アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


配送料が無料という魅力

 今やすっかりアメリカ社会に必要不可欠なサービスとして根付いた「アマゾン・ドットコム」。「アマゾンで買えないものはない」と言われるようになって久しいが、とうとうアマゾンで家まで購入できる時代がやってきた。

 現在、プレハブ式の家をアマゾンで販売する企業は複数あるが、どの会社も売れ行きは上々だという。例えばLillevilla社がアマゾンで販売しているコテージ・ハウスは、畳約18畳サイズ。値段は18,800ドル、日本円で200万円強という価格だ。水回りには別工事が必要だが、2ベッドルームでロフトつき。家は組み立てに必要な道具と共に配達され、大人2人が作業して2~3日で完成させられるという。しかも、その配送料は無料。この家を紹介した映像はこちら。

小さい家はAirbnbや親の呼び寄せに、大きなサイズは……

 前出のLillevilla社の家は、生産してもすぐに売り切れる状況が続いており、オーダーから発送までに最低でも3週間、平均5週間を要するという。このコテージ・ハウスの購入用途は、自宅の庭に設置してAirbnbを運営したり、年老いた親の呼び寄せ用の住まいとして使うというケースが多いようだ。

 同様の業者の中には、2階建てでキッチン、お風呂なども完備したプレハブの家を販売している会社もある。こうした本格的な家の場合、購入者が自身の自宅にするのがほとんどで、値段も50,000ドル台(日本円で約550万円)が平均。所得がそれほど高くなくても手が届きそうな値ごろ感だ。

 市場調査会社IBISWorldによると、2013年から2018年にかけて、プレハブ・ハウス業界の売上高は年率8.6%増の105億ドルに達し、2018年だけで4.1%の成長を記録している。大きな家だけがアメリカの幸せの象徴ではなくなってきた今、「家の購入はアマゾンで」というのが主流になる時代が来るかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第2回目は、新築よりも中古物件の方が人気ある理由を解説しよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。






最新の投稿


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング