それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


独自のハウジング・ツアーとは?

 旦那の勤務先のリロケーション(配置転換)により、まもなく他州に引っ越すことが決まった。今はアーカンソー州に住みながら、建築士と遠隔でやり取りして新居を建てている最中だ。

 建築中の新居の向かいに偶然にも友人家族が住んでいるため、何か進捗があるごとに連絡をくれるのだが、先日届いた連絡には度肝を抜かれた。

 なんと、全く知らない家族が我が家の中に入って見学をしていたそうだ。

 日本でも建築中の家や完成した家の内部を担当者と一緒に見学することはあるようだが、この家族は、日曜の午後の教会帰りにふらっと建設中の我が家に訪れて、勝手に内部を見ていたというのである。もちろん、向かいに住む友人が「その家はもう所有者がいる家だ」と伝えたそうだが、アポなしで勝手に他人が建設中の家に上がり込んで見学するなんてことをしていいと思っているのだろうか?

 新しく引っ越す先は、これまた南部の州なのだが、その街は特に新築の需要が高く、市場に出たら早く手をつけないと売れてしまうそうだ。そのため、住みたい地域に建築中の家を見つけると、使っている資材や技巧、間取りなどを確認するために市場に売り出される前に、我先にと独自で「ハウジング・ツアー」をする人が多いらしい。

鍵が掛かる前ならば入ってもいいのか?

 日本人の感覚からすると、建築中の家に勝手に入るなんて危険だし、それこそ不法侵入として捕まるのではないかと思ってしまうが、アーカンソー州で建築士をしている友人によると、建築中の家で「ドアやガレージ(車庫)に鍵がかかる前」であれば、勝手に入って見学することは昔からよくあることなのだそうだ。

 しかし、こうした問題を防ぐ対策を講じている地域もある。米南部でハウジング・ブームが起きている地域といえば、昨年フォーブス誌が発表した「全米で急成長する都市トップ3」に入ったテキサス州ダラス市がまず頭に浮かぶ。そのダラス市では、こういう新興住宅地の大区画にはセキュリティー車が配置され、こういうことがないように見張っているという。

 アメリカでは州によっては、マリファナが嗜好品として認可されている州があったり、ホームレス問題が深刻な州や地域もあり、そういう地域では建築中の家に鍵を掛けた後でも、窓から家に侵入して、若者たちが隠れてパーティーや違法行為をしたり、ホームレスが勝手に住み着いてしまうこともあるという。そういう話を聞くと、今回の我が家で起きた「勝手な見学会」くらいは、まだ良い方なのかも知れない。

 しかし、やはり知らない人に勝手に家に入られるのは気持ちが良いものではない。向かいに住む友人には、教会帰りのハウジング・ツアーをされないように日曜の午後は特にしっかり見張って欲しいとお願いした。ドアに鍵が付く日が来るのが今から待ち遠しい。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング