アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


誕生日、遺産贈与も「社会支援」

 アメリカでは比較的大勢の人が、「何らかの形」で社会支援活動に参加している。特定の非営利団体を応援してボランティア活動に参加したり、定期的に寄付を行うことなどが一般的だが、それは経済的に余裕のある人たちだけに限られたものではない。

 アメリカにおいて社会支援に関する意識が養われる機会は、子供の頃から多い。例えば夏場によく自宅の前に出ている「レモネード・スタンド」などは、小さな子供たちでも出来る募金集めの定番だ。高校では学生が地域の非営利団体でボランティア活動をすることが必須であり、必要単位に組み込まれている場合もある。

 また、ノブレス・オブリージュ(地位あるものが社会的義務を担う)という意味でも、社会還元がビジネス成功のステイタスのひとつとして求められる傾向も高い。

90日に一度、社会貢献を定期購入できるサービス

 最近はソーシャル・メディアを使って寄付活動を行う人も増えている。たとえば誕生日にプレゼントをもらう代わりに、自分が応援する非営利団体に寄付をお願いする。また、自分の遺言書の遺産贈与の内訳に、自分の支援する非営利団体への寄付を希望する項目を加えることも一般的になってきた。

 そんなアメリカの慣習に目をつけたのが、「Crate of Good」だ。日本語に訳すと「善のカゴ」といえるこの商品は、90日に一度、「社会を変えるための商品」が詰まった箱が届けられる、サブスクリプション(定期購入式)のサービスだ。箱の中の品物は、Tシャツなどのアパレル商材から食品、生活雑貨に至るまで、「購入するという行為を通して貢献する」という社会支援に紐づけられたものばかり。自分が支援したいカテゴリーは動物愛護、次世代貢献、環境保護、貧困撲滅の4つから選べるようになっており、たとえば「今期は、貧困地域に飲み水を配給できる支援を行う」など、その支援の詳細も定期的に更新される仕組みだ。

 日本ではちょっとないようなサービスだが、「何か社会の役には立ちたいけれど、どんな活動を支援していいか分からない」という社会支援活動初心者には、とても便利だろう。料金は四半期ごとに59.99ドルから。まさにアメリカらしいビジネスだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、気候変動への対策を訴えるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさんら若者たちの話を聞こうとしない米大統領や政治家たちについて。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に、怒りの涙を浮かべながら迅速な温暖化対策を熱望するスピーチをしたスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさん。温暖化対策に後ろ向きといわれるトランプ大統領がツイートでトゥーンベリさんを皮肉ったところ、彼女の対応が「クレバー(賢い)!」だと世界的な話題になった。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング