トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


アメリカ人の権利より不法移民の権利を重視するリベラル派

 5月下旬、ホンデュラス出身のトランスジェンダーの女性が、ニューメキシコのトランスジェンダー専用不法移民収容施設に到着した数日後に死亡した。死因は肺炎と脱水症状だったが、その女性はHIV感染者だったため、中道派と保守派は「過酷な長旅が原因の過労死だろう」と考えた。

しかし、民主党議員やリベラル派は「移民捜査局は人殺しだ!」と叫んだため、米移民税関捜査局はその濡れ衣をはらすために、これまでは公開していなかったトランスジェンダー専用の不法移民収容施設の映像とツイートを発信し、人道的な施設であることをアピールした。問題の映像はこちら。

 専用の収容施設に収監されているトランスジェンダーの不法移民たちは、女性らしく見せるためのヘアー・メイクの授業を受け、バスケットボールやバレーボールを楽しみ、図書館で読書をし、インターネットのアクセスもあり、医療ケアや法律相談を無料で受けている。

 この映像が公開された後も、リベラル派は「やらせのPRビデオにすぎない」と言っているが、連邦政府職員が政府の仕事に関して嘘をつくことは罰を伴う違憲行為だ。もし、これがやらせ映像ならば、大きな問題になる。たとえバレーボールやオペラを楽しんでいる姿が演技だったとしても、施設の中で3度の食事とベッドを提供されているのは事実だ。つまり、少なくともトランスジェンダーの不法移民はアメリカ国内に溢れるアメリカ人のホームレスより上等な扱いを受けていると言えるだろう。

まず、アメリカ人のホームレスを保護するべきでは?

 移民税関捜査局は、性別にかかわらず収容施設にいるすべての不法移民に年間2億5000万ドルもの費用を掛けて医療ケアを提供している。その費用は、もちろんアメリカの納税者が負担している。

 さらに、リベラルな民主党が圧倒的多数を占める州では、州民の血税を使って様々な不法移民優遇政策を実施している。たとえばニュージャージー州は、州政府が不法移民の子どもたちに大学の学費援助を提供する州法を通した。ニューヨーク州も、共和党議員が提案した「戦死した兵士の子どもたちの大学の学費を無料にする」という法案は拒絶したものの、不法移民の子どもたちに州が2700万ドルの学費援助を与える法案は可決した。オレゴン州やワシントン州では、不法移民に州内出身者用の学費(他州出身者よりかなり安い学費)で進学できる権利を与えている。カリフォルニア大学は不法移民に2500万ドルの学費援助を提供。議員の75%が民主党のカリフォルニア州では、共和党が提案したアメリカ人の高齢者へ医療ケア拡大は否決されたものの、19才から25才までの不法移民の医療ケア負担法案は可決された。

 ワシントン州のシアトルではホームレス問題が悪化の一途をたどり、ロサンゼルスでもホームレスが急増し、民主党のガーセッティ市長のリコール運動が起きている。これを考えると、保守派や中道派の人々が、「民主党はアメリカ人よりも、不法移民の権利を重視している」と怒るのも無理はないだろう。

 ちなみに、カリフォルニア州、ニューヨーク州などの13州が不法移民の運転免許取得を許可している。アメリカでは運転免許と有権者登録が直結しているため、保守派は「民主党が不法移民を歓迎するのは人道的な理由からではなく、単に票田を増やすためだ」と話している。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んで設置したピンク色のシーソーで子供たちが遊ぶ映像がSNSを賑わせている。国境周辺の状況が悪化している中、人々に結束や調和を訴える目的で米カリフォルニア州にある大学の二人の教授が仕掛けた「アート・インスタレーション・イベント」だという。


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


「アメリカを再び偉大に」? マジか?

「アメリカを再び偉大に」? マジか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領と共和党が、アメリカが抱える様々な問題の解決には目を向けずに、「アメリカを偉大な国にしよう(Make America Great Again)」と今なお呼びかけて続けていることについて。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。


不法移民と合法移民は違うのに

不法移民と合法移民は違うのに

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。極端にリベラルな人の中には、なぜか不法移民と合法移民は同じと考える人がいる。しかし、そこで正しい意見を言うと命の危険も?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング