トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


トランプ大統領は「セルフタンニング派」か「日焼けサロン派」か?

 米トランプ大統領の顔の肌の色が「オレンジ」に見えることが気になっている人は多い。グーグル検索で「TRUMP、Orange(トランプ、オレンジ)」と入力すると、約7億3千万件も検索結果が出ることからも明らかだ。

 アメリカでは第一印象が健康的だと相手に好印象を与えると信じられている。そのため日焼けをして顔色を良く見せたいと考える人が多いが、ビーチやゴルフに行って丁寧に日焼けをする時間がない人は、塗るだけで日焼けしたように見える「セルフタンニング」の化粧品を使用している。セルフタンニングをする人に性別は関係ないようで、大手化粧品メーカーのクリニークや、トムフォードなど様々なブランドも、こぞってクリーム、ローション、スプレー、ジェル、リキッドなど様々な種類のセルフタンニング商品を出している。

 セルフタンニングは手軽だが、多くの商品において塗りたて時には肌の色が「オレンジ色」になってしまうという特徴がある。トランプ大統領の場合、目の周りだけは丸く青白いことから、UV光線から目を守るゴーグルを着用して入る「タンニング・ベッド」、つまり日焼けサロン方式を愛用しているようだという認識が広まったが、元内勤者たちの証言によると、ホワイトハウスにはタンニングベッドはないことになっている。また、日焼けサロン方式だと顔色がオレンジ色になることはほとんどない。そのため、「大統領はセルフタンニング・ベッドをタンニング化粧品と併用して使用しているのではないか?」という見方も出てきた。

ホワイトハウスが否定するほど注目されるオレンジ顔

 市井の声があまりに煩かったからか、今年2月にはホワイトハウスがそれに関する回答として、大統領はセルフタンニングなど使用しておらず、「単に“良い遺伝子”を持っているだけ」という声明を発表して、さらなる失笑を買った。

 元共和党専属のメイクアップ・アーティストが、「トランプ氏はセルフタンニング商品を常用している」と語ったとの記事などもあるが、ホワイトハウスが認めない限り真実はわからない。

 タンニング専門サイト「tanphysics.com」によると、今のアメリカのタンニング商品のトレンドはモイスチャライザー(保湿)としても使えるタイプで、最もお薦めの商品は「Tan Physics True Color Sunless Tanner」($33、約3600円)。これなら使用してもオレンジ色にはならず、嫌な臭いもなく、ムラなく肌を保湿までできるらしい。

 白人女性だけでなく、褐色の肌の女性たちもフローレスな肌を目指してセルフタンニングを使用する人が多いため、肌の色を濃くするレベルが多数用意されているのもアメリカならでは。日本ではその昔「色白は七難隠す」と言われたものだが、アメリカはその逆で、大統領自らが率先してそれを体現している点も面白い。新商品が次々に発売され続けていることを見ても、小麦色の肌を手にいれたいアメリカ人は大統領だけではないことは間違いなさそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング