ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

米バーガーキングがキャンペーンで採用した“トンデモナイ発想から生まれた冗談のようなアプリ特典”が、カンヌ・ライオンズ広告賞を受賞した。同社の宿敵であるハンバーガー・チェーンの王者マクドナルドの店員たちと、バーガーキングのワッパーを求める客たちの両者を大混乱させたお騒がせアプリ特典とは?


バーガーキングのワッパーをマクドナルドで買うアプリ? 

 世界中の広告の最高峰を競う恒例のカンヌ・ライオンズの結果が発表され、「Direct Lions」部門のグランプリは米バーガーキングのアプリ特典が受賞した。その斬新な発想が評価されたこのアプリ特典は、昨年末にバーガーキングが自社のモバイルアプリを活性化するために仕掛けたキャンペーンだ。アプリをダウンロードすると、バーガーキングの看板商品である人気のハンバーガー、“ワッパー”(Whopper定価$4.19、約420円)が、競合相手のマクドナルドの店舗で1セント(約1円)で買えるという、訳のわからない企画だ(しかし実際マクドナルドでは、この商品は買えない)。

 これまでも同社はファストフードの王者マクドナルドを相手に「ハンバーガー戦争中」などと様々なジョークを発信してきたが、今回は「マクドナルドに行って、ワッパーを注文すると1セントで買えるクーポンがもらえる!」と誰もが勘違いするような広告を打った。1円でワッパーが買えると聞いて、ハンバーガー好きのアメリカ人は大喜びし、たった9日間のキャンペーンでバーガーキングのアプリは150万ダウンロードを達成。大きな成果を生んだ。

 しかし、このキャンペーンは「全米で約1万4000店舗あるマクドナルドで、バーガーキングのワッパーを注文すると1セントで買えるクーポンがもらえる」のではなく、「マクドナルドの店舗の半径600フィート内でしか、このクーポンはダウンロードできない」という仕掛け。この宣伝が誤解を呼んだまま広がったうえに、このことをあえて「マクドナルドには伝えていなかった」ため(笑)、バーガーキングのアプリを手にした客がマクドナルドへ殺到。客はもちろん、マクドナルドの店員も混乱する様子を面白おかしくまとめた動画も話題を呼んだ。その両者の混乱ぶりがわかる動画はこちら。

何も知らされていないマクドナルドの店員の対応がおもしろい

 ワッパーが1セントで買えるクーポンの正しい取得方法は、まずバーガーキングのアプリをダウンロードして、マクドナルドの半径600フィート内に行くとアプリからクーポンが取得でき、取得と同時にアプリが最寄りのバーガーキングへ案内してくれるというもの。これにより同社はアプリの利用者が内蔵のナビ・システムをきちんと利用できているか否かがわかるわけだ。

 その説明を読み違えた大勢の客が、マクドナルドの店舗へ行って「バーガーキングのワッパーを下さい」と押し寄せてしまったため、マクドナルドの店員は意味がわからず「ここはバーガーキングじゃありません」、「うちにはワッパーはない」、「なんで今日はみんなそんなことを言うのか?」などと困惑。しかし、なかにはこの理不尽なオーダーに対して、「正直、ワッパーの方が美味しいわよね」と答えたり、バーガーキングへの行き方を丁寧に説明する店員もいたことで、マクドナルドの店員の好感度がアップするような場面もあり、面白いと評判になった。

 例年、このように斬新、かつ強引ともいえるアプローチで注目を集めるバーガーキングの広告だが、今年は「Direct Lions」部門のグランプリの他2部門でもゴールドを受賞。審査員が絶賛する結果となった。それでも業績はマクドナルドに及ばないのが残念だが、次の広告への期待も高い。今回のキャンペーンでは実際に何人の客が無事に1セントのバーガーを購入できたのかも気になるところだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


東京オリピックの米テレビCM売上、すでに1,000億円超え

東京オリピックの米テレビCM売上、すでに1,000億円超え

東京オリンピックのアメリカ放送権を持つ米NBC Universalでは、東京オリンピックのテレビ・コマーシャルの広告契約が昨年中に1,000億円を超えたと発表。前回のブラジルでのオリンピック(2016年)を大幅に超えるペースだという。


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

ファストフード大手の米マクドナルドは今月3日、スティーブ・イースターブルック社長兼最高経営責任者(CEO)が、部下と恋愛関係を持ったため解任したと発表した。合意の上の関係でも解任された敏腕元CEOの今回のニュースを巡り、現在の米企業各社のコンプライアンス重視の気運が見てとれる。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。






最新の投稿


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年2月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


米大統領選ガイド(8) 「大統領選はカネで買えるのか?」

米大統領選ガイド(8) 「大統領選はカネで買えるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング