「アメリカを再び偉大に」? マジか?

「アメリカを再び偉大に」? マジか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領と共和党が、アメリカが抱える様々な問題の解決には目を向けずに、「アメリカを偉大な国にしよう(Make America Great Again)」と今なお呼びかけて続けていることについて。


トランプ支持者にとっての「良かった時代」とは?

 「アメリカを再び偉大な国にしよう(Make America Great Again)」。ご存知、ドナルド・トランプが支持者を集めるために使っているスローガンだ。これは、現在のアメリカは、かつてのように偉大な国ではなく、そのアメリカの偉大さを取り戻すことができる人物がトランプなのだと意味するものだ。

 しかし、これはまったくバカげた考えだ。たとえ、アメリカの偉大さが以前よりも薄れたという考えを受け入れたとしても、トランプが大統領になってしまった事実は、その問題の結果であって、解決策ではないことは明らかだ。トランプと共和党は、自分たちの個人的な利益のためにアメリカの富を奪っていく。その事実から民衆の気をそらすために、過去の「良かった時代」を取り戻そうなどという不明確なことを支持者に訴えているだけだ。その「良かった時代」の定義も曖昧だが、アメリカが抱えている数々の大問題を解決せずに、どうして「良い時代」に行けるなどと思うのだろうか?

大問題を無視したままでは、偉大にはなれない

 一方、民主党は、すべての人にとってより良いアメリカ、より良い世界になるよう未来に向かって進もうとしている。来年の米大統領選に向けて、すべての民主党候補者たちは、彼らが勝った暁には次の3つの大きな問題に取り組むことを掲げている。

1.気候変動

 気候変動が地球上の生命の存在を脅かすことは、誰もが知っていることだ。オバマ政権下ではこの問題に対処するため、アメリカは世界の他の国々と共にパリ協定に加わった。しかし、共和党は純粋に経済的な理由で気候変動を否定しており、トランプ大統領はアメリカをパリ協定から離脱させた。共和党は、環境を保護する規制よりも企業が最大の利益を得ることを優先するべきであり、環境問題はそれが本当に深刻になった時に解決法を見つければよいと言っている。バカげている。この愚かな考えを正すには、民主党が勝利しなければならない。

2.医療制度

 アメリカの医療制度は最悪だ。今の医療制度は人の命を犠牲にし、健康よりも利益を優先するものだ。医療費があまりにも高いので、多くのアメリカ人は具合が悪くても医者に行かず、大きな病気にかかってしまうと経済的破綻に追い込まれる。オバマ前政権はこの問題に取り組むことを最優先事項とし、手頃な価格の医療制度(オバマケア)は、完璧な解決策ではなかったものの正しい方向への第一歩だった。しかし共和党は、医療費を払えない人々に医療を提供することは、よいビジネスではないと考え、執拗にオバマケアを廃止しようとしている。それに対し、民主党はすべてのアメリカ人が優れた医療を受けられるようにすることが義務だと考えている。

3.教育

 大学の学費は高額で、多くのアメリカ人は大学進学に必要なお金の余裕がない。そのため多くの若者が多額の学費ローンを借りて進学し、多額の借金に悩まされている。共和党は悩める学生より、ローンの貸し手側の利益を守ることを優先している。高等教育を受けていない人々は、そうでない人々よりも情報や仕事の選択肢が少ないとされ、トランプ支持者の多くもそういう人たちだ。民主党は、教育を受けた人々は本当の意味で偉大なアメリカのためになると信じており、すべてのアメリカ人は借金を背負うことなく、良い教育を受けることができるはずだと信じて、その実現を目指そうとしている。

 このように共和党と民主党の違いは明らかだ。トランプと共和党は、個人的な利益を得られるだけを支持する。それをしやすくするために、敵は何にでも批判的な民主党や大手メディアだと公言し、アメリカを分裂させようとする。しかし民主党は、アメリカ国民が一致団結して将来に希望を持ち、達成への道が困難でも大きな問題を解決するために協力しているときこそ、アメリカが最も輝けることを知っている。個人的な利益のためではなく、それが正しいことだからだ。これこそが、アメリカを偉大にする精神なのだ。

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に、怒りの涙を浮かべながら迅速な温暖化対策を熱望するスピーチをしたスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさん。温暖化対策に後ろ向きといわれるトランプ大統領がツイートでトゥーンベリさんを皮肉ったところ、彼女の対応が「クレバー(賢い)!」だと世界的な話題になった。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


50年前より野鳥が30億羽も減少 北米の調査結果にショック

50年前より野鳥が30億羽も減少 北米の調査結果にショック

世界中で気候や環境が大きく変化している中、北米で過去50年間に野鳥の数が極端に減ったという研究結果が発表され、大きく報道された。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング