エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?


歯が黄色いとビジネスにも不利?

 アメリカ人は人種にかかわらず、歯並びの美しい白い歯を持つ人が多い。 Mother Nature Network が行なった歯科医への調査によると、ホワイトニングに関しては「白目より少し白いくらい」が違和感なく白く見せられる自然な白さだとしている中、最近はそれでは満足いかず、カラーチャートの中で最も白いレベル、別名“Toilet Bowl”つまり「便器の白」と表現される白を希望する人が増えているそうだ。「違和感があってもかまわないから、便器のような白い歯にしたい」という希望が健康的とは言い難い気もするが、ホワイトニングのトレンドはそちらへ振れているようだ。

 アメリカは、社会が求める歯や歯並びに関するスタンダードが日本より高いということなのだろう。ビジネスやソーシャル・シーンでは、黄ばんだ歯の人や八重歯なども含めた歯並びの悪い人は、「デンタルケアを怠っている人」と見なされ、だらしがないとか、経済的に苦しいなどというネガティブな印象を与えると言われている。そのため、アメリカ人は社会に出る前に歯を矯正したり、ホワイトニングに精を出すのである。これは立派なアメリカの文化ともいえるだろう。

ホワイト二ングは自宅で手軽に

 歯のホワイトニングは健康保険ではカバーしないケースがほとんどで、処置方法にもよるが、歯科や審美歯科で施術を受けると$400~$1,000(約42,000円~10万円)と高額なため、自宅で手軽にできるホームケアの需要が高い。

 最近では、例えば「SNOW」のように、歯科で行うような青いライトを歯に当てるタイプのホワイトニングが自宅で簡単に出来るという製品も出回っているが、ホームケアのホワイトニングでここ数年トップを維持しているのは、歯の表面に透明のシートを貼るだけという、「Crest 3D white strips」$6.97~(約766円)だ。人によってはホワイトニング特有のピリピリ感が出るというが、数時間後か翌日には治まるそうだ。青いライトを歯に当てるタイプのホワイトニングの商品の映像はこちら。

 歯科で自分の歯型に合わせてトレー(マウスピース)を作り、自宅でホワイトニングが出来る「トレー・ホワイトニング」も人気がある。シートにあるようなピリピリ感がなく、週に1、2度のケアで白い歯が保てる。費用は約$150〜(16,000円〜)とシートよりだいぶ高額だが、自分の歯に合ったマウスピースでホワイトニング出来るため、効果が期待できる。

 残念ながら、アメリカのホワイトニング剤には、日本の薬事法で禁止されている過酸化水素が入っているため土産にはできない。でも、ほとんどのホワイトニング製品は数日の使用で効果が見られるという謳い文句を掲げているので、気になる人はアメリカ旅行の際にホテルで試してみては?

この記事の寄稿者

関連する投稿


知らないと怖い! アメリカのハッピー・ファイヤー

知らないと怖い! アメリカのハッピー・ファイヤー

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。2020年の最初のコラムは、アメリカで新年を屋外で迎える際に知っておきたい危険について。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング