アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


配送料が無料という魅力

 今やすっかりアメリカ社会に必要不可欠なサービスとして根付いた「アマゾン・ドットコム」。「アマゾンで買えないものはない」と言われるようになって久しいが、とうとうアマゾンで家まで購入できる時代がやってきた。

 現在、プレハブ式の家をアマゾンで販売する企業は複数あるが、どの会社も売れ行きは上々だという。例えばLillevilla社がアマゾンで販売しているコテージ・ハウスは、畳約18畳サイズ。値段は18,800ドル、日本円で200万円強という価格だ。水回りには別工事が必要だが、2ベッドルームでロフトつき。家は組み立てに必要な道具と共に配達され、大人2人が作業して2~3日で完成させられるという。しかも、その配送料は無料。この家を紹介した映像はこちら。

小さい家はAirbnbや親の呼び寄せに、大きなサイズは……

 前出のLillevilla社の家は、生産してもすぐに売り切れる状況が続いており、オーダーから発送までに最低でも3週間、平均5週間を要するという。このコテージ・ハウスの購入用途は、自宅の庭に設置してAirbnbを運営したり、年老いた親の呼び寄せ用の住まいとして使うというケースが多いようだ。

 同様の業者の中には、2階建てでキッチン、お風呂なども完備したプレハブの家を販売している会社もある。こうした本格的な家の場合、購入者が自身の自宅にするのがほとんどで、値段も50,000ドル台(日本円で約550万円)が平均。所得がそれほど高くなくても手が届きそうな値ごろ感だ。

 市場調査会社IBISWorldによると、2013年から2018年にかけて、プレハブ・ハウス業界の売上高は年率8.6%増の105億ドルに達し、2018年だけで4.1%の成長を記録している。大きな家だけがアメリカの幸せの象徴ではなくなってきた今、「家の購入はアマゾンで」というのが主流になる時代が来るかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング