アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


収入は1週間で50万円以上! 食べ歩いて写真を撮るだけ

 アメリカで最も有名なアルミホイルのブランド「Reynold’s Wrap」を販売するレイノルズ・グループ・ホールディング社が出した求人広告が話題をさらっている。

 「8月に2週間かけてアメリカ中を旅しながら、各地にあるバーベキュー・リブの有名店に寄ってリブを食べ、その写真を撮り、各店の味や焼き方の秘訣などをSNSに投稿してくれるチーフ・グリリング・オフィサー(CGO)を募集します。旅費や宿泊費などの経費はすべて弊社が負担し、謝礼は1万ドル(約100万円)。この旅には、あなたの好きな人をひとり同伴できます。応募希望者は自分の写真とお気に入りのレシピ、そして自分こそCGOに最適任者であるという理由を100英単語にまとめてEメールで送ってください」

 無料でアメリカを旅行できて1万ドルももらえるとは、なんと魅力的な募集なんだということでSNSはもとより、米大手メディア各社もニュースとして取り上げたため、あっと言う間にこの募集告知が全米に広がった。

宣伝をSNSに頼る時代のわかりやすいPR戦法

BBQ rib (c)Reynolds Wrap

(c)Reynolds Wrap

 同社は、CGOになった人が全米の有名店を廻り、その店のバーベキュー・リブの写真や、味、調理のヒントをSNSでシェアすることで、同社のアルミホイルを使って自宅でバーベキューを作る人たちが料理をさらに楽しめるはずだとうたっている。

 確かにそれも理由のひとつだろうが、この「まるで夢のような仕事」を募集したことによって、格安の広告費で同社のアルミホイルの名称を改めて全米に認識させたのは、同社のマーケティング戦略の勝利だろう。

 ちなみに、この募集広告ではどの都市のどの有名店でバーベキュー・リブを食べることになっているのかは明らかにされていない。同社広報によると、可能性が高いのはバーベキューが名物といわれるケンタッキー州ルイスビル、テキサス州オースティン、イリノイ州シカゴ、ミズーリ州セントルイス、サウスカロライナ州チャールストン、テネシー州メンフィスだそうだ。この応募の締め切りは日本時間20日(木)午後2時まで。さて、同社はどんな人を選ぶのだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年最も稼いだユーチューバーの世界ランキングが発表された。1位はアメリカの8歳児で年収は2,600万ドル(約28億円)! ランキングの3位はロシアの5歳児で1,800万ドル(約20億円)だった。子供たちが稼いだ金額の高さに多くのため息がもれている。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング