マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


アイスクリームがマリファナ入り?

 ユニリーバ社が同社傘下にある人気アイスクリーム・ブランド「ベン&ジェリーズ(Ben & Jerry’s)」の新商品のアイスクリームに、大麻由来のカンナビジオール(CBD)を追加する計画をしているという。

 大麻やマリファナというと「違法薬物」がすぐに頭に浮かんでしまうが、CBDとは大麻植物に含まれる主成分のひとつであり、厚生労働省の認可を得たものであれば、日本でも販売されている。大麻植物由来で問題になる成分は、テトラヒドロカンナビノール(THC)で、こちらは酩酊など、高い精神・神経系への作用を引き起こす。しかし、CBDもTHCも大麻草から抽出される成分であることが薬物を連想させるため、使用を危惧する声は高い。また現時点においては、CBDの食品への混入は、アメリカ食品医薬局(FDA)が認めていない。

 ベン&ジェリーズはCBD合法化に向けてFDAとの交渉を続けており、FDAが許可を出し次第、商品化に向けて具体的に動きたい意向だ。

一般嗜好品へのCBD導入、高まる期待

 同社は今月まで、FDAとの交渉を密に続けることを計画していると発表。合法化されれば、同社は同ブランドの本社を置くバーモント州内から、安定してCBDの調達が可能になるように動く予定だという。ベン&ジェリーズのCEO、マシュー・マッカーシー氏は、「私たちはベン&ジェリーズのアイスクリームのファンのために、この計画を実現する」と語っている。

 こうした動きは、何も同社だけに限ったわけではない。CBDを一般嗜好品に追加したいと願っている企業には、ウォルマートやターゲットなど、米大手小売りチェーン店なども含まれる。ウォルマートは、飲み物やグミのようなキャンディー系の商品や、スキンケアに使える局所用クリームとしてCDBを取り入れたい意向もあると話している。

 CBDはTHCとは異なるものの、ストレス軽減や慢性的痛みを和らげる効果などがあると言われている。「マリファナではない」と言われても、こうした効果を聞けば不安になる人は大勢いる。「子供たちが大好きなアイスクリームにまで、マリファナ解禁の影響が派生しているのでは?」という懸念を表す人たちは、さっそくソーシャルメディアを中心に声を上げ始めているが、いずれにしても来月以降には、本件における何等かの見解がFDAから示されるはずだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨークにあるフィットネス機材のフラッグシップ・ショップが連日賑わいを見せている。これまでの常識を覆すその機材、どんな場所にも設置が可能で、かなりスタイリッシュだ。一体、どんなものなのだろう?


「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

アメリカではすっかり浸透した感のある「プラスチック製ストローの廃止ムーブメント」。では、ムーブメント進行後のアメリカでは、どんなエコ・ストローが人気なのだろう?


秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。


ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

「健康維持と環境保護ができる代替肉ブーム」が、北米で止まらない勢いを見せている。なかでも、植物ベースの代替肉としてベジタリアンやヴィーガンなどの健康志向の人たちを中心に大人気の「ビヨンド・ミート」は、今年5月に上場して以来、株価が2カ月弱で9倍にまで上昇。一時はIPO幹事行が投資判断を引き下げたほど注目が集まっている。


キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

アメリカ人はアイスクリームが好きだ。子供たちだけでなく、ティーンエイジャーも大人も高齢者も、食後のデザートやおやつにアイスクリームを食べる。だからと言って、ホットドッグ味やマスタード味のアイスクリームをわざわざ食べたいと思う人がいるのだろうか?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング