寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


横たわるだけで200万円以上の報酬!

 アメリカ航空宇宙局NASAが「寝転がってくれる人」を集めて、実験をしていることが話題になっている。これはNASA主導の下、ドイツの航空宇宙局とヨーロッパ宇宙局との共同研究の一環で行っている実験で、「ベッドレスト・スタディ」、つまり「ベッドで休む研究」と呼ばれるものだ。

 被験者に課せられる仕事は、最低60日間、最長で70日間「寝て過ごす」ことだけ。宇宙飛行士たちが経験する無重力状態に関する実験で、「体が無重力下でどのように変化するか」を調べる目的で行われている。実験はNASAの内部組織「:envihab」が主導で行っているが、実験場所はドイツで、被験者は頭が6度下がった状態のベッドにずっと横たわって過ごさねばならないという。

 今回集められた人たちによる実験は、3月26日より開始されている。応募条件は22歳から55歳までのドイツ語ができる非喫煙者で、募集人数は男性12人、女性12人の合計24名だ。報酬は19,000ドル。日本円にすると200万円を優に超える額になるので、かなりの高額バイトだ。

簡単そうな実験だが、実際に参加してみると……?

 ただし、ずっと横たわっているというのは、かなり辛いことらしい。シャワーを浴びるのも、食べ物を食べるのも、洋服を着替えるのも寝た姿勢のまま行うのだ。しかも、被験者たちが寝ている状況に飽きるのは思いのほか早いらしい。ベッドは上半身に体液が多く溜まるように設計されているために、かなり不快にもなるそうで、その上、全ての生活を監視されるのでプライバシーは全く守れない。しかも、この実験は2ケ月間にわたって寝たきりの状態で骨密度や筋肉がどう減少するかを調べる目的もあるので、健康に良い実験だとは言えなさそうだ。

 横になっている間に語学を習得したり、オンライン・コースを受講して何かを学んだりすることを勧められるというが、実際に寝転がっている2ケ月間に何かを習得できる人は、かなり少ないらしい。これは興味深い情報かもしれない。

 NASAは2017年に同様の実験を行っており、その実験の結果解析は今もなお作業中だという。その実験の際にはアルバイトで募集した11人が30日間ベッドの上で過ごす実験に参加した。今回は募集人数も期間も前回の倍だ。同様の実験は今後もありそうだが、簡単なようで実はかなりキツそうな実験に、機会があったら、あなたも参加したいと思うだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


テックな水耕栽培で自宅に畑を!

テックな水耕栽培で自宅に畑を!

自宅で手軽に野菜の水耕栽培。それを可能にした技術も、もはや珍しいものではなくなってきたが、35万台の販売実績を誇るCLICK & GROW社の製品は、NASAの技術を応用したテック栽培で大きな支持を得ている。その技術の秘密とは?


世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

ロケットに乗って宇宙に浮かぶホテルに泊まる?! 4年後の業務オープンを告知した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」のニュースが、宇宙開発もここまで来たかという驚きと、その宿泊費の高さで話題になっている。


1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。








最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング