空への夢の始まり②――アメリカ留学への決意

空への夢の始まり②――アメリカ留学への決意


 中日本航空の本社に女性パイロットを訪ねた後、家に戻ってすぐさま私は航空大学へ電話をかけた。

「もしもし、私、パイロットになりたいのですが」

 緊張して声が震えた。電話に出た係員の態度は、女性の私が「パイロットになりたい」と伝えた時点で、すでにぶっきらぼうだった。しかも女性パイロットから航空業界のトイレ事情を聞いてショックを受けていた私に、その係員はこう言ったのだ。

「ここには女性更衣室なんてないと思うよ」

 またもや、壁にぶち当たるような厳しい言葉が返ってきた。パイロットになる夢が、女子トイレや更衣室がないという予想外の理由で無残にも崩れていく……。私は「そうですか。ありがとうございました」と言って電話を切った。

 どうしたらパイロットになれるのか――しばらくはトイレと更衣室のことしか頭に浮かばなくなり、ついには「女性はパイロットにはなれない」という現実を受け入れようとするほど心は落ち込んでしまった。悩んだ末、私は父方の祖父に相談することにした。祖父はとても視野の広い人だったので、彼はすぐさま私にこう言った。「日本でパイロットになれないなら、アメリカに行ってこい! アメリカには女性パイロットがいっぱいいるぞ!」。

 なぜ、祖父がそんなことを知っていたのかは分からない。しかし、彼の言葉がウソではないことは分かった。当時アメリカには、すでに現役女性パイロットがたくさんいたのだ。アメリカの女性パイロットの歴史はすでに確立しており、航空会社のパイロット、ビジネスジェットのパイロット、教官など、さまざまな空の舞台で女性パイロットが活躍していた。

「アメリカ」――祖父の一言は、私を大きな希望へ繋げた。トイレや更衣室という問題は、場所を変えれば問題にならないことに気づけたのは、祖父のおかげだろう。

 しかし、それでもすべての問題が消えたわけではなかった。当時、私は英語が大の苦手だったのだ。パイロットは英語を使って管制塔とやりとりをするため、英語力は必須だ。新たな問題に気づいて怯む私に、祖父はさらにこう言った。「英語が苦手だと言い訳できるのは、心の底からパイロットになりたいと思っていない証だ。そんなものは克服しなさい。アメリカに行ってパイロットになって、自分の夢を現実にしてこい!」

 将来への選択肢に「アメリカ留学」という道があることは、それまで気づきもしなかったが、こうして私の人生は思わぬ方向へと進んだのだ。北海道大学を開設したことでも知られるクラーク博士の言葉に、あまりにも有名な「Boys be ambitious!(少年よ、大志を抱け)」があるが、私の場合は「Girls be ambitious!」。この言葉を何度も胸に言い聞かせて、私はアメリカ留学を決意した。しかし英語が大の苦手だった私を待ち構えていたアメリカ生活は、そう甘いものではなかった……。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


航空業界 女性 留学

関連する投稿


【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?


オペラ歌手の真冬の恋

オペラ歌手の真冬の恋

運命鑑定と開運アートで、ハリウッドセレブリティら、ビッグネームたちから愛される著者がこっそり伝える成功者たちの習慣とは?Sara Sayes(サラ・セイヤス)の『運命鑑定士がみたアメリカ人の幸福』。年の瀬になると著者の元には翌年の運勢鑑定が殺到するが、よい運気でも運が上がらない人もいるらしい。必ず開運するコツとは?


あれから1カ月、米大統領に中指を立てた女性に寄付殺到

あれから1カ月、米大統領に中指を立てた女性に寄付殺到

先月、米メディアを騒がせた一枚の写真がある。自転車を漕ぐヘルメット姿の中年女性が、黒塗りの米大統領車両に向かって左手の中指を立てた姿を捉えたものだが、その彼女の元に寄付が殺到しているという。


空への夢の始まり12――いよいよ空へ! 初めての体験操縦

空への夢の始まり12――いよいよ空へ! 初めての体験操縦

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』待ちに待った体験飛行。初めて本物の飛行機を操縦することに。そこで感じたのは喜びだったのか、恐怖だったのか?


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング