学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


全員がアメリカン・ドリームのチャンスを掴めるように

 米ジョージア州アトランタにあるモアハウス大学(Morehouse College)で、今月19日に卒業式が行われた。その式典のゲスト・スピーカーとして登壇したアメリカ人投資家で、億万長者のロバート・スミス氏(56歳)が、卒業生396人が抱える学生ローン総額約4,000万ドル(約44億円)を全額、自分が代わりに返済すると発言。それが全米に感動のニュースとして拡がった。

 スミス氏は、「この国で暮らしてきた私の家族8世代を代表して、あなた方が乗るバスに少しばかり燃料を注入しよう。ここにいる全員がアメリカン・ドリームのチャンスを掴むことができるように。そして、このプレゼントを受けた君たちは、次に別の人へ恩返しをするだろう(pay it forward)」と話し、それを聞いた学生たちは歓喜の声をあげ、なかには喜びで泣き出す学生たちもいた。そのスミス氏のスピーチ映像の短縮版はこちら。

スミス氏とは、一体どういう人物なのか?

 モアハウス大学はアフリカ系アメリカ人の男子のために設立された私立大学で、かのマーティン・ルーサー・キング牧師や、映画監督のスパイク・リー氏などを輩出している。

 スミス氏は投資会社ビスタ・エクイティ・パートナーズの創立者で、資産総額は約50億ドル(約5,500億円)。昨年の米フォーブス誌では2018年に最も裕福なアフリカ系アメリカ人として紹介されたが、スミス氏は富裕層出身ではない。キング牧師の演説を聴きに言ったことがあるという教師の両親の元で生まれ育ち、高校生でありながら大学生を対象とするインターンシップに応募するような努力家だったという。企業に勤めて、化学エンジニアとして2つの特許を獲得後に大学院へ進学。卒業後はファイナンス業界に転向し、証券会社を経て自らのファンドを設立し、大成功を収めたアメリカン・ドリームの見本のような実業家である。過去には母校である名門コーネル大学院にも今回よりもさらに高額な5,000万ドル(約54億6,600万円)を寄付している他、医学や美術館などの芸術分野にも多額の寄付を行っており、アメリカで名実ともに尊敬されている実業家のひとりだ。

 モアハウス大学のデイビッド・トーマス学長は、「借金を抱えていると世界の中で出来ることに選択肢は狭まる。(スミス氏の申し出は)夢や情熱を追求できる自由を学生たちに与えてくれる」と話しているが、学長やスミス氏が危惧するように、近年アメリカの学費の高騰に伴い、学生ローンの負債額も高騰。CNBCの調べによると約4,300万人が現在も学生ローンの借金、1人平均3万ドル(300万円強)を抱えており、2022年には学生ローン負債総額が2兆ドル(約200兆円)に達する見込みといわれている。

 スミス氏の卒業式のスピーチ映像は社会へ旅立つ若者たちをインスパイアーするスピーチとして拡散されたが、同時に現在のアメリカ社会が抱える学生ローンの問題に対して大きな注目が集まるものとなった。

この記事の寄稿者

関連する投稿


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


「アメリカを再び偉大に」? マジか?

「アメリカを再び偉大に」? マジか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領と共和党が、アメリカが抱える様々な問題の解決には目を向けずに、「アメリカを偉大な国にしよう(Make America Great Again)」と今なお呼びかけて続けていることについて。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング