マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


アイスクリームがマリファナ入り?

 ユニリーバ社が同社傘下にある人気アイスクリーム・ブランド「ベン&ジェリーズ(Ben & Jerry’s)」の新商品のアイスクリームに、大麻由来のカンナビジオール(CBD)を追加する計画をしているという。

 大麻やマリファナというと「違法薬物」がすぐに頭に浮かんでしまうが、CBDとは大麻植物に含まれる主成分のひとつであり、厚生労働省の認可を得たものであれば、日本でも販売されている。大麻植物由来で問題になる成分は、テトラヒドロカンナビノール(THC)で、こちらは酩酊など、高い精神・神経系への作用を引き起こす。しかし、CBDもTHCも大麻草から抽出される成分であることが薬物を連想させるため、使用を危惧する声は高い。また現時点においては、CBDの食品への混入は、アメリカ食品医薬局(FDA)が認めていない。

 ベン&ジェリーズはCBD合法化に向けてFDAとの交渉を続けており、FDAが許可を出し次第、商品化に向けて具体的に動きたい意向だ。

一般嗜好品へのCBD導入、高まる期待

 同社は今月まで、FDAとの交渉を密に続けることを計画していると発表。合法化されれば、同社は同ブランドの本社を置くバーモント州内から、安定してCBDの調達が可能になるように動く予定だという。ベン&ジェリーズのCEO、マシュー・マッカーシー氏は、「私たちはベン&ジェリーズのアイスクリームのファンのために、この計画を実現する」と語っている。

 こうした動きは、何も同社だけに限ったわけではない。CBDを一般嗜好品に追加したいと願っている企業には、ウォルマートやターゲットなど、米大手小売りチェーン店なども含まれる。ウォルマートは、飲み物やグミのようなキャンディー系の商品や、スキンケアに使える局所用クリームとしてCDBを取り入れたい意向もあると話している。

 CBDはTHCとは異なるものの、ストレス軽減や慢性的痛みを和らげる効果などがあると言われている。「マリファナではない」と言われても、こうした効果を聞けば不安になる人は大勢いる。「子供たちが大好きなアイスクリームにまで、マリファナ解禁の影響が派生しているのでは?」という懸念を表す人たちは、さっそくソーシャルメディアを中心に声を上げ始めているが、いずれにしても来月以降には、本件における何等かの見解がFDAから示されるはずだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?



なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はかなり保守的な南部アーカンソー州でも、医療マリファナが合法になったことについて。


米大リーグ、マリファナを禁止薬物から除外

米大リーグ、マリファナを禁止薬物から除外

大谷翔平選手や田中将大選手など、日本人の野球選手たちも所属する米大リーグ機構、メジャーリーグ・ベースボールが、日本では大麻と呼ばれるマリファナを禁止薬物リストから除外し、酒類と同等の扱いに変更することが決まった。


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング