寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


横たわるだけで200万円以上の報酬!

 アメリカ航空宇宙局NASAが「寝転がってくれる人」を集めて、実験をしていることが話題になっている。これはNASA主導の下、ドイツの航空宇宙局とヨーロッパ宇宙局との共同研究の一環で行っている実験で、「ベッドレスト・スタディ」、つまり「ベッドで休む研究」と呼ばれるものだ。

 被験者に課せられる仕事は、最低60日間、最長で70日間「寝て過ごす」ことだけ。宇宙飛行士たちが経験する無重力状態に関する実験で、「体が無重力下でどのように変化するか」を調べる目的で行われている。実験はNASAの内部組織「:envihab」が主導で行っているが、実験場所はドイツで、被験者は頭が6度下がった状態のベッドにずっと横たわって過ごさねばならないという。

 今回集められた人たちによる実験は、3月26日より開始されている。応募条件は22歳から55歳までのドイツ語ができる非喫煙者で、募集人数は男性12人、女性12人の合計24名だ。報酬は19,000ドル。日本円にすると200万円を優に超える額になるので、かなりの高額バイトだ。

簡単そうな実験だが、実際に参加してみると……?

 ただし、ずっと横たわっているというのは、かなり辛いことらしい。シャワーを浴びるのも、食べ物を食べるのも、洋服を着替えるのも寝た姿勢のまま行うのだ。しかも、被験者たちが寝ている状況に飽きるのは思いのほか早いらしい。ベッドは上半身に体液が多く溜まるように設計されているために、かなり不快にもなるそうで、その上、全ての生活を監視されるのでプライバシーは全く守れない。しかも、この実験は2ケ月間にわたって寝たきりの状態で骨密度や筋肉がどう減少するかを調べる目的もあるので、健康に良い実験だとは言えなさそうだ。

 横になっている間に語学を習得したり、オンライン・コースを受講して何かを学んだりすることを勧められるというが、実際に寝転がっている2ケ月間に何かを習得できる人は、かなり少ないらしい。これは興味深い情報かもしれない。

 NASAは2017年に同様の実験を行っており、その実験の結果解析は今もなお作業中だという。その実験の際にはアルバイトで募集した11人が30日間ベッドの上で過ごす実験に参加した。今回は募集人数も期間も前回の倍だ。同様の実験は今後もありそうだが、簡単なようで実はかなりキツそうな実験に、機会があったら、あなたも参加したいと思うだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


テックな水耕栽培で自宅に畑を!

テックな水耕栽培で自宅に畑を!

自宅で手軽に野菜の水耕栽培。それを可能にした技術も、もはや珍しいものではなくなってきたが、35万台の販売実績を誇るCLICK & GROW社の製品は、NASAの技術を応用したテック栽培で大きな支持を得ている。その技術の秘密とは?


世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

世界初! 豪華な宇宙ホテルが予約、受付を開始

ロケットに乗って宇宙に浮かぶホテルに泊まる?! 4年後の業務オープンを告知した宇宙ステーション型ホテル「Aurora Station」のニュースが、宇宙開発もここまで来たかという驚きと、その宿泊費の高さで話題になっている。


1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。







最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング