育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


1日たった10分のトリートメントで髪の毛が復活!

 薄毛で悩む人は万国共通だが、そんな悩める人たちの救世主になるかもしれないテックな育毛医療機器が、アメリカで密かな人気を呼んでいる。帽子のように頭にかぶるキャップ型のツールを一日たった10分かぶると、それがゆるやかに頭皮に働きかけ、徐々に毛髪の量を増やしてくれるというのだ。

 化学薬品から作られたケミカルな育毛剤を使うよりも時間はかかるが、その分、健康な髪の毛が生えるという。強い薬を使えば頭皮に負担をかけ、結果的に育毛効果は一時的に終わる危険性もある中、この製品は光を使った自然治癒療法を用いている。同社が「Modulated Light Therapy(変調ライトセラピー)」と呼ぶ特殊技術は、現在特許を申請中で、頭皮に負担なくゆっくり育毛できるのが魅力。キャップ内部で2波長からなる赤色光を頭皮にあて、微量な一酸化窒素で血管を拡張することで血流を増やし、毛穴を整える仕組みになっている。もちろんアメリカ食品医薬品局(FDA)の正式認可を受けた商品だ。このキャップの使い方を説明した映像はこちら。

日本未発売、ビジネスパートナー募集中!

 これを使って行う育毛トリートメントは、専用アプリで管理する仕組み。自撮りで育毛段階を記録できるようにもなっている。ちなみに治癒療法を受けている間も、キャップを頭から外さなければ動き回っても問題ないという。値段は649ドル(約7万円)。増毛サービスは平均して1本50円前後はするので、それを考えるとこの金額は決して高くはないだろう。

 残念ながら現在のところ、この商品はアメリカ国外には発送していないが、ゆくゆくは同社は海外にも販路を伸ばしたいそうだ。髪の悩みを持つ人たちをターゲットにする市場は、いつの時代にもある。「我こそは!」と思う人は、同社の日本パートナーに名乗りを上げてみてもよいかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


アメリカで電子タバコ製品が買えなくなる? サンフランシスコで規制

アメリカで電子タバコ製品が買えなくなる? サンフランシスコで規制

日本でも需要が高まる電子タバコ。アメリカでは、電子タバコは若い世代、特にティーンエイジャーたちの間で圧倒的に支持されている。そんな中、未成年者をニコチン中毒から守るために、カリフォルニア州のサンフランシスコ市が先月、電子タバコの販売を禁止する法案を可決した。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング