日本の○○がラスベガスにやって来る!?

日本の○○がラスベガスにやって来る!?


 「きみは『パチンコ』で遊んだことあるか?」

 就活中の面接相手だった一人のカジノ・マネージャーから日本の娯楽文化について、幾つか質問を受けた。数ある質問の中でも特に印象に残ったのが、日本の「パチンコ」についての質問だった。

 多くの方がご存知であるように、日本独自の「パチンコ」というゲーム文化はアメリカにはない。またアメリカと日本ではスロットの遊び方にも大きな違いがある。アメリカのスロットでは、プレイヤーは回転を始めることが出来るだけ。自らのタイミングでリールを止めることができる日本の「パチスロ」はカジノ・ゲーミング業界では存在していなかったものなのだ。
 しかし、ラスベガスでは今、その日本のパチンコやパチスロに注目が集まっている。

 今月1日にカジノに関する法を取り締まる政府機関、NGC(Nevada Gaming Commission)で開かれた会議において、日本の大手パチスロ・パチンコ会社のサミーとゲームメーカーのセガの関連会社「セガサミーホールディングス」に対して、ラスベガスがあるネバダ州内でのカジノビジネスの営業権を承認する方向で検討されることが、満場一致で可決された。最終的な承認は今月16日に同委員会の本会議にて議決され、もし営業権が承諾されれば、セガサミーはネバダ州の正式なカジノ機器の生産・販売会社として登録されることになる。

 1日の会議では、セガサミーCEOの里見治氏を含む役員幹部らへの質疑が通訳を通して行わられ、“スキル・ベース・スロット”が州内で合法化されたことをひとつのきっかけとし、今までにはなかった日本のパチンコやパチスロを含むゲーミング機器をネバダのカジノに導入する意向を示した。

 またNGC議長A.G. Burnett氏は、その“スキル・ベース・スロット”を含むカジノ法改正に関し、セガサミーの提案が大きく影響したとしていて、「すべての会社がこのビジネスで成功できるわけではない。しかし、セガサミーはカジノ業界を牽引する新たな企業として、とても良き存在になるだろう」と、会議後のインタビューで答えている。

 時代に合わせ常に進化を続けるラスベガスでは、エンターテイメント・ショーやホテルの客室なども2018年に向けてたくさんのリノベーションが行われている。そんな中、新たな客層の獲得に動くカジノ業界もまた、新型のゲームを次々に導入し改革を進めている。日本の娯楽文化を代表するパチンコやパチスロは、そんな期待に応えることが出来るのだろうか。セガサミー含め今後の動向に注目が集まる。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。