アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


配送料が無料という魅力

 今やすっかりアメリカ社会に必要不可欠なサービスとして根付いた「アマゾン・ドットコム」。「アマゾンで買えないものはない」と言われるようになって久しいが、とうとうアマゾンで家まで購入できる時代がやってきた。

 現在、プレハブ式の家をアマゾンで販売する企業は複数あるが、どの会社も売れ行きは上々だという。例えばLillevilla社がアマゾンで販売しているコテージ・ハウスは、畳約18畳サイズ。値段は18,800ドル、日本円で200万円強という価格だ。水回りには別工事が必要だが、2ベッドルームでロフトつき。家は組み立てに必要な道具と共に配達され、大人2人が作業して2~3日で完成させられるという。しかも、その配送料は無料。この家を紹介した映像はこちら。

小さい家はAirbnbや親の呼び寄せに、大きなサイズは……

 前出のLillevilla社の家は、生産してもすぐに売り切れる状況が続いており、オーダーから発送までに最低でも3週間、平均5週間を要するという。このコテージ・ハウスの購入用途は、自宅の庭に設置してAirbnbを運営したり、年老いた親の呼び寄せ用の住まいとして使うというケースが多いようだ。

 同様の業者の中には、2階建てでキッチン、お風呂なども完備したプレハブの家を販売している会社もある。こうした本格的な家の場合、購入者が自身の自宅にするのがほとんどで、値段も50,000ドル台(日本円で約550万円)が平均。所得がそれほど高くなくても手が届きそうな値ごろ感だ。

 市場調査会社IBISWorldによると、2013年から2018年にかけて、プレハブ・ハウス業界の売上高は年率8.6%増の105億ドルに達し、2018年だけで4.1%の成長を記録している。大きな家だけがアメリカの幸せの象徴ではなくなってきた今、「家の購入はアマゾンで」というのが主流になる時代が来るかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アマゾン社、ホールフーズを137億ドルで買収

アマゾン社、ホールフーズを137億ドルで買収

引用元「Amazon to buy Whole Foods for $13.7 billion」:http://www.marketwatch.com/story/amazon-to-buy-whole-foods-for-137-billion-2017-06-16-91035726


アマゾンの未来構想「すべての街にドローン配送センターを」

アマゾンの未来構想「すべての街にドローン配送センターを」

引用元『Amazon’s vision for the future: delivery drone beehives in every city』:https://goo.gl/Pv2gu9


「Google HOME」等、AIスピーカーで変わるアメリカ。アップル参入で激化か

「Google HOME」等、AIスピーカーで変わるアメリカ。アップル参入で激化か








最新の投稿


イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

引用元『‘Brave and selfless’ Oregon Stabbing Victims Hailed as Heroes for Standing up to Racist Rants 』:https://goo.gl/wBGshG


アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

引用元『British police warn of 'damage' to investigation from leaks』:https://goo.gl/LLRZpe



FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法

FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法



アクセスランキング


>>総合人気ランキング