3分で学ぶアメリカ二大政党① 「共和党/Republican(保守)」

3分で学ぶアメリカ二大政党① 「共和党/Republican(保守)」

アメリカ二大政党のひとつ、共和党。2016年の選挙で選ばれた第45代アメリカ合衆国大統領・ドナルド・トランプ氏も共和党だ。共和党にはどんな特徴があるのだろう?


思想傾向と支持層:

 社会保障などの形で政府が個人の生活に過度に介入するよりも、独立精神を重んじる「自由主義」が、思想の中核にある。共和党がオバマケアに反対したのはそのため。アメリカ国益重視で、国際連合などに関しては懐疑的なために、「小さな政府」を重んじる政党だと表現される。支持層は主に白人、富裕層、中西部大企業経営者、軍事関係者など。国をあげて行方が問題視されている人工中絶に対しては反対、不法移民も反対、同性愛も反対、銃規制も反対の姿勢。

豆知識:

 現在、アメリカのメディアは民主(リベラル)寄りのため、共和党支持者は「白人至上主義で差別主義」という偏ったイメージを持つ人も多いが、過去を遡れば奴隷解放のために立ち上がったのは、民主党ではなく共和党だ。そもそも共和党は、1854年に「奴隷制反対」を掲げて発足した政党で、共和党出身で最初に大統領に就任したのは、かのエイブラハム・リンカーンである。リンカーン大統領は、1862年に奴隷解放宣言に調印した。黒人への差別撤廃の最初の一歩を支持したのは他でもない共和党であることは、なぜか忘れられることが多い。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


共和党 アメリカ人 政治

関連する投稿





米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

注目の雑誌:老後計画ならこの雑誌『Where to Retire』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」と言えるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、老後計画を立てるための必読雑誌『Where to Retire』。引退後に住みやすい場所はどこか、どんな旅行がお勧めか、どんな投資をすべきかなど、リタイア生活を楽しむための情報が満載だ。






アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。