微笑みの南部

微笑みの南部


 私が暮らすアーカンソー州は、アメリカ南部の俗にいう「バイブル・ベルト」に属する州だ。「バイブル・ベルト」とは、アメリカ中西部から南東部の複数の州にまたがる地域のことで、国内で最もキリスト教信仰が盛んな地域を指す。そんなアーカンソーに暮らすようになったのは、アメリカ人の旦那の転勤がきっかけだった。この地に暮らして、かれこれ10年になる。

 10年経っても、南部の常識やバイブル・ベルトにおけるクリスチャンたちの生活に驚かされることは少なくない。引っ越した当初は、日々が驚愕の連続だった。高校時代に北カリフォルニアに交換留学をしていた私は、既にアメリカを知った気になっていたのだが、南部は私の知っているアメリカとは、まったく違うものだった。恐らく多くの日本人にとっても、あまり馴染みのない場所、それがアメリカ南部だと思う。観光旅行で行くようなハワイやカリフォルニア、ニューヨークなどの常識と、南部の常識は全く異なる。この連載では日本人が知らない「もうひとつのアメリカ」とも言うべき、南部での常識や、バイブル・ベルトで生活する中で目にする驚きなどを綴っていきたいと思う。

 まず、米国南部と聞いて、思い浮かぶのは何だろう? アメリカへの移住が決まって勤めていた職場を辞める時、「アーカンソー州に行きます」と言ったら、周囲はみな揃って目を点にした。職場の上司、同僚、友達など誰もが「えっ? どこそれ?」と聞き返してきた。まぁ、それも仕方がない。かくいう私も、そのときにはアーカンソーについての知識など、これっぽっちもなかったのだから。

 アメリカ人の友人たちは、もちろんアーカンソー州のことは知っていた。しかし、州名を伝えた途端、彼らは真剣に心配し出した。「南部は差別があるから気をつけた方が良い。早く引っ越せたら良いね」とか、「オレンジ色の服を着るとハンターに銃で撃たれるから、着ないほうが良いよ」とか。そんなトンデモない情報を聞いてしまった私は、不安にかられて、引っ越す前に本当に生活できるか下見に行ったくらいだ。

 ところが実際に現地へ下見に行ってみると、スーパーマーケットや道ですれ違う人達が、目が合うたびに私に微笑みかけて「Hi」とか、「How are you doing?」などと話かけてくる。たまに挨拶にウインクを追加してくる大人も男女問わずにいて、超がつくほどフレンドリー。聞いていた話とは、まったく違っていた。生まれも育ちも東京の私にとっては、それは衝撃でしかなかった。道ですれ違う人に笑顔なんて振りまいたこともなければ、微笑みかけられたことも東京では皆無だった。最初は微笑みかけられても、挨拶されても、それに対してどうしたら良いか分からず、旦那に「どうして微笑みかけられるのか?あれは何なのか?」と真剣に聞いた。「南部にはサザン・ホスピタリティーというカルチャーがあって、その一環」と、旦那は教えてくれた。

 これは日本でいう「おもてなしの心」だ。南部は「白人優位の差別主義」というステレオタイプな話をよく耳にするが、これは大きな誤解である。温かで、おおらかな感じの人が非常に多いし、みなとてもフレンドリーだ。引っ越してすぐ、ご近所のお宅にお招き頂いて、バーベキューや南部料理を振舞ってもらったが、彼らの歓迎ぶりには感激した。また、どこに行っても道端ですれ違いざまに笑顔を交換することで相手を和やかな気分にさせる……。南部には不思議なパワーが溢れているのだ。皆さんも南部で誰かに微笑みかけられたら、微笑み返し、お互いHappyな気分でその日を過ごしてほしいと願う。ただし、Bar等に遊びに行くときには、そこが相手を探す人たちの出会いの場であることをお忘れなきよう。異性から微笑みかけられたときと、異性に対して微笑むときは相手に勘違いされないように注意しよう。

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


「スポンサーになってくれませんか?」という依頼が届いたら

「スポンサーになってくれませんか?」という依頼が届いたら

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は熱心なキリスト教徒が多い南部らしい、「ミッション・トリップ」についての話。


社会的な弱者を決めつける、矛盾だらけのリベラル派

社会的な弱者を決めつける、矛盾だらけのリベラル派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は「社会的弱者として擁護されるべき人々」を、「白人男性以外」、「キリスト教以外」だと決めつけているように見えるリベラル派の矛盾を、保守派はどう見ているのかについて。


アラバマ州で中絶違法が決定 女性たちの権利はどうなるのか?

アラバマ州で中絶違法が決定 女性たちの権利はどうなるのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先日アラバマ州で中絶が禁止される法案が通ったことについて。リベラル派の著者が「これは女性の権利が取り上げられたも同然」と大反論する法律とは、どんな内容なのか?


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング