アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


広大なアメリカだからこそ 「ミール・キット」の宅配

 アメリカに日本の「ラーメン」が紹介されて久しいが、ここ数年の急激な市場成長は目覚ましく、今では全米で推定1,600店舗ものラーメン店があるといわれている。

 そんなラーメン・ブームともいえるアメリカで、「本格的なラーメンが自宅で楽しめる」という画期的なミール・キット(食材セット)の宅配を行うのが、サンフランシスコを拠点にする「Ramen Hero」だ。

 豚骨、味噌、醤油味の定番スープのほか、スパイシー系やアメリカでは欠かせないヴィーガン仕様のスープなど、異なる味のラーメンが10種類ほど揃う。オンライン上で好きな商品を選んでクリックすると、自宅に麺、スープ、具材が同梱された冷凍のラーメン食材セットが届く。料金は1食$15〜$17.5(約1,500円〜1,800円)。日本の感覚では値段が高いと感じるかも知れないが、アメリカでラーメンを食べに行くには車で出かけて有料駐車場に停め、並んで入店して店員にチップ15%〜を支払うのが一般的。これを考慮すると、この値段を高いと思わないラーメン好きは多いだろう。自宅で簡単に本格的なラーメンを作ることができるとわかる映像はこちら。

ラーメンは、次の寿司とピザになる!

 この斬新なビジネスを考案したのは、若干30歳の日本人起業家、長谷川浩之さんだ。今回、ビズシーズ編集部の取材を快く受けて頂いた。

 日本生まれで日本育ちの長谷川さんが「アメリカで大きな事業を作ってみたい」という思いを抱いて、初めて渡米したのは2014年。渡米前にオンライン英会話を集中して1ヶ月ほど勉強したものの、渡米当時はほとんど英語が話せなかったそうだ。

 しかし、ゲームを楽しむ感覚で英語に挑戦しながら、シリコンバレー周辺の投資家や起業家たちと精力的に会ってコネクションを広げ、様々な起業のアイデアを考えた。試行錯誤が続いたアメリカ生活の中で、ふと行列ができるラーメン屋の列を見て、「行列ができる店とそうでない店があるということは、アメリカ人もクオリティーの違いを明確に感じている」ということに気づいたそうだ。「ラーメン市場が伸び続けているのに美味しい店は少ない。そのギャップに大きなチャンスを感じた」と語ってくれた。

 アメリカにおける事業は、アメリカで暮らす人々に受け入れられなければ成り立たない。そのためアメリカ人に好かれる味のテストを繰り返して調整し、完成度を高めてから、2018年1月にカリフォルニア州でミールキット宅配ビジネスを開始した。

 そして長谷川さんが同事業を全米展開へ成長させるために次に選んだのは、起業支援や出資を行うアクセラレーター、「AngelPad」への応募だった。極めて狭き門だが、「ラーメンが次の寿司やピザになる」と市場の成長性を確信している「AngelPad」と「Ramen Hero」のビジネス・アイデアは見事にマッチし、長谷川さんは同プログラムを卒業した初の日本人起業家となった。

 現在の「Ramen Hero」の配送先はカリフォルニア州を中心とする一部の西海岸都市のみだが、近く全米発送を開始する準備を進めているという。すでにサブスクリプション(定期購入)型プランも開始し、将来的には全米のレストラン向けに提供するBtoB事業の構想も描いているそうだ。アメリカのラーメン業界に新風を吹き込む若き日本人起業家のさらなる活躍に期待したい。

この記事の寄稿者

関連する投稿


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。


アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。アメリカにおける日本のラーメン・ブームが騒がれて久しいが、それは都会での話。南部では、まだまだ不思議なラーメンが幅を利かしている。


『どれぐらい英語が出来ればいいんですか?』

『どれぐらい英語が出来ればいいんですか?』

竜盛博の「下から見たソフトウエア業界」 ソフトウエア開発の最前線で働くと、どういう風景が見えるのか。業界のトレンド、当地で話題のニュースから職場の半径10km以内で繰り広げられる同僚とのやりとりまで、日本からは見えにくい風景を切り取って現地からレポートする。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング