授乳中の働く女性から熱い支持! テックな搾乳機

授乳中の働く女性から熱い支持! テックな搾乳機

働きながら赤ちゃんを育てている女性たちは、世界中に大勢いる。そんな女性たちに支持されている驚きの搾乳機がアメリカにある。「こんなことまで、テックになったか!」という驚きのツールとは?


ウェアブル搾乳機とは?

 子供を産んだことがある女性であれば、一度は悩みの種となるのが「搾乳の問題」。早い時期に粉ミルクに変えてしまう人もいるが、母乳で育てることを決めた場合の宿命として、余分な母乳は搾乳する必要がある。また、働きながら授乳が必要な子供を育てている人は、搾乳したミルクを安全に保管する衛生管理に関する問題や、職場で搾乳を行える場所が確保しにくい等、頭の痛い問題に向き合わねばならない。

 そんな悩める女性たちの救世主として、アメリカで支持されている搾乳機がWillow社の「Willow」だ。ウェアブル商品として発売されているWillowは、ブラジャーの中に機材を入れるだけで搾乳が出来る。最も注目される点は、従来型の搾乳機とは異なり、殆ど搾乳の音がしないこと。またウェアブル・ガジェットの内部は、搾乳したミルクを溜めるための使い捨てビニール袋を入れるような作りになっているので、絞ったミルクの衛生管理もしやすいという。

 また、搾乳するのに手を使わず済むことから、他のことをしながら搾乳ができる。これまでは、搾乳中は搾乳にしか時間が使えなかったが、搾乳中にも他のことが出来るのは、幼い子供を持つ多忙な母親には夢のようなツールだ。その商品を紹介した映像はこちら。

2017年のCESで話題になった商品が今年ブレイク!

 この商品は電子機器の見本市である「CES(Consumer Electronics Show)」で2017年に紹介されたものだが、今年になって、改良版のセカンド・ジェネレーション(第二弾)が発売された。セカンド・ジェネレーションは、組み立てがより簡単になり、搾乳スピードもさらにパワーアップした。授乳中の女性にターゲットが絞られた商品ゆえに、市場浸透は緩やかだったそうだが、今年のCESに再び同社のナオミ・ケルマンCEOが登壇して、改良商品について話したことで、一気に発注数が伸びたらしい。昨年末の実績では販売数が2万台だったところが、今年だけで5,000台の注文が入ったのだという。

 アメリカには子供の出産が近づくと、「ベビー・シャワー」と呼ばれるイベントを開催し、プレゼントを贈る習慣がある。最近ではこのベビー・シャワーのプレゼントに「Willow」を希望する人も増えているらしい。値段は一台500ドル弱と、一般的な搾乳機の約10倍という高級品だが、搾乳作業から解放されて「時間を買える」という発想をするなら、この出費やベビー・シャワーのプレゼントにリクエストすることにも大いに意味があるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


ダサいほど人気者に? アグリーセーターを着てパーティーへ

ダサいほど人気者に? アグリーセーターを着てパーティーへ

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。12月のアメリカでは、クリスマスやホリデーを祝うパーティーが多いが、なかには「ちょっと変わったドレスコード」を指定されることもある。






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング