エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?


歯が黄色いとビジネスにも不利?

 アメリカ人は人種にかかわらず、歯並びの美しい白い歯を持つ人が多い。 Mother Nature Network が行なった歯科医への調査によると、ホワイトニングに関しては「白目より少し白いくらい」が違和感なく白く見せられる自然な白さだとしている中、最近はそれでは満足いかず、カラーチャートの中で最も白いレベル、別名“Toilet Bowl”つまり「便器の白」と表現される白を希望する人が増えているそうだ。「違和感があってもかまわないから、便器のような白い歯にしたい」という希望が健康的とは言い難い気もするが、ホワイトニングのトレンドはそちらへ振れているようだ。

 アメリカは、社会が求める歯や歯並びに関するスタンダードが日本より高いということなのだろう。ビジネスやソーシャル・シーンでは、黄ばんだ歯の人や八重歯なども含めた歯並びの悪い人は、「デンタルケアを怠っている人」と見なされ、だらしがないとか、経済的に苦しいなどというネガティブな印象を与えると言われている。そのため、アメリカ人は社会に出る前に歯を矯正したり、ホワイトニングに精を出すのである。これは立派なアメリカの文化ともいえるだろう。

ホワイト二ングは自宅で手軽に

 歯のホワイトニングは健康保険ではカバーしないケースがほとんどで、処置方法にもよるが、歯科や審美歯科で施術を受けると$400~$1,000(約42,000円~10万円)と高額なため、自宅で手軽にできるホームケアの需要が高い。

 最近では、例えば「SNOW」のように、歯科で行うような青いライトを歯に当てるタイプのホワイトニングが自宅で簡単に出来るという製品も出回っているが、ホームケアのホワイトニングでここ数年トップを維持しているのは、歯の表面に透明のシートを貼るだけという、「Crest 3D white strips」$6.97~(約766円)だ。人によってはホワイトニング特有のピリピリ感が出るというが、数時間後か翌日には治まるそうだ。青いライトを歯に当てるタイプのホワイトニングの商品の映像はこちら。

 歯科で自分の歯型に合わせてトレー(マウスピース)を作り、自宅でホワイトニングが出来る「トレー・ホワイトニング」も人気がある。シートにあるようなピリピリ感がなく、週に1、2度のケアで白い歯が保てる。費用は約$150〜(16,000円〜)とシートよりだいぶ高額だが、自分の歯に合ったマウスピースでホワイトニング出来るため、効果が期待できる。

 残念ながら、アメリカのホワイトニング剤には、日本の薬事法で禁止されている過酸化水素が入っているため土産にはできない。でも、ほとんどのホワイトニング製品は数日の使用で効果が見られるという謳い文句を掲げているので、気になる人はアメリカ旅行の際にホテルで試してみては?

この記事の寄稿者

関連する投稿


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング