アメリカの保守派は科学を信じない無知蒙昧な人たちなのか?

アメリカの保守派は科学を信じない無知蒙昧な人たちなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、日本では理解されにくい「なぜアメリカの保守派には地球温暖化を信じない人や、環境保護に力を入れない人が多いのか」について、保守派の見解を披露する。


保守派が環境保護に力を入れない理由は

 リベラル派は、「保守派は科学を信じない無知蒙昧な連中だから環境保護に力を入れないのだ」と断言している。本当にそうだろうか?

 保守派が、リベラル派が推す環境保護政策を否定する最大の理由は、経済効率の悪さである。オバマ政権は1500億ドルもの予算を投じて様々な再生エネルギー会社を後押ししたが、再生エネルギーの占める割合は1.7%上がっただけだった。また、オバマ政権の支援を受けた会社の多くが2008年の大統領選でオバマ候補に最大限の献金をした人々と関連のある会社だったことや、それらの会社の多くが倒産したため、保守派は「環境保護という大義名分を掲げて、政府が経済に介入すべきではない」と思っている。

 環境保護団体などがプラスティック袋やストローを禁じることにも、保守派は反対しているが、それは海を汚染しているプラスティックのゴミの9割はアジアとアフリカのものなので、真の汚染者の中国やインド、東南アジアを取り締まる方が効率がいいと考えているからだ。

 米大手メディアはことあるごとに、「97%の科学者が地球温暖化が起きていると信じている」と連発している。しかし、保守派はUCバークリーのミューラー物理学教授による「(その97%には)温暖化が人為的なものか自然現象かわからないと言っている科学者も含まれている」という発言や、ジョージア工科大学の気象学者、ジュディス・カリーによる「人為的ではないという研究結果を出した科学者は仲間はずれにされる」などの指摘を重視している。

大手メディアによる環境破壊の記事は誇大

 米大手メディアがかなり以前から報道してきた環境破壊に関する記事やニュースを、フェイク・ニュースだと考えている保守派は多い。その理由は下記のように、まるで誇大妄想といえるような記事やニュースが溢れているからだ。その一部を紹介しよう。

 1922年、アメリカ気象学会は「北極の氷山が急速に溶けている」と警告した。ニューヨーク・タイムズ紙は1969年に、「10〜20年以内に北極の氷は全て溶けて北極は単なる海になってしまうだろう」と伝え、1975年には「氷河期到来は避けられない」と警告している。また、1989年には国連が「2000年までに地球温暖化を食い止めないと、全ての国々が海に沈んでしまう」、2006年にはドキュメンタリー部門のアカデミー賞を受賞したゴア元副大統領の『不都合な真実』が「10年以内にキリマンジェロの雪が溶けてなくなってしまう」と言ったが、どれも実現していない。

 そんな中、今年6月初旬、米モンタナ州にあるグレイシャー国立公園は、「地球温暖化によって2020年、あるいは2030年までに公園内のすべての氷河が溶けてしまう」と書かれた掲示板を取り外した。6月13日のタイム誌は「地球温暖化により、太平洋の島々が海に沈んでいく」と伝えたが、ニュージーランドのオークランド大学は「沈んでいくはずの太平洋の島々の面積が増えている」という研究発表を報告した。

 アメリカではここ十数年、ハリケーンや大雪で大きな被害が出る度に、リベラル派が「地球温暖化によるものだ」と断言しているが、国連が設立した気候変動に関する政府間パネルは、「地球温暖化によって異常気象現象が激化しているという科学的証拠はない」と言っている。

 上記のように、大手メディアが恐怖を煽るような警告を繰り返している中、実際の状況がそうはなってはいないため、環境破壊の脅威を叫ぶリベラル派の声は、多くの保守派の耳にはオオカミ少年の叫びとしか聞こえなくなっているのである。

環境保護を訴えるリベラル派が飛行機や大型車で移動する現実

 さらに、「温暖化阻止のために飛行機を禁じよう」と訴えて人気を博しているコーテス民主党下院議員が、自分はワシントンDCとNYを電車ではなく飛行機で往復し、地下鉄ではなく車に乗っていることや、環境保護を唱えるニューヨーク市長が毎朝、大型車でマンハッタンからブルックリンのジムに通っている、などの民主党の政治家の発言とは矛盾する行動も、保守派の環境保護に対する関心をそぐ原因となっている。

 リベラル派を代表するようなケネディ家でさえ、偽善といえる行動をしていたことも保守派の間ではよく知られた話だ。2005年、ケネディ一族などの富豪が集うマサチューセッツ州の東海岸沖に環境保護派が風車を建設しようとしたとき、環境保護の顔だったテッド・ケネディ上院議員や自らも風力発電会社を所有するロバート・ケネディJr.を筆頭に、ケネディ一族全員とリベラルな金持ちたちが「景観を損ねる」、「ボート遊びや自家用飛行機の邪魔になる」などの理由で大反対し、建設計画を潰した経緯がある。

 これでは、保守派が怒るのも無理はないだろう。環境保護を叫ぶ民主党の政治家やリベラル派の市民たちが自ら地下鉄や自転車に乗って模範を示し、大手メディアが中立で冷静な報道を始めない限り、保守派が環境保護に興味を示すことはなさそうだ。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に、怒りの涙を浮かべながら迅速な温暖化対策を熱望するスピーチをしたスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさん。温暖化対策に後ろ向きといわれるトランプ大統領がツイートでトゥーンベリさんを皮肉ったところ、彼女の対応が「クレバー(賢い)!」だと世界的な話題になった。


50年前より野鳥が30億羽も減少 北米の調査結果にショック

50年前より野鳥が30億羽も減少 北米の調査結果にショック

世界中で気候や環境が大きく変化している中、北米で過去50年間に野鳥の数が極端に減ったという研究結果が発表され、大きく報道された。


地球温暖化を食い止めろ! 世界各地で若者たちが一斉抗議行動

地球温暖化を食い止めろ! 世界各地で若者たちが一斉抗議行動

世界中で異常気象が続く中、「何もしない大人たちに抗議する」活動を続けるスウェーデン人の少女に賛同し、世界各地の若者たちが日本時間21日に一斉に抗議集会や行進を行った。


リベラル派の発言は矛盾ばかり! あのオバマ夫妻が大豪邸を購入

リベラル派の発言は矛盾ばかり! あのオバマ夫妻が大豪邸を購入

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、オバマ前大統領夫妻が大豪邸を購入することは、これまで夫妻が説いてきた話と矛盾すると指摘する保守派たちの意見を紹介しよう。


リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

プラスチックやガラスの容器などのリサイクルは、もはや常識だ。でも、リサイクルするよりも、容器をそのままの形で再利用すれば、さらに環境に優しくなる。アメリカでそれを実現した画期的なエコ・ビジネスが「Loop」だ。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング