グーグル、個人メールの内容スキャンを止める見込み

グーグル、個人メールの内容スキャンを止める見込み

引用元『Google to stop scanning Gmail for creating targeted ads』:http://www.reuters.com/article/us-alphabet-gmail-idUSKBN19E2C7


“オタクとハイキングの日”シアトル市で公認化

“オタクとハイキングの日”シアトル市で公認化

引用元『Official ‘Hike with a Geek Day’ encourages tech and science workers to unplug and refresh outdoors』:https://goo.gl/LEbSui


『どれぐらい英語が出来ればいいんですか?』

『どれぐらい英語が出来ればいいんですか?』


グーグル社、広告はブロックしてもトラッキングは継続?

グーグル社、広告はブロックしてもトラッキングは継続?

引用元『Google Slammed For Blocking Ads While Allowing User Tracking』:http://fortune.com/2017/06/08/google-user-tracking/


注目の雑誌:自己啓発の情報満載『Success Magazine』

注目の雑誌:自己啓発の情報満載『Success Magazine』

アメリカでは「いかにもアメリカらしい」といえるような雑誌がたくさん出版されている。今回取り上げるのは、自己啓発好きにはたまらない情報が満載の『Success Magazine』。アメリカで高みを目指し、社会で成功したい人は必読の雑誌だ。


アップル社CEO、ソーシャルメディアの危険についてスピーチ

アップル社CEO、ソーシャルメディアの危険についてスピーチ

引用元『Apple CEO Cook Warns of Social Media Perils in University Speech』:https://goo.gl/B8Wb3Y


 Know your friends! その友達は「誰」なのか

Know your friends! その友達は「誰」なのか


フェイスブック社の性別カテゴリーで学ぶ、アメリカの性の多様性

フェイスブック社の性別カテゴリーで学ぶ、アメリカの性の多様性

アメリカでは性の多様性を認識し、行政や企業がマイノリティーに配慮した政策や対策を取ることが多い。今やトランスジェンダーも安心して利用できるユニセックス・トイレ(男女どちらでも使えるサインを掲示したトイレ)の設置は沿岸都市部の大都市では当たり前だ。しかし「性の多様性」はアメリカの実際はどれほどなのだろうか?


グーグル社は、あなたがいつどこに買い物に行くかを知っている

グーグル社は、あなたがいつどこに買い物に行くかを知っている

引用元『Google now knows when its users go to the store and buy stuff』 :https://goo.gl/YUNPwd


フェイスブックの節度ポリシー情報が漏洩

フェイスブックの節度ポリシー情報が漏洩

引用元『Leaks 'expose peculiar Facebook moderation policy'』:https://goo.gl/KCBFkh


フェイク・ニュース拡散防止を約束したフェイスブック、なかなか成果出ず

フェイク・ニュース拡散防止を約束したフェイスブック、なかなか成果出ず

引用元『Facebook promised to tackle fake news. But the evidence shows it's not working』:https://goo.gl/PQyIAK


「シリコンバレー」、なるほどトリビア

「シリコンバレー」、なるほどトリビア


自動操縦の大型貨物船は理想的か? 

自動操縦の大型貨物船は理想的か? 

引用元『Autonomous Ships Will Be Great』:https://goo.gl/Vp6oXj


シリコンバレーの給料は低い?

シリコンバレーの給料は低い?


人工知能の声が人間らしくなると信頼関係が強まる

人工知能の声が人間らしくなると信頼関係が強まる

引用元『The Surprising Repercussions of Making AI Assistants Sound Human』:https://goo.gl/SjhukZ


ベビーシッター文化が確立されたアメリカ――アンバーアラートが物語るもの

ベビーシッター文化が確立されたアメリカ――アンバーアラートが物語るもの

日本の場合、親の留守中に子供を預ける場所は託児所が一般的だろうが、アメリカではベビーシッター(子守)を雇って自宅で子供を監督させる方が一般的だ。大人の都合で子供をどこかに預けるのではなく、子供の都合に会う人を雇うわけだ。そうしなければならないアメリカ社会の理由や事情は、ちょっと深刻だ……。


3Dプリンターで作られた”皮膚”は超人制作につながる?

3Dプリンターで作られた”皮膚”は超人制作につながる?

引用元『3D-Printed ‘Skin’ Could Help Create Bionic Superhumans』: https://goo.gl/bqYbdr


フェイスブック社、”最低の仕事”に3,000人を新規採用

フェイスブック社、”最低の仕事”に3,000人を新規採用

引用元『Web's Worst Job? Facebook Hires 3,000 to Watch for Murders So You Don’t See Them』:https://goo.gl/BkTbOz


ミレニアル:経済の鍵を握る世代と彼らを顧客にしたい企業の実態

ミレニアル:経済の鍵を握る世代と彼らを顧客にしたい企業の実態

日本でも浸透しつつある言葉、「ミレニアル(Millennial)世代」。1980年代から2000年代前半に生まれた世代を指すが、アメリカのミレニアル世代の実像とは、どのようなものなのか?


車の所有は時代遅れ? 「カー・シェアリング」が都会の常識に

車の所有は時代遅れ? 「カー・シェアリング」が都会の常識に

アメリカ生活と車の所有は、かつてはセットだった。アメリカは広大で、限られた都市以外には鉄道や地下鉄網もないため、都市部から一歩外に出れば「何をするにも車が必要」なのは変わらない。しかし、35歳以下の若い世代においては、車の所有率が低下しているという。その背景にあるもの、それが「カー・シェアリング」の存在だ。


企画

保守派とリベラル派、2つの視点でニュースを読む。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング