宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

引用元『How Much Each Company Will Charge to Take You to Space』 :https://goo.gl/5pqCZ7


 民泊を世界中に広めた一大ベンチャー企業、Airbnb(エアービーアンドビー、本社サンフランシスコ)が、先月同社が創刊した新雑誌『Airbnmag』の誌上で、宇宙旅行を取り扱う5社の料金を比較した記事を掲載した。各社の旅行内容と料金は? ちなみに大気圏と宇宙のおおよその境界が地球から100kmを少し超える高さをいうため、5社のうち3社のプランはその境界線を超えたら、すぐに地球に戻るものだ。

1)ワールド・ビュー・エンタープライズ社(World View Enterprises、本社米国アリゾナ州 )

$75,000 (約835万円)

 ヘリウムガス風力発電装置を使用したスペース・カプセルで大気圏の端まで行く、4〜6時間の旅行。事前トレーニングは一切不要。

2)XCor エアロスペース社の未来宇宙飛行士プログラム(XCor Future Astronaut Program、本社米国テキサス州)

$150,000(約1,672 万円)

 ロケット・エンジンを搭載した二人乗りの XCor Lynx Mark II で地球から62マイル(約100km)離れた“宇宙”に飛び、6分間の無重力を経験するツアー。

3)ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic、本社米国ニューメキシコ州)

$250,000(約2,786万円)

 ヴアージン・グループ会長のリチャード・ブランソン氏が設立した宇宙旅行会社で、母艦となるスペースシップ White Knight Two から、スペースシップ Space Ship Twoを切り離し、地上から68マイル(約109km)の地点まで行って戻ってくるプラン。年500人の観光客を宇宙に送る予定。

4)スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures、本社米国バージニア州)

$50 million (約55億7千万円)

 すでに8人(うち1人は2度参加)の宇宙への旅行者が体験済みのツアー。フライト自体が2日かかり、地球から249マイル(約400km)離れた場所にある国際宇宙ステーションで1週間半を過ごせるプラン。

5)スペースX社(Space Exploration Technologies Co. 本社米国カリフォルニア州)

価格未公開

 月の表面すれすれを行く軌道を通る1週間の宇宙旅行で、すでに2名の旅行者が登録済み。この2名が宇宙の深部へ45年ぶりに行くことになる予定。同社の代表は、電気自動車テスラの代表で宇宙オタクといわれる実業家イーロン・マスク氏。

NASAに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

https://bizseeds.net/articles/694

ロケットに乗って宇宙に浮かぶホテルに泊まる?! 4年後の業務オープンを告知した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」のニュースが、宇宙開発もここまで来たかという驚きと、その宿泊費の高さで話題になっている。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


宇宙 旅行業界 NASA

関連する投稿


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


テックな水耕栽培で自宅に畑を!

テックな水耕栽培で自宅に畑を!

自宅で手軽に野菜の水耕栽培。それを可能にした技術も、もはや珍しいものではなくなってきたが、35万台の販売実績を誇るCLICK & GROW社の製品は、NASAの技術を応用したテック栽培で大きな支持を得ている。その技術の秘密とは?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング