待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


今年の米アマゾン・プライムデーで先行予約開始

 ステージでのパフォーマンスやヒット曲の数々はもとより、その派手なファッションやメイク、発言や行動まで常に世界中から注目を浴びるレディー・ガガ。昨年は、主演映画「A Star Is Born(アリー/スター誕生)」が全興行収入434ミリオン米ドル(約473億円)をあげ、デビューから10年以上経ってもその人気は衰えをみせない。

 その「ガガ様」が、自身のビューティー・ブランドを立ち上げるらしいということは昨年から噂されていたが、このたび「Haus Laboratories」というブランド名で今年9月に、アマゾン・ドットコム社独占という形でローンチされることが発表された。その先行予約は今年の米アマゾン・プライムデーに合わせて来たる7月15日に開始される。注目のブランド予告映像はこちら。

HAUS LABORATORIES

https://www.hauslabs.com/

OUR HAUS. YOUR RULES. Available for pre-order 7.15.

どんな奇抜なアイテムが登場するのか

 ガガが「Haus Beauty」というハッシュタグをつけて発信を始めたときから、オリジナルの美容ブランドのローンチは間近だと噂されていたが、それをアマゾン・ドットコムが独占で取り扱うことに驚いた人は多いはずだ。

 アマゾン・ドットコムの美容セクション、Amazon Beautyで、ここまで大物の有名人の商品を独占で取り扱うのははじめて。これは、有名人とのコラボ商品の販売で成果を上げている米大手大型小売店のウォルマートとのシッピング戦争に応戦する構えともみられている

 生肉のドレスや独創性の高いハイヒールなど、ガガの奇抜なファッションはファンだけでなく、美容業界、音楽業界でも常に話題になるが、彼女は日本人デザイナーの作品を身に付けることも多く、日本贔屓としても知られている。キリッと引かれた「キャット・アイ」がトレードマークなだけに、彼女のメイクで使われているアイライナーや、カラフルなアイシャドーなどのアイテムが販売されれば、ファンはもちろん、メイクに興味のある人ならば誰もが気になるブランドになるだろう。価格帯はドラッグストアよりは高いが、高級ブランドよりは安く、リップグロスが16ドル(日本円で約1,700円)、口紅などが49ドル(約5,300円)とお手頃らしいという噂だ。

 残念ながら、15日まではその詳細は明かされないが、「ガガ様」の冠がついた独自ブランドであり、ブランド名が「laboratory(実験室)」というだけに、どんな奇抜なアイテムが販売されるのか期待が高まっている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング