アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


広大なアメリカだからこそ 「ミール・キット」の宅配

 アメリカに日本の「ラーメン」が紹介されて久しいが、ここ数年の急激な市場成長は目覚ましく、今では全米で推定1,600店舗ものラーメン店があるといわれている。

 そんなラーメン・ブームともいえるアメリカで、「本格的なラーメンが自宅で楽しめる」という画期的なミール・キット(食材セット)の宅配を行うのが、サンフランシスコを拠点にする「Ramen Hero」だ。

 豚骨、味噌、醤油味の定番スープのほか、スパイシー系やアメリカでは欠かせないヴィーガン仕様のスープなど、異なる味のラーメンが10種類ほど揃う。オンライン上で好きな商品を選んでクリックすると、自宅に麺、スープ、具材が同梱された冷凍のラーメン食材セットが届く。料金は1食$15〜$17.5(約1,500円〜1,800円)。日本の感覚では値段が高いと感じるかも知れないが、アメリカでラーメンを食べに行くには車で出かけて有料駐車場に停め、並んで入店して店員にチップ15%〜を支払うのが一般的。これを考慮すると、この値段を高いと思わないラーメン好きは多いだろう。自宅で簡単に本格的なラーメンを作ることができるとわかる映像はこちら。

ラーメンは、次の寿司とピザになる!

 この斬新なビジネスを考案したのは、若干30歳の日本人起業家、長谷川浩之さんだ。今回、ビズシーズ編集部の取材を快く受けて頂いた。

 日本生まれで日本育ちの長谷川さんが「アメリカで大きな事業を作ってみたい」という思いを抱いて、初めて渡米したのは2014年。渡米前にオンライン英会話を集中して1ヶ月ほど勉強したものの、渡米当時はほとんど英語が話せなかったそうだ。

 しかし、ゲームを楽しむ感覚で英語に挑戦しながら、シリコンバレー周辺の投資家や起業家たちと精力的に会ってコネクションを広げ、様々な起業のアイデアを考えた。試行錯誤が続いたアメリカ生活の中で、ふと行列ができるラーメン屋の列を見て、「行列ができる店とそうでない店があるということは、アメリカ人もクオリティーの違いを明確に感じている」ということに気づいたそうだ。「ラーメン市場が伸び続けているのに美味しい店は少ない。そのギャップに大きなチャンスを感じた」と語ってくれた。

 アメリカにおける事業は、アメリカで暮らす人々に受け入れられなければ成り立たない。そのためアメリカ人に好かれる味のテストを繰り返して調整し、完成度を高めてから、2018年1月にカリフォルニア州でミールキット宅配ビジネスを開始した。

 そして長谷川さんが同事業を全米展開へ成長させるために次に選んだのは、起業支援や出資を行うアクセラレーター、「AngelPad」への応募だった。極めて狭き門だが、「ラーメンが次の寿司やピザになる」と市場の成長性を確信している「AngelPad」と「Ramen Hero」のビジネス・アイデアは見事にマッチし、長谷川さんは同プログラムを卒業した初の日本人起業家となった。

 現在の「Ramen Hero」の配送先はカリフォルニア州を中心とする一部の西海岸都市のみだが、近く全米発送を開始する準備を進めているという。すでにサブスクリプション(定期購入)型プランも開始し、将来的には全米のレストラン向けに提供するBtoB事業の構想も描いているそうだ。アメリカのラーメン業界に新風を吹き込む若き日本人起業家のさらなる活躍に期待したい。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


ピクルス・リップの次は、ピクルス味のソフトクリーム?!

ピクルス・リップの次は、ピクルス味のソフトクリーム?!

このところ、アメリカのトレンド・フォーカスは、ピクルスらしい。そう、ハンバーガーやサンドイッチの添え物である、きゅうりの酢漬けのことだ。ニューヨークにあるピクルス専門レストランでは、意外なメニューにファンが急増しているという。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング