アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。


アメリカにおけるレイシャル・プロファイリングの実態とは?

 アメリカでは「プロファイリング」行為が、特定のグループや人種を対象にしてしまいがちではないか、ということが問題に上がることがある。

 例えば黒人の男性はどのグループよりも職質に逢う頻度が高く、また罪を何も犯していない黒人が警察官に過って殺されたケースも多い。2017年に警官に殺された黒人の数は約287人。人口の13パーセントしか占めていないにも関わらず、警察に殺された人の25パーセントを占めた。

 プロファイリング対象者の偏りが特定の人種などに生ずることを、英語では「レイシャル・プロファイリング」という。これは人種差別の一環としてアメリカでは日常化し、恒久化しているともいえる。同時にこうした問題が街の安全性とどう関係しているのかなど、何かが起こるたびにディベートの機会も生まれている。

 先日、私が通う大学でこのレイシャル・プロファイリングに大きく関わる事件があった。コロンビア大学4年生の黒人男子生徒が、夜11時以降は学生証明書を提示する必要があるキャンパスの門を無提示で通過したところ、キャンパス内のカフェのレジカウンターで警備員に胸ぐらを掴まれ押し倒されたのだ。この生徒は同大学の生徒であるにもかかわらず、以前から何度も学生証を見せるようにと警備員に言われたことがあり、うんざりしていたという。また、この門に入る際に学生証を提示しなければならないルールは全員に反映されているわけではなく、時と場合によってはルールが執行されない場合もある。つまり、この警備員はヒゲを生やして、ダボダボな服を着ていた黒人男子生徒を「怪しい」と決めつけ、暴力的なレイシャル・プロファイリングを学校のキャンパス内で行ったのだ。

社会が決める判断基準でいいのか

 これには多くの生徒たちが反感を抱いた。警備員室前でデモが行われたり、数々のニュース記事が書かれ、学校内ではこの事件について多くディスカッションがされた。「もし警備員が銃を持っていたら?」、「もしこの男性が白人だったら?」など、いろいろな質問が飛び交った。もちろん、警備員をかばう声もあり、キャンパスの安全を守るのが彼らの仕事で、「怪しい」人には声をかけるのが当たり前だという意見も多かった。

 この問題はとても難しい。人種問題だけではなく、アメリカ全体で今起きている様々な問題が深く、複雑に関係している。警察の在り方は国の組織がどのように人々をコントロールしているか、そして警察が起こす問題がどのようにメディアで伝えられているかは、政府と民間の両方が関わる社会問題の縮図とも言えるだろう。そんな中で、私がこの事件を踏まえて最も考えさせられたことは、「怪しい」という曖昧な価値観が、社会において一定の見解によって構築されているという点だ。どのような肌の色、格好、振る舞いが「正しい」とされ、「怪しい」、「不適切」とされるかは個人の選択ではなく、社会全体が決めた暗黙のルールとして扱われているように思える。

 アメリカのリベラルな大学キャンパスでもこのルールは大きく反映され、それは社会的に偏見を持たれやすい立場の人に最も大きな影響が出る。今回の事件ではこの学生に大きな怪我はなかったが、もしこの事件がキャンパスの外で起きていたら、肌の色と容姿だけで「危険」とみなされる彼の命は危なかったかもしれない。

 少なくとも一般的に「エリート」といわれるコロンビア大学などのような「白人の価値観」と考えられる空間では、彼の外見が「不適切」と決めつけられたと捉えられても、仕方ないだろう。今回レイシャル・プロファイリングにあった男子生徒は優秀で多才な生徒だという。どんなに中身が優れていても、見た目で社会的な判断をされてしまうのは、アメリカ、そして社会全体の恐ろしいところだ。日本でも多様化が進む中、セキュリティーとバイアスのどこに線引きをするのかが難しい点になってくるのではないかと思う。私たちも他人を判断する際に、どこまでが社会に影響された固定観念なのか、一度見直す必要があるだろう。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はリベラルな町・シアトル在住の著者が見た、性別や人種、価値観などの多様性について。社会全体の成長を目指す多様性と自己正当化の違いは紙一重。自由と平等を重視するリベラル派の主張は今後どうなるのか?


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


バスの中で瞑想?! ニューヨークの街を走るメディテーション・バス

バスの中で瞑想?! ニューヨークの街を走るメディテーション・バス

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生のトレンドなどの情報をお届けする。今回紹介するのは、ストレスを抱えながら働く人が多いニューヨークのマンハッタンに登場した「モバイル・メディテーション・バス」だ。






最新の投稿


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング