フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。


欧米マスコミ各社が追う、フェイスブック社の動き

 世界最大のSNS企業フェイスブック社が独自に開発している仮想通貨「グローバルコイン」(仮称)。同社はこの仮想通貨を本格的に始動させるために動き出している。

 先月24日、BBCニュースは、フェイスブック社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏が2020年に独自の決済型仮想通貨を発行するために、イングランド銀行(英国中央銀行)の総裁と会っていたことや、アメリカのウエスタン・ユニオン銀行とも話し合いをしていることを記事にしたことから、欧米のマスコミ各社がフェイスブックの仮想通貨の本格始動を巡って記事合戦を開始した。

 今月2日には、イギリスの有力経済紙「ファイナンシャル・タイムズ」が、フェイスブック社は米商品先物取引委員会との話し合いも行なっているという記事を発表。日を追うごとに同社の動きがさらに現実味をおびてきた感がある。フェイスブック社は先月、データ分析や投資に加え、ブロックチェーン技術や決済に取り組むフィンテック企業をスイスに設立。米仮想通貨取引所GeminiとCoinbase両社と提携する事業も進めているという。

フェイスブックの仮想通貨ができたら、どうなるのか?

 フェイスブック社は本当に来年、独自の決済型仮想通貨を世界12カ国以上で発行できるのだろうか。

 同社は「フェイスブック」以外に、「インスタグラム」やメッセンジャー・アプリの「WhatsApp」も所有している。もし同社がこの仮想通貨決済サービスを、約10億人のユーザーを擁する「WhatsApp」で利用したら、仮想通貨サービスはかなりスムーズに開始できるといわれている。

 独自の仮想通貨は、フェイスブック社に新たな収益の流れを生むのはもちろん、独自の送金プラットフォームを持てば、ユーザーや消費者の行動を推察する大きな情報源になることは明白だ。それを製品の開発や広告セールスに使用すれば、同社はさらに拡大するだろう。

 とはいえ、アメリカでは仮想通貨の規制が統一されていないため、同社も規制をクリアにする必要があり、これにはそれなりの時間はかかるだろう。また、これまで世界規模で問題になってきた米大統領選挙を含む情報漏洩疑惑等があるフェイスブック社に対して、「同社は信用できない。個人情報を盗まれるのではないか」などと、不信感をもつ人も多いため、同社の仮想通貨の信用性を危惧する声がすでにSNSを賑わせている。

 同社はこの夏には、この仮想通貨の開始予定や内容について具体的な発表をするとみられている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年最も稼いだユーチューバーの世界ランキングが発表された。1位はアメリカの8歳児で年収は2,600万ドル(約28億円)! ランキングの3位はロシアの5歳児で1,800万ドル(約20億円)だった。子供たちが稼いだ金額の高さに多くのため息がもれている。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

Facebookの個人情報流出事件では、その制裁金の高さに注目が集まったが、アメリカ企業であっても欧州の顧客データがあるだけで「EU一般データ保護規則(GDPR)」に従う必要があり、今、どの企業もデータ管理の再強化を迫られている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング