イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

引用元『‘Brave and selfless’ Oregon Stabbing Victims Hailed as Heroes for Standing up to Racist Rants 』:https://goo.gl/wBGshG


 オレゴン州ポートランドの電車の車中で、人種差別の標的にされていたイスラム教徒のティーンエイジャー女性2人を助けようと仲裁に入った3人の白人男性のうち二人が、逆上した犯人に殺害された。

 ジェラミー・ジョセフ・クリスティアン容疑者(35歳)は電車から降りたところを逮捕されたが、警察の調べによると同容疑者は白人至上主義者で、自身のフェイスブックにもその証拠がたくさん書き込まれていたという。同容疑者は車内で様々な内容のヘイトスピーチを捲し立て騒いでいたが、途中から車内に乗り合わせたイスラム教徒の若い女性たちに怒りを集中。その怒りを収束させ、車内の乗客全員の安全を確保しようと3人の男性が仲裁に入ったが、さらに逆上した同容疑者はナイフで何度も男性たちを刺し、4人の子供の父親である市職員男性(53歳)が即死、大学を卒業したばかりだった男性(23歳)は搬送先の病院で死亡した。もうひとりの男性(22歳)も刺されて病院に搬送されたが命に別状はなかった。

 ポートランド市長は被害者たちに対して「ヘイト被害にあっている知らない人のために自らを犠牲にして立ち向かい、勇気ある正しい行動を起こした彼らは、すべての人々の見本になるべき人物。我々のヒーローである」と亡くなった二人に対し追悼の意を述べた。全米でも特にリベラルな都市として知られるポートランドで起きた残虐な事件は、市民に大きな衝撃を与えている。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


イスラム教 白人至上主義




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。