米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


アメリカ人女性に最も人気の整形手術なのに?!

 胸を豊かにする施術を受けたい理由やその方法は様々だが、アメリカでは1年間で約40万人もの女性が豊胸手術を受けている。その40万人の中には、乳がん摘出手術後に健康保険を適用して胸を整形する人たちも含まれる。

 しかし先月末に急遽、米食品医薬品局(FDA)が、「豊胸のために人工乳房の埋め込み手術を受けた患者は、未分化大細胞リンパ腫(ALCL)という珍しい癌にかかる割合が高くなる」ということを警鐘する公聴会を開催した。FDAはこの問題を2010年から注視しており、2017年には正式に胸に埋め込むシリコンバッグと癌との関連を認めている。

 この「未分化大細胞リンパ腫(ALCL)」という癌の原因と考えられているのがシリコンバッグで、特にその表面がザラザラしたバッグが問題視されているという。先月の時点で、人工乳房が関係していると確認された癌は457件で、新たに250件の報告を受けており、死亡者は9名。とはいえ年間40万人もの女性が豊胸施術を受けている数字を考慮すると、この癌は稀な病状だといえる。

インフルエンサーの告白に続き、「私も体調悪い」が続出

 この公聴会に参加した整形外科医の女医のひとりは、「自分も豊胸手術をしているが、何も問題はおこっていないし、満足している患者は沢山いる」と主張している。

 しかし、実際に癌を患った場合、体調不良などから発覚することが多く、まずは内科へ行く。その内科から専門医に紹介されたり、乳がん検診によって癌が見つかることが多く、豊胸手術を担当した整形外科医がそれを知ることはまずない。癌になった患者も、まさかシリコンバッグの埋め込み手術(豊胸手術)が関係しているとは思わないため、FDAは整形外科以外の各医療部門の医師にもこの注意を促している。

 インスタグラムのインフルエンサーのひとり、ナタリー・コルターさんも、自身が豊胸手術を受けてから体調不良が続き、シリコンバッグを取り除く手術を受けたと告白した。それを受けて「実は自分も体調が悪い」、「あなたと同じ状況だった」などと彼女の声に同調する人たちの声も集まっている。たとえ貧乳がコンプレックスだとしても、シリコンバッグの埋め込みには発ガンの可能性があるかも知れないことを考慮した方がよさそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

当サイトでも「どうやら今年のアメリカのトレンドはピクルスらしい」とお伝えしてきたが、それを裏付けるような面白いサンドイッチが登場した。パンの代わりのピクルスに具を挟んだサンドイッチだ。これまでは添え物にすぎなかったピクルスが、最近やけに存在感を増している。


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


テックなガジェットで糖尿病を改善

テックなガジェットで糖尿病を改善

人口の推定7.2%が糖尿病を患っているといわれるアメリカで、自宅で簡単に血糖値をチェックできるガジェットが販売され、注目を集めている。開発会社のビジネス・スローガンは「日々のチェックで、アメリカの糖尿病人口を減らそう!」というものだ。さて、その商品とは?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング