寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


横たわるだけで200万円以上の報酬!

 アメリカ航空宇宙局NASAが「寝転がってくれる人」を集めて、実験をしていることが話題になっている。これはNASA主導の下、ドイツの航空宇宙局とヨーロッパ宇宙局との共同研究の一環で行っている実験で、「ベッドレスト・スタディ」、つまり「ベッドで休む研究」と呼ばれるものだ。

 被験者に課せられる仕事は、最低60日間、最長で70日間「寝て過ごす」ことだけ。宇宙飛行士たちが経験する無重力状態に関する実験で、「体が無重力下でどのように変化するか」を調べる目的で行われている。実験はNASAの内部組織「:envihab」が主導で行っているが、実験場所はドイツで、被験者は頭が6度下がった状態のベッドにずっと横たわって過ごさねばならないという。

 今回集められた人たちによる実験は、3月26日より開始されている。応募条件は22歳から55歳までのドイツ語ができる非喫煙者で、募集人数は男性12人、女性12人の合計24名だ。報酬は19,000ドル。日本円にすると200万円を優に超える額になるので、かなりの高額バイトだ。

簡単そうな実験だが、実際に参加してみると……?

 ただし、ずっと横たわっているというのは、かなり辛いことらしい。シャワーを浴びるのも、食べ物を食べるのも、洋服を着替えるのも寝た姿勢のまま行うのだ。しかも、被験者たちが寝ている状況に飽きるのは思いのほか早いらしい。ベッドは上半身に体液が多く溜まるように設計されているために、かなり不快にもなるそうで、その上、全ての生活を監視されるのでプライバシーは全く守れない。しかも、この実験は2ケ月間にわたって寝たきりの状態で骨密度や筋肉がどう減少するかを調べる目的もあるので、健康に良い実験だとは言えなさそうだ。

 横になっている間に語学を習得したり、オンライン・コースを受講して何かを学んだりすることを勧められるというが、実際に寝転がっている2ケ月間に何かを習得できる人は、かなり少ないらしい。これは興味深い情報かもしれない。

 NASAは2017年に同様の実験を行っており、その実験の結果解析は今もなお作業中だという。その実験の際にはアルバイトで募集した11人が30日間ベッドの上で過ごす実験に参加した。今回は募集人数も期間も前回の倍だ。同様の実験は今後もありそうだが、簡単なようで実はかなりキツそうな実験に、機会があったら、あなたも参加したいと思うだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

いよいよ「90分の宇宙飛行」の開始を来年に予定するヴァージン・ギャラクティック社が、スポーツウェア・ブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と提携して開発した宇宙服を発表した。その画期的なデザインとは?


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


テックな水耕栽培で自宅に畑を!

テックな水耕栽培で自宅に畑を!

自宅で手軽に野菜の水耕栽培。それを可能にした技術も、もはや珍しいものではなくなってきたが、35万台の販売実績を誇るCLICK & GROW社の製品は、NASAの技術を応用したテック栽培で大きな支持を得ている。その技術の秘密とは?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング