トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


トランプ大統領は「セルフタンニング派」か「日焼けサロン派」か?

 米トランプ大統領の顔の肌の色が「オレンジ」に見えることが気になっている人は多い。グーグル検索で「TRUMP、Orange(トランプ、オレンジ)」と入力すると、約7億3千万件も検索結果が出ることからも明らかだ。

 アメリカでは第一印象が健康的だと相手に好印象を与えると信じられている。そのため日焼けをして顔色を良く見せたいと考える人が多いが、ビーチやゴルフに行って丁寧に日焼けをする時間がない人は、塗るだけで日焼けしたように見える「セルフタンニング」の化粧品を使用している。セルフタンニングをする人に性別は関係ないようで、大手化粧品メーカーのクリニークや、トムフォードなど様々なブランドも、こぞってクリーム、ローション、スプレー、ジェル、リキッドなど様々な種類のセルフタンニング商品を出している。

 セルフタンニングは手軽だが、多くの商品において塗りたて時には肌の色が「オレンジ色」になってしまうという特徴がある。トランプ大統領の場合、目の周りだけは丸く青白いことから、UV光線から目を守るゴーグルを着用して入る「タンニング・ベッド」、つまり日焼けサロン方式を愛用しているようだという認識が広まったが、元内勤者たちの証言によると、ホワイトハウスにはタンニングベッドはないことになっている。また、日焼けサロン方式だと顔色がオレンジ色になることはほとんどない。そのため、「大統領はセルフタンニング・ベッドをタンニング化粧品と併用して使用しているのではないか?」という見方も出てきた。

ホワイトハウスが否定するほど注目されるオレンジ顔

 市井の声があまりに煩かったからか、今年2月にはホワイトハウスがそれに関する回答として、大統領はセルフタンニングなど使用しておらず、「単に“良い遺伝子”を持っているだけ」という声明を発表して、さらなる失笑を買った。

 元共和党専属のメイクアップ・アーティストが、「トランプ氏はセルフタンニング商品を常用している」と語ったとの記事などもあるが、ホワイトハウスが認めない限り真実はわからない。

 タンニング専門サイト「tanphysics.com」によると、今のアメリカのタンニング商品のトレンドはモイスチャライザー(保湿)としても使えるタイプで、最もお薦めの商品は「Tan Physics True Color Sunless Tanner」($33、約3600円)。これなら使用してもオレンジ色にはならず、嫌な臭いもなく、ムラなく肌を保湿までできるらしい。

 白人女性だけでなく、褐色の肌の女性たちもフローレスな肌を目指してセルフタンニングを使用する人が多いため、肌の色を濃くするレベルが多数用意されているのもアメリカならでは。日本ではその昔「色白は七難隠す」と言われたものだが、アメリカはその逆で、大統領自らが率先してそれを体現している点も面白い。新商品が次々に発売され続けていることを見ても、小麦色の肌を手にいれたいアメリカ人は大統領だけではないことは間違いなさそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


フェイスブックに政治観を明記するか否か

フェイスブックに政治観を明記するか否か

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。フェイスブックのプロフィール・ページの基本データの中にある「政治観」という欄。ここに「保守派」と堂々と書ける人とは?


「アメリカを再び偉大に」? マジか?

「アメリカを再び偉大に」? マジか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領と共和党が、アメリカが抱える様々な問題の解決には目を向けずに、「アメリカを偉大な国にしよう(Make America Great Again)」と今なお呼びかけて続けていることについて。


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング