アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

当サイトでも「どうやら今年のアメリカのトレンドはピクルスらしい」とお伝えしてきたが、それを裏付けるような面白いサンドイッチが登場した。パンの代わりのピクルスに具を挟んだサンドイッチだ。これまでは添え物にすぎなかったピクルスが、最近やけに存在感を増している。


ピクルスのサンドイッチ専門店とは?

 今年のアメリカのトレンドのひとつは、ピクルスらしい。当サイトでもこれまでにピクルス・リップクリームや、ピクルス・アイスクリームの記事を紹介してきたが、ここに来てSNSを賑わせているのが、ピクルスのサンドイッチだ。それだけ聞くと、サンドイッチの“中身”が何か特別なピクルスかと思うかもしれないが、中身ではなく外側、つまりパンの代わりがピクルスなのだ。

 ご覧の通り、ハムやチーズ、バター、マヨネーズなど一般的なサンドイッチの具やトッピングを、縦半分に切った大きなピクルスで挟んでいる。値段は具によって異なり、サラミなら1個$8.50~(約870円)、ローストビーフは1個$9.50~(約970円)。これを考案、販売しているのはニュージャージー州にあるElsie’sというサンドイッチ屋だ。

 縦に薄く切ったピクルスで具をクルクルと巻き、それを6等分に切った「ロールアップス」も各種揃い、値段は$9.00〜(約920円)。これは薄いトルティーヤの皮で巻いたラップ・サンドイッチや、欧米風の巻き寿司のような見た目で、巻きものはピクルスか、きゅうりを選べるのも面白い。

炭水化物抜きの健康ブームに乗って

 最近のアメリカでは、炭水化物を抜く人が増えたため、ハンバーガー専門店でも続々と「バンズなし」のバンズレス・ハンバーガーをメニューに加え始めている。西海岸を中心に全米展開している人気のハンバーガー・チェーン「In-N-Out」では、すでに数年前からバンズの代わりにレタスでパテを挟んだ「Protein Style」というハンバーガーを出しており、カジュアルなレストランなどでも、バンズ抜きバーガーがメニューに載っている店が増えてきた。

 重ねたレタスで肉やハムを挟むよりも、ピクルスで挟んだ方が食べ応えがあるとか、ピクルスは酢漬けだからヘルシーだとか、さまざまな意見がSNSで飛び交っているが、どんな理由が支持されるにせよ、今後アメリカの飲食店ではバンズ抜き(炭水化物抜き)メニューを用意するところが増えていきそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


テックなガジェットで糖尿病を改善

テックなガジェットで糖尿病を改善

人口の推定7.2%が糖尿病を患っているといわれるアメリカで、自宅で簡単に血糖値をチェックできるガジェットが販売され、注目を集めている。開発会社のビジネス・スローガンは「日々のチェックで、アメリカの糖尿病人口を減らそう!」というものだ。さて、その商品とは?


ピクルス味のリップクリームはいかが?

ピクルス味のリップクリームはいかが?

唇の乾燥を防ぐリップクリーム。薬用効果が強いものや唇に色が着くものなど種類はいろいろあるが、そのフレーバーもバラエティーに富んでいる。アメリカで一般的なフレーバーといえば、チェリーやストロベリーなどのベリー系、バニラなど甘めのフレーバーが多い。そんな市場に変わり種のリップクリームが登場し、ちょっとした話題になっている。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング