分かりにくいアメリカの法律――州法と連邦法

分かりにくいアメリカの法律――州法と連邦法

アメリカは50の州と連邦政府の直轄地区であるワシントンD.Cで成り立つ、文字通りの“合衆国”だ。そして、それぞれの州には独自の法律、州法がある。ひとつの国として機能しているものの、州と連邦(国)の法律間には一筋縄ではいかないことも派生する。


 アメリカは各州に、それぞれ独自の法律がある。そのため、州によって法律がまったく異なる項目があることを知っておく必要がある。身近な例では、アメリカにおける運転免許証の発行は州の管轄だ。連邦法のもとにアメリカ中の交通ルールが統一されているわけではなく、州によって交通規制が異なるからである。よって運転免許証の試験の内容もそれぞれの州で異なり、運転免許証を取得できる年齢も微妙に異なる。転勤や転居で州が移る場合には、その都度、運転免許証を新たに住む州のものに書き換えねばならない。
 
 なかには、外国からの移住者に寛容な免許証制度がある州もある。例えばワシントン州のように、日本の有効な運転免許証保持者に対しては、必要書類の提出と視力検査、手数料を支払うだけで学科や実施試験を受ける必要なく、すぐに州の免許証を発行してくれる州もある。しかし、こうした規定もすべて州によって異なるわけである。

 たびたび社会論議に持ち上がる銃の規制についても、州によって銃の保持に対する考え方が異なる。所持が許される銃の種類や、銃の登録や免許に関する規定、銃を携帯して外に持ち出せるのか否か、銃の販売店に対する条件等、州によって異なるルールが存在する。銃のほかにも飲酒に対する州法(年齢や販売できる時間帯など)、結婚や離婚についての法律など、州によって異なる法律の項目はたくさんある。

 州によって法律が異なることは理解できるだろうが、難しいのはアメリカ連邦政府が定める州法との関係である。連邦政府が定める法律では違法とされていることが、州法では合法とされている項目も存在するからだ。その代表的な項目がマリファナだ。昨今、さまざまな州でマリファナの合法化が認められているが、連邦法においては現在でも所持も吸引も違法である。カリフォルニア州ではマリファナの吸引が合法でも、同州はアメリカ国内に位置するのであるから、これをどう解釈したらよいかは非常に悩むところだ。理論的には連邦法は遵守しなければならないものの、現実的には州法を優先するのが大方の見解である。

 アメリカで生活するならば州ごとの法律と連邦法との違いをよく理解する必要がある。その上で、まずは自分が住む州の法律順守が必須であるとことを覚えておこう。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

 日本の「弁当」は歴史ある文化だが、アメリカにおける弁当、つまり「ランチ」というのは、かなり解釈が曖昧だ。アメリカにも弁当箱はあるが、和食屋の幕内風定食も弁当と呼ばれるし、仕切りのついたトレイにおかずを選んで載せるスタイルを弁当とも呼ぶ。おかずの選択肢が複数あれば弁当なのか、容器が弁当なのか、「Bento」にまつわる疑問はつきない。


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

米アマゾン・ドットコム社の本社があるシアトルの街中で、無料のバナナ・スタンドを開始したのは2015年12月。昨年1月には配布100万本を達成し、来月末でスタンド開始から早3年が経とうとしている。同社は今後もバナナの配布を続ける予定だというが、なぜバナナなのだろう?


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。






最新の投稿


ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ロボットがバリスタ?! 話題の「Cafe X」

ベンチャー・テック企業がひしめく大都市、サンフランシスコ。一大観光地でもある同市のダウンタウンに今年、「ロボットがバリスタ」という無人コーヒー・バーが誕生し、話題になっている。洗練されたデザインのカプセルの中で、エスプレッソやコールド・ブリュー・コーヒーをロボット・バリスタが提供する「Cafe X」を紹介しよう。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング