微笑みの南部

微笑みの南部


 私が暮らすアーカンソー州は、アメリカ南部の俗にいう「バイブル・ベルト」に属する州だ。「バイブル・ベルト」とは、アメリカ中西部から南東部の複数の州にまたがる地域のことで、国内で最もキリスト教信仰が盛んな地域を指す。そんなアーカンソーに暮らすようになったのは、アメリカ人の旦那の転勤がきっかけだった。この地に暮らして、かれこれ10年になる。

 10年経っても、南部の常識やバイブル・ベルトにおけるクリスチャンたちの生活に驚かされることは少なくない。引っ越した当初は、日々が驚愕の連続だった。高校時代に北カリフォルニアに交換留学をしていた私は、既にアメリカを知った気になっていたのだが、南部は私の知っているアメリカとは、まったく違うものだった。恐らく多くの日本人にとっても、あまり馴染みのない場所、それがアメリカ南部だと思う。観光旅行で行くようなハワイやカリフォルニア、ニューヨークなどの常識と、南部の常識は全く異なる。この連載では日本人が知らない「もうひとつのアメリカ」とも言うべき、南部での常識や、バイブル・ベルトで生活する中で目にする驚きなどを綴っていきたいと思う。

 まず、米国南部と聞いて、思い浮かぶのは何だろう? アメリカへの移住が決まって勤めていた職場を辞める時、「アーカンソー州に行きます」と言ったら、周囲はみな揃って目を点にした。職場の上司、同僚、友達など誰もが「えっ? どこそれ?」と聞き返してきた。まぁ、それも仕方がない。かくいう私も、そのときにはアーカンソーについての知識など、これっぽっちもなかったのだから。

 アメリカ人の友人たちは、もちろんアーカンソー州のことは知っていた。しかし、州名を伝えた途端、彼らは真剣に心配し出した。「南部は差別があるから気をつけた方が良い。早く引っ越せたら良いね」とか、「オレンジ色の服を着るとハンターに銃で撃たれるから、着ないほうが良いよ」とか。そんなトンデモない情報を聞いてしまった私は、不安にかられて、引っ越す前に本当に生活できるか下見に行ったくらいだ。

 ところが実際に現地へ下見に行ってみると、スーパーマーケットや道ですれ違う人達が、目が合うたびに私に微笑みかけて「Hi」とか、「How are you doing?」などと話かけてくる。たまに挨拶にウインクを追加してくる大人も男女問わずにいて、超がつくほどフレンドリー。聞いていた話とは、まったく違っていた。生まれも育ちも東京の私にとっては、それは衝撃でしかなかった。道ですれ違う人に笑顔なんて振りまいたこともなければ、微笑みかけられたことも東京では皆無だった。最初は微笑みかけられても、挨拶されても、それに対してどうしたら良いか分からず、旦那に「どうして微笑みかけられるのか?あれは何なのか?」と真剣に聞いた。「南部にはサザン・ホスピタリティーというカルチャーがあって、その一環」と、旦那は教えてくれた。

 これは日本でいう「おもてなしの心」だ。南部は「白人優位の差別主義」というステレオタイプな話をよく耳にするが、これは大きな誤解である。温かで、おおらかな感じの人が非常に多いし、みなとてもフレンドリーだ。引っ越してすぐ、ご近所のお宅にお招き頂いて、バーベキューや南部料理を振舞ってもらったが、彼らの歓迎ぶりには感激した。また、どこに行っても道端ですれ違いざまに笑顔を交換することで相手を和やかな気分にさせる……。南部には不思議なパワーが溢れているのだ。皆さんも南部で誰かに微笑みかけられたら、微笑み返し、お互いHappyな気分でその日を過ごしてほしいと願う。ただし、Bar等に遊びに行くときには、そこが相手を探す人たちの出会いの場であることをお忘れなきよう。異性から微笑みかけられたときと、異性に対して微笑むときは相手に勘違いされないように注意しよう。

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング