日本人のインディー500優勝に「不愉快」ツイートで、有名新聞社の記者が即刻解雇!

日本人のインディー500優勝に「不愉快」ツイートで、有名新聞社の記者が即刻解雇!

元記事『Denver Sportswriter loses Job Over Tweet About Japanese Indy 500 Winner』:https://goo.gl/vlgTnW


 5月28日、世界三大レースのひとつ、「インディー500」で佐藤琢磨氏が日本人として名誉ある初優勝を飾った。しかし、歓喜する佐藤氏に対して、デンバー・ポスト紙のテリー・フレイ記者が「米国の戦没者追悼記念日に開催された大会で、日本人ドライバーが勝ったことは非常に不快」とTwitterに投稿。これに対して人種差別投稿だとする数千件もの怒りのコメントでネットが大炎上した。

 翌日、デンバー・ポスト紙は「当社の記者が書いた極めて無礼かつ容認不可能な内容のツイートについて深く謝罪いたします。テリー・フレイはもう当社の記者ではありません」と、三連休中にもかかわらず素早い対応を見せ、同記者を即刻解雇した。

 メディアで働く者としての立場をわきまえず、一国に対する個人的な負の感情を公的にツイートしたことで大々的に非難された同記者だが、自身が出した謝罪文の中で佐藤氏に謝りながらも、なお佐藤氏を第二次世界大戦下の日本兵の姿になぞり、自分がそのような馬鹿げた行為をしたのは佐藤氏が日本人だったからだと意味するような持論を展開。佐藤氏にはまったく関係ない見当はずれのこの言い分に、ネットはさらに炎上した。

 ちなみに同氏はコロラド州の恒例ベスト・スポーツライター賞を4度も受賞したベテラン記者である。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


メディア 差別 日本人




アクセスランキング


>>総合人気ランキング

企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。