ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


ベーグルを縦に切るなんてありえない

 19世紀末にユダヤ系ポーランド人移民によってアメリカに入り、ユダヤ系移民が多かったニューヨークで定着したベーグル。麦芽と塩を使って作った生地を発酵させ、それを茹でた後にオーブンを使って焼くため、どっしりとした食感が楽しめる。プレーン味はもちろん、ゴマやブルーベリーなど味のバリエーションも豊富で、一般的には原材料にバターや牛乳、卵を使用しないため、乳製品への食規制がある人たちが食べられることも人気のひとつだ。

 そんなベーグルは通常、リング形を真上から見るように起き、その右または左端の上下の真ん中にあたる部分にナイフを当てて水平線状に切り、切った2枚をトースターに入れて焼いてバターやクリームチーズなどをつけて食べるのが、ニューヨーク流だ。

 しかし、ミズーリ州出身の男性が先月末「僕は今日、同僚たちにセントルイス風で切ったベーグルを紹介したら大人気だった」と、オフィスのケータリングで用意した1ダースものベーグルの写真をツイートしたところ、SNSで炎上が起きてしまった。「なんだ、そのベーグルの切り方は?」、「ありえない!」など、いまだに騒ぎは収まりをみせない。セントルイス風だと紹介されたベーグルが、塊のパンをトースト用に切る時と同じように「縦」に切られていたからだ。そのベーグルの写真が掲載された問題のツイートはこちら。

「警察を呼ばなきゃ」とまで言う、ニューヨーカーのベーグル愛

 このツイートが出た途端、「今すぐ警察を呼ばなきゃ」、「一体どうしたら、ベーグルに対してこんな仕打ちができるんだ?」などというツイートがSNSに溢れ返った。ニューヨークの上院議員までが縦切りに反対するコメントを出したり、ニューヨーク市警が「これは犯罪だ」とツイートしたこと等も手伝い、一気に盛り上がった。中には「反ユダヤ主義だ」という冗談では済まされないようなコメントもあった。ほとんどは「ニューヨークで生まれ育った生粋のニューヨーカーだが、これ(縦切りベーグル)は私の魂を傷つけた」とか、「ショックで眠れない」というように、ウィットの効いた冗談的なコメントが多く、そのコメントを読むのが面白いという現象に発展した。

 忙しいオフィスでのホッとするようなひとコマを呑気にツイートしただけで、ここまで大勢のニューヨーカーに一刀両断されてしまった男性も気の毒だが、このベーグル騒ぎを商機にしようとした企業もある。騒ぎの元になった男性が、「ベーグルは縦切りにすると、クリームチーズなどを塗る面積が大きくなってよい」と明るくコメントしていたことに便乗してか、大手クリームチーズ・メーカーのPhiladelphiaがニューヨークではなく、セントルイスの味方についたツイートを出した。

PHILADELPHIA on Twitter

https://twitter.com/LoveMyPhilly/status/1112767413823725569?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1112767413823725569&ref_url=https%3A%2F%2Fkmox.radio.com%2Farticles%2Fphiladelphia-cream-cheese-joins-team-st-louis-bagel-slicing

“We don't just stand with St. Louis, we slice with St. Louis! Today, we're launching our latest schmear, #StLouisStyle. One brick. Ten slices. Yeah, we’re going there. Find us in the dairy aisle. #Bagelgate #ItMustBeThePhilly”

 現状、最初のツイートから既に2週間以上が経ったが、今でもベーグルの切り方について新しい記事が出る。アメリカ人がこれほどベーグル好きだったとは知らなかったというシンプルな感想を持つ人も多いに違いない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


ニューヨーカーが恋する「アワ・シュワ」カクテル

ニューヨーカーが恋する「アワ・シュワ」カクテル

トレンドに敏感で、味には厳しいニューヨーカーたち。そんな彼らの間で話題になった不思議な形状で楽しめるカクテルがある。パーティーを盛り上げること間違いなしのカクテルを紹介しよう。


知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は多様なアメリカで広がり始めた、新しいタイプの結婚式をご紹介。


アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカの大都市では不動産が年々高騰し、ニューヨークやサンフランシスコのような大都市では一軒家の家賃は驚くほど高額になった。とはいえ、50州ある広大なアメリカでは各州の物価が大幅に異なるため、「こんな金額の家賃を払えるのか?」と驚愕する州もあれば、「これなら払えそう」というような州もある。各州の平均家賃の現状とは?






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング