アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


収入は1週間で50万円以上! 食べ歩いて写真を撮るだけ

 アメリカで最も有名なアルミホイルのブランド「Reynold’s Wrap」を販売するレイノルズ・グループ・ホールディング社が出した求人広告が話題をさらっている。

 「8月に2週間かけてアメリカ中を旅しながら、各地にあるバーベキュー・リブの有名店に寄ってリブを食べ、その写真を撮り、各店の味や焼き方の秘訣などをSNSに投稿してくれるチーフ・グリリング・オフィサー(CGO)を募集します。旅費や宿泊費などの経費はすべて弊社が負担し、謝礼は1万ドル(約100万円)。この旅には、あなたの好きな人をひとり同伴できます。応募希望者は自分の写真とお気に入りのレシピ、そして自分こそCGOに最適任者であるという理由を100英単語にまとめてEメールで送ってください」

 無料でアメリカを旅行できて1万ドルももらえるとは、なんと魅力的な募集なんだということでSNSはもとより、米大手メディア各社もニュースとして取り上げたため、あっと言う間にこの募集告知が全米に広がった。

宣伝をSNSに頼る時代のわかりやすいPR戦法

BBQ rib (c)Reynolds Wrap

(c)Reynolds Wrap

 同社は、CGOになった人が全米の有名店を廻り、その店のバーベキュー・リブの写真や、味、調理のヒントをSNSでシェアすることで、同社のアルミホイルを使って自宅でバーベキューを作る人たちが料理をさらに楽しめるはずだとうたっている。

 確かにそれも理由のひとつだろうが、この「まるで夢のような仕事」を募集したことによって、格安の広告費で同社のアルミホイルの名称を改めて全米に認識させたのは、同社のマーケティング戦略の勝利だろう。

 ちなみに、この募集広告ではどの都市のどの有名店でバーベキュー・リブを食べることになっているのかは明らかにされていない。同社広報によると、可能性が高いのはバーベキューが名物といわれるケンタッキー州ルイスビル、テキサス州オースティン、イリノイ州シカゴ、ミズーリ州セントルイス、サウスカロライナ州チャールストン、テネシー州メンフィスだそうだ。この応募の締め切りは日本時間20日(木)午後2時まで。さて、同社はどんな人を選ぶのだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

米バーガーキングがキャンペーンで採用した“トンデモナイ発想から生まれた冗談のようなアプリ特典”が、カンヌ・ライオンズ広告賞を受賞した。同社の宿敵であるハンバーガー・チェーンの王者マクドナルドの店員たちと、バーガーキングのワッパーを求める客たちの両者を大混乱させたお騒がせアプリ特典とは?


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。






最新の投稿


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月12日~18日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月12日~18日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング