人種差別を作り出す真犯人とは?

人種差別を作り出す真犯人とは?


 悲しいことに、米南部には今でも黒人たちを黒人だという理由だけで差別を続けている白人優位主義(KKK)の人もいるのは事実だが、私は一度もKKKの人に会ったことがない。そういう極論を主張するのはこのご時勢、極々一部の人だ。同時に、黒人優位主義な主張や、白人ではない人種は全員“ブラウン”(茶色)にしようという話がTV番組で討論されたりもしているが、それは白人に対する差別になる。私が普段接している白人、黒人、それ以外に人種の人たちも皆、「その偏った主張」に心を痛めている。みんなが共通して求めているものは、争いのない「穏やかな日常生活」であり、目的は同じだ。どんな宗教も詰まるところ、求めるのはそういう「平和」(PEACE)だと説いている。人が人を敬い、他の宗教やアイデンティーを尊重し合い、ピースフルで笑顔が沢山溢れた温かな日が来ることのを祈るばかりである。

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


差別 アジア




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。