ウォール街、トランプ・クライシスに振り回されて株価暴落

ウォール街、トランプ・クライシスに振り回されて株価暴落

引用元『Wall Street tumbles as reform hopes fade with Trump crisis』: https://goo.gl/CWTYBT


 17日、トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)の調査に介入しようとした報道を受けて、ウォール街の投資家たちの間の懸念から売りが殺到、S&P 500種株価指数とダウ株価が暴落。昨年9月以降、最も株価下落を記録する一日となった。

 大統領から突如解雇されたジェームス・コミー元FBI長官が、トランプ大統領からマイケル・フリン国家安全保障担当大統領補佐官とロシアとの関係に対する厳密な調査を止めるように指示されたと各メディアは報道。これが、トランプ大統領がロシアの外務大臣に、イスラム国に関するオペレーション機密を漏らしたという報道後であったため、投資家たちの間にトランプ大統領は選挙で公約した減税と自由化、財政出動を最後まで遂行できないのではないかという見方が広まったとみられる。その結果、売りが殺到して株価が落ちたとされる。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。