アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


誕生日、遺産贈与も「社会支援」

 アメリカでは比較的大勢の人が、「何らかの形」で社会支援活動に参加している。特定の非営利団体を応援してボランティア活動に参加したり、定期的に寄付を行うことなどが一般的だが、それは経済的に余裕のある人たちだけに限られたものではない。

 アメリカにおいて社会支援に関する意識が養われる機会は、子供の頃から多い。例えば夏場によく自宅の前に出ている「レモネード・スタンド」などは、小さな子供たちでも出来る募金集めの定番だ。高校では学生が地域の非営利団体でボランティア活動をすることが必須であり、必要単位に組み込まれている場合もある。

 また、ノブレス・オブリージュ(地位あるものが社会的義務を担う)という意味でも、社会還元がビジネス成功のステイタスのひとつとして求められる傾向も高い。

90日に一度、社会貢献を定期購入できるサービス

 最近はソーシャル・メディアを使って寄付活動を行う人も増えている。たとえば誕生日にプレゼントをもらう代わりに、自分が応援する非営利団体に寄付をお願いする。また、自分の遺言書の遺産贈与の内訳に、自分の支援する非営利団体への寄付を希望する項目を加えることも一般的になってきた。

 そんなアメリカの慣習に目をつけたのが、「Crate of Good」だ。日本語に訳すと「善のカゴ」といえるこの商品は、90日に一度、「社会を変えるための商品」が詰まった箱が届けられる、サブスクリプション(定期購入式)のサービスだ。箱の中の品物は、Tシャツなどのアパレル商材から食品、生活雑貨に至るまで、「購入するという行為を通して貢献する」という社会支援に紐づけられたものばかり。自分が支援したいカテゴリーは動物愛護、次世代貢献、環境保護、貧困撲滅の4つから選べるようになっており、たとえば「今期は、貧困地域に飲み水を配給できる支援を行う」など、その支援の詳細も定期的に更新される仕組みだ。

 日本ではちょっとないようなサービスだが、「何か社会の役には立ちたいけれど、どんな活動を支援していいか分からない」という社会支援活動初心者には、とても便利だろう。料金は四半期ごとに59.99ドルから。まさにアメリカらしいビジネスだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


「スポンサーになってくれませんか?」という依頼が届いたら

「スポンサーになってくれませんか?」という依頼が届いたら

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は熱心なキリスト教徒が多い南部らしい、「ミッション・トリップ」についての話。


アメリカの保守派は科学を信じない無知蒙昧な人たちなのか?

アメリカの保守派は科学を信じない無知蒙昧な人たちなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、日本では理解されにくい「なぜアメリカの保守派には地球温暖化を信じない人や、環境保護に力を入れない人が多いのか」について、保守派の見解を披露する。


デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

「デートがマンネリ化している…」と思ってはいても、毎回、次のデートのアイデアを考えて、その準備をする時間が作れる人は、そう多くはないだろう。そんな悩みを抱えるアメリカのカップルたちに代わって、次回のデートを盛り上げる企画を考え、それに伴うグッズを宅配してくれる変わったサービスがある。






最新の投稿


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月12日~18日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月12日~18日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング