ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


ベーグルを縦に切るなんてありえない

 19世紀末にユダヤ系ポーランド人移民によってアメリカに入り、ユダヤ系移民が多かったニューヨークで定着したベーグル。麦芽と塩を使って作った生地を発酵させ、それを茹でた後にオーブンを使って焼くため、どっしりとした食感が楽しめる。プレーン味はもちろん、ゴマやブルーベリーなど味のバリエーションも豊富で、一般的には原材料にバターや牛乳、卵を使用しないため、乳製品への食規制がある人たちが食べられることも人気のひとつだ。

 そんなベーグルは通常、リング形を真上から見るように起き、その右または左端の上下の真ん中にあたる部分にナイフを当てて水平線状に切り、切った2枚をトースターに入れて焼いてバターやクリームチーズなどをつけて食べるのが、ニューヨーク流だ。

 しかし、ミズーリ州出身の男性が先月末「僕は今日、同僚たちにセントルイス風で切ったベーグルを紹介したら大人気だった」と、オフィスのケータリングで用意した1ダースものベーグルの写真をツイートしたところ、SNSで炎上が起きてしまった。「なんだ、そのベーグルの切り方は?」、「ありえない!」など、いまだに騒ぎは収まりをみせない。セントルイス風だと紹介されたベーグルが、塊のパンをトースト用に切る時と同じように「縦」に切られていたからだ。そのベーグルの写真が掲載された問題のツイートはこちら。

「警察を呼ばなきゃ」とまで言う、ニューヨーカーのベーグル愛

 このツイートが出た途端、「今すぐ警察を呼ばなきゃ」、「一体どうしたら、ベーグルに対してこんな仕打ちができるんだ?」などというツイートがSNSに溢れ返った。ニューヨークの上院議員までが縦切りに反対するコメントを出したり、ニューヨーク市警が「これは犯罪だ」とツイートしたこと等も手伝い、一気に盛り上がった。中には「反ユダヤ主義だ」という冗談では済まされないようなコメントもあった。ほとんどは「ニューヨークで生まれ育った生粋のニューヨーカーだが、これ(縦切りベーグル)は私の魂を傷つけた」とか、「ショックで眠れない」というように、ウィットの効いた冗談的なコメントが多く、そのコメントを読むのが面白いという現象に発展した。

 忙しいオフィスでのホッとするようなひとコマを呑気にツイートしただけで、ここまで大勢のニューヨーカーに一刀両断されてしまった男性も気の毒だが、このベーグル騒ぎを商機にしようとした企業もある。騒ぎの元になった男性が、「ベーグルは縦切りにすると、クリームチーズなどを塗る面積が大きくなってよい」と明るくコメントしていたことに便乗してか、大手クリームチーズ・メーカーのPhiladelphiaがニューヨークではなく、セントルイスの味方についたツイートを出した。

PHILADELPHIA on Twitter

https://twitter.com/LoveMyPhilly/status/1112767413823725569?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1112767413823725569&ref_url=https%3A%2F%2Fkmox.radio.com%2Farticles%2Fphiladelphia-cream-cheese-joins-team-st-louis-bagel-slicing

“We don't just stand with St. Louis, we slice with St. Louis! Today, we're launching our latest schmear, #StLouisStyle. One brick. Ten slices. Yeah, we’re going there. Find us in the dairy aisle. #Bagelgate #ItMustBeThePhilly”

 現状、最初のツイートから既に2週間以上が経ったが、今でもベーグルの切り方について新しい記事が出る。アメリカ人がこれほどベーグル好きだったとは知らなかったというシンプルな感想を持つ人も多いに違いない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年最も稼いだユーチューバーの世界ランキングが発表された。1位はアメリカの8歳児で年収は2,600万ドル(約28億円)! ランキングの3位はロシアの5歳児で1,800万ドル(約20億円)だった。子供たちが稼いだ金額の高さに多くのため息がもれている。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング