宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

宇宙旅行の値段は? 5社の料金比較

引用元『How Much Each Company Will Charge to Take You to Space』 :https://goo.gl/5pqCZ7


 民泊を世界中に広めた一大ベンチャー企業、Airbnb(エアービーアンドビー、本社サンフランシスコ)が、先月同社が創刊した新雑誌『Airbnmag』の誌上で、宇宙旅行を取り扱う5社の料金を比較した記事を掲載した。各社の旅行内容と料金は? ちなみに大気圏と宇宙のおおよその境界が地球から100kmを少し超える高さをいうため、5社のうち3社のプランはその境界線を超えたら、すぐに地球に戻るものだ。

1)ワールド・ビュー・エンタープライズ社(World View Enterprises、本社米国アリゾナ州 )

$75,000 (約835万円)

 ヘリウムガス風力発電装置を使用したスペース・カプセルで大気圏の端まで行く、4〜6時間の旅行。事前トレーニングは一切不要。

2)XCor エアロスペース社の未来宇宙飛行士プログラム(XCor Future Astronaut Program、本社米国テキサス州)

$150,000(約1,672 万円)

 ロケット・エンジンを搭載した二人乗りの XCor Lynx Mark II で地球から62マイル(約100km)離れた“宇宙”に飛び、6分間の無重力を経験するツアー。

3)ヴァージン・ギャラクティック社(Virgin Galactic、本社米国ニューメキシコ州)

$250,000(約2,786万円)

 ヴアージン・グループ会長のリチャード・ブランソン氏が設立した宇宙旅行会社で、母艦となるスペースシップ White Knight Two から、スペースシップ Space Ship Twoを切り離し、地上から68マイル(約109km)の地点まで行って戻ってくるプラン。年500人の観光客を宇宙に送る予定。

4)スペース・アドベンチャーズ社(Space Adventures、本社米国バージニア州)

$50 million (約55億7千万円)

 すでに8人(うち1人は2度参加)の宇宙への旅行者が体験済みのツアー。フライト自体が2日かかり、地球から249マイル(約400km)離れた場所にある国際宇宙ステーションで1週間半を過ごせるプラン。

5)スペースX社(Space Exploration Technologies Co. 本社米国カリフォルニア州)

価格未公開

 月の表面すれすれを行く軌道を通る1週間の宇宙旅行で、すでに2名の旅行者が登録済み。この2名が宇宙の深部へ45年ぶりに行くことになる予定。同社の代表は、電気自動車テスラの代表で宇宙オタクといわれる実業家イーロン・マスク氏。

米メディアが絶賛 銃に厳しい日本は完璧に近い国

https://bizseeds.net/articles/453

 アメリカの銃規制問題は複雑だ。銃を支持する派と反対派が一歩も引かぬまま、米国内の銃犯罪数は年々増え続けている。そして犯罪数の増加に比例するように、銃所持を支持派と反対派の声がさらに高まり、両者の歩み寄りはまったく見られない。

NASAに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


宇宙 旅行業界 NASA




最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング