それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


独自のハウジング・ツアーとは?

 旦那の勤務先のリロケーション(配置転換)により、まもなく他州に引っ越すことが決まった。今はアーカンソー州に住みながら、建築士と遠隔でやり取りして新居を建てている最中だ。

 建築中の新居の向かいに偶然にも友人家族が住んでいるため、何か進捗があるごとに連絡をくれるのだが、先日届いた連絡には度肝を抜かれた。

 なんと、全く知らない家族が我が家の中に入って見学をしていたそうだ。

 日本でも建築中の家や完成した家の内部を担当者と一緒に見学することはあるようだが、この家族は、日曜の午後の教会帰りにふらっと建設中の我が家に訪れて、勝手に内部を見ていたというのである。もちろん、向かいに住む友人が「その家はもう所有者がいる家だ」と伝えたそうだが、アポなしで勝手に他人が建設中の家に上がり込んで見学するなんてことをしていいと思っているのだろうか?

 新しく引っ越す先は、これまた南部の州なのだが、その街は特に新築の需要が高く、市場に出たら早く手をつけないと売れてしまうそうだ。そのため、住みたい地域に建築中の家を見つけると、使っている資材や技巧、間取りなどを確認するために市場に売り出される前に、我先にと独自で「ハウジング・ツアー」をする人が多いらしい。

鍵が掛かる前ならば入ってもいいのか?

 日本人の感覚からすると、建築中の家に勝手に入るなんて危険だし、それこそ不法侵入として捕まるのではないかと思ってしまうが、アーカンソー州で建築士をしている友人によると、建築中の家で「ドアやガレージ(車庫)に鍵がかかる前」であれば、勝手に入って見学することは昔からよくあることなのだそうだ。

 しかし、こうした問題を防ぐ対策を講じている地域もある。米南部でハウジング・ブームが起きている地域といえば、昨年フォーブス誌が発表した「全米で急成長する都市トップ3」に入ったテキサス州ダラス市がまず頭に浮かぶ。そのダラス市では、こういう新興住宅地の大区画にはセキュリティー車が配置され、こういうことがないように見張っているという。

 アメリカでは州によっては、マリファナが嗜好品として認可されている州があったり、ホームレス問題が深刻な州や地域もあり、そういう地域では建築中の家に鍵を掛けた後でも、窓から家に侵入して、若者たちが隠れてパーティーや違法行為をしたり、ホームレスが勝手に住み着いてしまうこともあるという。そういう話を聞くと、今回の我が家で起きた「勝手な見学会」くらいは、まだ良い方なのかも知れない。

 しかし、やはり知らない人に勝手に家に入られるのは気持ちが良いものではない。向かいに住む友人には、教会帰りのハウジング・ツアーをされないように日曜の午後は特にしっかり見張って欲しいとお願いした。ドアに鍵が付く日が来るのが今から待ち遠しい。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング