フェイク・ニュース拡散防止を約束したフェイスブック、なかなか成果出ず

フェイク・ニュース拡散防止を約束したフェイスブック、なかなか成果出ず

元記事『Facebook promised to tackle fake news. But the evidence shows it's not working』:https://goo.gl/PQyIAK


 フェイスブック社の“ファクト・チェッキング・システム”の成果が出ていないことが話題になっている。このシステムはでフェイスブックで共有されるすべての記事に対し、「正しい情報を元に執筆されたものか、作為的なものか」をユーザーに明確にしようというもの。作為的な記事(フェイク・ニュース)と判断されたものには事実に疑いがあるという意味の“disputed”アイコンが表示され、ユーザーが拡散する前にその説明が出るサービスだが、この機能がついても事実ではない記事が大々的に拡散されたり、保守派層ユーザーたちが「フェイスブック社が特定の記事や事件を隠蔽しようとしている」として、アイコンが付いた記事をあえて拡散することなども起きている。「これは嘘の情報なので拡散しないように」と同社が言えば言うほど、その反対の行為をするユーザーが増えるという悪循環になっているわけだ。

 その記事が本当の情報を元に書かれたものか、それとも取材もリサーチもせずに個人がフィクションで書いたものを記事風にまとめたものかをチェックする作業は、フェイスブック社だけではなかなか追いつかない。そのため同社のパートナー企業(AP、Snopes、ABC News、PolifiFactなど)がファクト・チェックをした結果も採用している。しかし、それらの企業がすでにフェイクだと明記した記事がフェイスブック上ではフェイクのアイコンがついていない記事も多く見られ、フェイク・ニュースが大々的に拡散されてダメージが出た後になって初めてアイコンがつく場合も多いという。

 同社は、これまでに何件のニュースに対してフェイクのアイコン数をつけたかや、ニュースの拡散過程に関する情報など明らかにしていないが、同社スポークスマンは「フェイクのアイコンがついた記事は、拡散数に減少が見られる」と話している。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。