学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


全員がアメリカン・ドリームのチャンスを掴めるように

 米ジョージア州アトランタにあるモアハウス大学(Morehouse College)で、今月19日に卒業式が行われた。その式典のゲスト・スピーカーとして登壇したアメリカ人投資家で、億万長者のロバート・スミス氏(56歳)が、卒業生396人が抱える学生ローン総額約4,000万ドル(約44億円)を全額、自分が代わりに返済すると発言。それが全米に感動のニュースとして拡がった。

 スミス氏は、「この国で暮らしてきた私の家族8世代を代表して、あなた方が乗るバスに少しばかり燃料を注入しよう。ここにいる全員がアメリカン・ドリームのチャンスを掴むことができるように。そして、このプレゼントを受けた君たちは、次に別の人へ恩返しをするだろう(pay it forward)」と話し、それを聞いた学生たちは歓喜の声をあげ、なかには喜びで泣き出す学生たちもいた。そのスミス氏のスピーチ映像の短縮版はこちら。

スミス氏とは、一体どういう人物なのか?

 モアハウス大学はアフリカ系アメリカ人の男子のために設立された私立大学で、かのマーティン・ルーサー・キング牧師や、映画監督のスパイク・リー氏などを輩出している。

 スミス氏は投資会社ビスタ・エクイティ・パートナーズの創立者で、資産総額は約50億ドル(約5,500億円)。昨年の米フォーブス誌では2018年に最も裕福なアフリカ系アメリカ人として紹介されたが、スミス氏は富裕層出身ではない。キング牧師の演説を聴きに言ったことがあるという教師の両親の元で生まれ育ち、高校生でありながら大学生を対象とするインターンシップに応募するような努力家だったという。企業に勤めて、化学エンジニアとして2つの特許を獲得後に大学院へ進学。卒業後はファイナンス業界に転向し、証券会社を経て自らのファンドを設立し、大成功を収めたアメリカン・ドリームの見本のような実業家である。過去には母校である名門コーネル大学院にも今回よりもさらに高額な5,000万ドル(約54億6,600万円)を寄付している他、医学や美術館などの芸術分野にも多額の寄付を行っており、アメリカで名実ともに尊敬されている実業家のひとりだ。

 モアハウス大学のデイビッド・トーマス学長は、「借金を抱えていると世界の中で出来ることに選択肢は狭まる。(スミス氏の申し出は)夢や情熱を追求できる自由を学生たちに与えてくれる」と話しているが、学長やスミス氏が危惧するように、近年アメリカの学費の高騰に伴い、学生ローンの負債額も高騰。CNBCの調べによると約4,300万人が現在も学生ローンの借金、1人平均3万ドル(300万円強)を抱えており、2022年には学生ローン負債総額が2兆ドル(約200兆円)に達する見込みといわれている。

 スミス氏の卒業式のスピーチ映像は社会へ旅立つ若者たちをインスパイアーするスピーチとして拡散されたが、同時に現在のアメリカ社会が抱える学生ローンの問題に対して大きな注目が集まるものとなった。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの大学で受講できる、ちょっと変わった授業をいくつか紹介しよう。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング