トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


アメリカ人の権利より不法移民の権利を重視するリベラル派

 5月下旬、ホンデュラス出身のトランスジェンダーの女性が、ニューメキシコのトランスジェンダー専用不法移民収容施設に到着した数日後に死亡した。死因は肺炎と脱水症状だったが、その女性はHIV感染者だったため、中道派と保守派は「過酷な長旅が原因の過労死だろう」と考えた。

しかし、民主党議員やリベラル派は「移民捜査局は人殺しだ!」と叫んだため、米移民税関捜査局はその濡れ衣をはらすために、これまでは公開していなかったトランスジェンダー専用の不法移民収容施設の映像とツイートを発信し、人道的な施設であることをアピールした。問題の映像はこちら。

 専用の収容施設に収監されているトランスジェンダーの不法移民たちは、女性らしく見せるためのヘアー・メイクの授業を受け、バスケットボールやバレーボールを楽しみ、図書館で読書をし、インターネットのアクセスもあり、医療ケアや法律相談を無料で受けている。

 この映像が公開された後も、リベラル派は「やらせのPRビデオにすぎない」と言っているが、連邦政府職員が政府の仕事に関して嘘をつくことは罰を伴う違憲行為だ。もし、これがやらせ映像ならば、大きな問題になる。たとえバレーボールやオペラを楽しんでいる姿が演技だったとしても、施設の中で3度の食事とベッドを提供されているのは事実だ。つまり、少なくともトランスジェンダーの不法移民はアメリカ国内に溢れるアメリカ人のホームレスより上等な扱いを受けていると言えるだろう。

まず、アメリカ人のホームレスを保護するべきでは?

 移民税関捜査局は、性別にかかわらず収容施設にいるすべての不法移民に年間2億5000万ドルもの費用を掛けて医療ケアを提供している。その費用は、もちろんアメリカの納税者が負担している。

 さらに、リベラルな民主党が圧倒的多数を占める州では、州民の血税を使って様々な不法移民優遇政策を実施している。たとえばニュージャージー州は、州政府が不法移民の子どもたちに大学の学費援助を提供する州法を通した。ニューヨーク州も、共和党議員が提案した「戦死した兵士の子どもたちの大学の学費を無料にする」という法案は拒絶したものの、不法移民の子どもたちに州が2700万ドルの学費援助を与える法案は可決した。オレゴン州やワシントン州では、不法移民に州内出身者用の学費(他州出身者よりかなり安い学費)で進学できる権利を与えている。カリフォルニア大学は不法移民に2500万ドルの学費援助を提供。議員の75%が民主党のカリフォルニア州では、共和党が提案したアメリカ人の高齢者へ医療ケア拡大は否決されたものの、19才から25才までの不法移民の医療ケア負担法案は可決された。

 ワシントン州のシアトルではホームレス問題が悪化の一途をたどり、ロサンゼルスでもホームレスが急増し、民主党のガーセッティ市長のリコール運動が起きている。これを考えると、保守派や中道派の人々が、「民主党はアメリカ人よりも、不法移民の権利を重視している」と怒るのも無理はないだろう。

 ちなみに、カリフォルニア州、ニューヨーク州などの13州が不法移民の運転免許取得を許可している。アメリカでは運転免許と有権者登録が直結しているため、保守派は「民主党が不法移民を歓迎するのは人道的な理由からではなく、単に票田を増やすためだ」と話している。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


「アメリカを再び偉大に」? マジか?

「アメリカを再び偉大に」? マジか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領と共和党が、アメリカが抱える様々な問題の解決には目を向けずに、「アメリカを偉大な国にしよう(Make America Great Again)」と今なお呼びかけて続けていることについて。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。


不法移民と合法移民は違うのに

不法移民と合法移民は違うのに

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。極端にリベラルな人の中には、なぜか不法移民と合法移民は同じと考える人がいる。しかし、そこで正しい意見を言うと命の危険も?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。






最新の投稿


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月12日~18日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月12日~18日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング