ゲーム『テトリス』が化粧品に?

ゲーム『テトリス』が化粧品に?

『テトリス』と言ってピンとくるのは、30代半ば以降の人たちだろうか。コンピュータ・ゲームの金字塔とも言えるこのゲーム、発売から35年経った現在もファンは多い。そんなテトリスが、なぜか化粧品を発売するという。


35周年記念の特別コラボレーションは化粧品

 金字塔ゲームが、その発売35周年の記念に少々変わったコラボレーション相手を選んだことが、アメリカで話題になっている。

 『テトリス』は1984年に、旧ソビエトのコンピュータ科学者、アレクセイ・パジノドフが生み出した人気ゲーム。画面の上部から落とされるブロックを回転移動などをさせながら積み上げ、横または縦の列を揃えて消していくというものだが、35歳以上の人ならば、このゲームに夢中になった人も多いだろう。

 累計販売数は7000万本。「世界で最も売れたゲーム」としてあまりにも有名だったが、奇しくも今月半ばにその王者の椅子を、発売から10年経ったMinecraftに譲り渡したばかり。

 その「テトリス」が、35周年記念事業に選んだパートナーは、なんと化粧品の定期購買サービスで知られるipsy。以前に本サイトでも紹介した女性に人気のサービスだ。

幾何学的なデザインの化粧品で「欲しい!」の声が殺到

 ipsyは毎月たった10ドルで、デラックス・サイズ、あるいはフルサイズの化粧品が5つも自宅に届けられるというサービス。取り扱いブランドも有名高級ブランドから独立系ブランドまでと幅広い。

 今回のコラボレーションは、ipsyが6月に頒布する商品の「限定品」としてテトリスがオリジナル化粧品を作った。口紅やハイライター、化粧品ブラシなどに加え、7種類のカラフルなテトリスバッグが用意されている。かなり不思議な組み合わせに見えるが、市場の反応は上々で、定期購入サービスを日々紹介する人気サイトMSA(My Subscription Addiction)のコメント欄には、「絶対に欲しい!」という声が多く見られる。しかし、このコラボレーションの成果が伺える反面、「何でもかんでも商売に結び付けて、無理やりキャンペーンを行うのは商品自体の品格を下げる」という声も出ているようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。


ピクルス味のリップクリームはいかが?

ピクルス味のリップクリームはいかが?

唇の乾燥を防ぐリップクリーム。薬用効果が強いものや唇に色が着くものなど種類はいろいろあるが、そのフレーバーもバラエティーに富んでいる。アメリカで一般的なフレーバーといえば、チェリーやストロベリーなどのベリー系、バニラなど甘めのフレーバーが多い。そんな市場に変わり種のリップクリームが登場し、ちょっとした話題になっている。


大人もハマる?! CIAの子供用スパイ・トレーニング

大人もハマる?! CIAの子供用スパイ・トレーニング

『007』、『ミッション・インポッシブル』、『ボーン・アイデンティティー』など、ハリウッド映画にはスパイを題材とする作品がたくさんある。手に汗握るシーンの連続に、一度はスパイに憧れた人も多いかもしれない。そんなスパイの総本山、アメリカのCIAには子供用のプログラムもあるのだ。


パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。






最新の投稿


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング