マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


アイスクリームがマリファナ入り?

 ユニリーバ社が同社傘下にある人気アイスクリーム・ブランド「ベン&ジェリーズ(Ben & Jerry’s)」の新商品のアイスクリームに、大麻由来のカンナビジオール(CBD)を追加する計画をしているという。

 大麻やマリファナというと「違法薬物」がすぐに頭に浮かんでしまうが、CBDとは大麻植物に含まれる主成分のひとつであり、厚生労働省の認可を得たものであれば、日本でも販売されている。大麻植物由来で問題になる成分は、テトラヒドロカンナビノール(THC)で、こちらは酩酊など、高い精神・神経系への作用を引き起こす。しかし、CBDもTHCも大麻草から抽出される成分であることが薬物を連想させるため、使用を危惧する声は高い。また現時点においては、CBDの食品への混入は、アメリカ食品医薬局(FDA)が認めていない。

 ベン&ジェリーズはCBD合法化に向けてFDAとの交渉を続けており、FDAが許可を出し次第、商品化に向けて具体的に動きたい意向だ。

一般嗜好品へのCBD導入、高まる期待

 同社は今月まで、FDAとの交渉を密に続けることを計画していると発表。合法化されれば、同社は同ブランドの本社を置くバーモント州内から、安定してCBDの調達が可能になるように動く予定だという。ベン&ジェリーズのCEO、マシュー・マッカーシー氏は、「私たちはベン&ジェリーズのアイスクリームのファンのために、この計画を実現する」と語っている。

 こうした動きは、何も同社だけに限ったわけではない。CBDを一般嗜好品に追加したいと願っている企業には、ウォルマートやターゲットなど、米大手小売りチェーン店なども含まれる。ウォルマートは、飲み物やグミのようなキャンディー系の商品や、スキンケアに使える局所用クリームとしてCDBを取り入れたい意向もあると話している。

 CBDはTHCとは異なるものの、ストレス軽減や慢性的痛みを和らげる効果などがあると言われている。「マリファナではない」と言われても、こうした効果を聞けば不安になる人は大勢いる。「子供たちが大好きなアイスクリームにまで、マリファナ解禁の影響が派生しているのでは?」という懸念を表す人たちは、さっそくソーシャルメディアを中心に声を上げ始めているが、いずれにしても来月以降には、本件における何等かの見解がFDAから示されるはずだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨークにあるフィットネス機材のフラッグシップ・ショップが連日賑わいを見せている。これまでの常識を覆すその機材、どんな場所にも設置が可能で、かなりスタイリッシュだ。一体、どんなものなのだろう?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング