トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


トランプ大統領は「セルフタンニング派」か「日焼けサロン派」か?

 米トランプ大統領の顔の肌の色が「オレンジ」に見えることが気になっている人は多い。グーグル検索で「TRUMP、Orange(トランプ、オレンジ)」と入力すると、約7億3千万件も検索結果が出ることからも明らかだ。

 アメリカでは第一印象が健康的だと相手に好印象を与えると信じられている。そのため日焼けをして顔色を良く見せたいと考える人が多いが、ビーチやゴルフに行って丁寧に日焼けをする時間がない人は、塗るだけで日焼けしたように見える「セルフタンニング」の化粧品を使用している。セルフタンニングをする人に性別は関係ないようで、大手化粧品メーカーのクリニークや、トムフォードなど様々なブランドも、こぞってクリーム、ローション、スプレー、ジェル、リキッドなど様々な種類のセルフタンニング商品を出している。

 セルフタンニングは手軽だが、多くの商品において塗りたて時には肌の色が「オレンジ色」になってしまうという特徴がある。トランプ大統領の場合、目の周りだけは丸く青白いことから、UV光線から目を守るゴーグルを着用して入る「タンニング・ベッド」、つまり日焼けサロン方式を愛用しているようだという認識が広まったが、元内勤者たちの証言によると、ホワイトハウスにはタンニングベッドはないことになっている。また、日焼けサロン方式だと顔色がオレンジ色になることはほとんどない。そのため、「大統領はセルフタンニング・ベッドをタンニング化粧品と併用して使用しているのではないか?」という見方も出てきた。

ホワイトハウスが否定するほど注目されるオレンジ顔

 市井の声があまりに煩かったからか、今年2月にはホワイトハウスがそれに関する回答として、大統領はセルフタンニングなど使用しておらず、「単に“良い遺伝子”を持っているだけ」という声明を発表して、さらなる失笑を買った。

 元共和党専属のメイクアップ・アーティストが、「トランプ氏はセルフタンニング商品を常用している」と語ったとの記事などもあるが、ホワイトハウスが認めない限り真実はわからない。

 タンニング専門サイト「tanphysics.com」によると、今のアメリカのタンニング商品のトレンドはモイスチャライザー(保湿)としても使えるタイプで、最もお薦めの商品は「Tan Physics True Color Sunless Tanner」($33、約3600円)。これなら使用してもオレンジ色にはならず、嫌な臭いもなく、ムラなく肌を保湿までできるらしい。

 白人女性だけでなく、褐色の肌の女性たちもフローレスな肌を目指してセルフタンニングを使用する人が多いため、肌の色を濃くするレベルが多数用意されているのもアメリカならでは。日本ではその昔「色白は七難隠す」と言われたものだが、アメリカはその逆で、大統領自らが率先してそれを体現している点も面白い。新商品が次々に発売され続けていることを見ても、小麦色の肌を手にいれたいアメリカ人は大統領だけではないことは間違いなさそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


米大統領選ガイド(4) 「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4) 「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング