスに出かけるのも楽しみだ。この時計は孫の代まで受け継ぐつもりだ」と彼は笑った。

今回のひとこと:

品質、性能で勝負できる商材は、是非テキサスへ。

富裕層に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。