「ダサさ」を払拭! クールな盗難防止機能つきリュック

「ダサさ」を払拭! クールな盗難防止機能つきリュック

アメリカは日本に比べて、はるかに治安の悪い場所が多い。スリや置き引き以外にも、刃物でバッグを切り裂かれて財布を盗まれるようなことも場所によっては起こりうる。そんな中、あらゆる盗難防止機能がついたリュックが話題になっている。デザインもシンプルでクールだと評判のこのバッグ、どんな機能がついているのだろう?


開発の動機はオーナー自身の盗難被害

 ドン・ハルパン氏が、LOCTOTE INDUSTRIAL BAG社を立ち上げたきっかけは、自らの盗難被害だ。家族と共にカリブ海のリゾート、セントクロイ島で休暇を楽しんでいた際、ビーチでシュノーケルをする間、ほんの少し目を離した隙に、電話や現金の入ったバッグを盗まれてしまったのだ。悔しい思いをしたハルバン氏は、盗難防止機能のついたバッグをインターネットで検索してみたところ、様々な商品が市場にあったものの、自分が絶対に必要だと思う機能をすべて備えた商品は存在しなかった。しかも機能的な商品は、どれもデザインセンスを疑うようなものばかりで、購入したいと思えるような商品は見つからなかった。

「そんなことなら世界で一番、盗難にあいにくくてクールなバッグを自分で作ろう」――そう心に決めて同氏が世に送り出したバッグが、「ラクトート・シリーズ」だ。同社の商品の機能性は驚くほど高く、複数の鍵、RFIDブロック機能、刃物を当てても破れない特殊な布、耐切断性のあるロープの使用など、「これでもか!」というこだわりが随所に見られる。強度耐久テストのために、警察犬に商品を噛み切らせようとする実験や、商品に斧を投げつける実験、トラックの後ろに商品を結び付けて引きずりまわす実験などの映像が同社ホームページで公開されているが、それらを見る限り、確かに同社の商品は相当頑丈そうだ。

 この商品シリーズには、最初に発売されたスポーツラインのほか、最近話題になっている「Cinch Pack」(シンチパック)と名付けられたリュックがある。この商品を紹介した映像はこちら。

キックスターターを経て、「シャークタンク」のスターに

 同社は2016年にクラウド・ファンディング「キックスターター」で資金集めを開始。みるみるうちに寄付が集まり、結果的にはオハイオ州出身者が行ったキックスターターキャンペーン史上、過去最高額を集めて、ABCの人気番組『シャークタンク』に招待された。この番組は、アメリカ版『マネーの虎』で、投資家がオンエア中に投資を行うというものだが、最終的にはカナダで最も知られる投資家、ロバート・ハージャベック(Robert Herjavec)氏からの投資を得たことによって、ますます有名になった。

 今ではオハイオ州では知らない人がいないほどの有名人となったハルパン氏。どんな田舎に住んでいても、市場ニーズを踏まえた優れた商品であれば、今の時代にもアメリカン・ドリームはつかめるということなのだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレスは万病の敵。少しでもストレスを軽減するための商品は星の数ほどあれど、数年前から注目されている「重い毛布(Weighted Blankets)」の市場の成長が止まらない。大手もキックスターター企業も入り乱れ、重い毛布が次々と市場に登場。今年のクリスマス商戦の目玉商品のひとつになることは間違いなさそうだ。


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング