クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


アメリカの子供たちの“お小遣い事情”

 日本では、子供たちの「毎月のお小遣い」と言えば、現金が一般的だろう。しかし、クレジットカード社会のアメリカでは、子供に現金を渡す親はほとんどいない。そもそもアメリカでは、多くの州で13歳以下の子供が家の中にひとりでいたり、大人の同伴なしで外出することが禁じられているため、「小遣い片手に、子供がひとりで近所にお菓子を買いに行く」というような微笑ましい光景は、ほぼ見ることができない社会的な背景もある。子供が渡された現金をどう使うかということから金銭感覚を学ぶことは重要だが、現金社会ではない国では、なかなか簡単にはいかないのである。

 それでは、アメリカの子供たちは、どのようにクレジットカード社会の現実を学ぶのだろう? それに悩む親が多い中、多くの親たちのニーズを満たすデビットカード・サービス「Greenlight」が評判を呼んでいる。そのサービスを紹介した映像はこちら。

決済する前に、それを支払うかどうかを親が選択できる

 このサービスが優れている点は、アプリを通じて親が子供の支払いに関与できることだ。親の同伴なしで外出できる年齢の子供が買い物に出掛けてお金を使おうとしても、親の承認なしには決済ができない仕組みになっているのである。また、写真メッセージ機能を使って、事前に子供から親へ「この商品を購入していいか?」と聞ける点も、親が安心できる機能だ。アプリを通して子供とやり取りすれば、子供は親に相談しながら買い物ができるので、親が知らない間に露出度の高い洋服や、禁止されているゲームやガジェットを購入してしまうことも防ぐことができる。

 アメリカのクレジットカードは、日本のクレジットカードとは基本的機能が異なる。日本ではカードを使った翌月に全額精算、あるいは金額を均等に割った「リボ払い」が一般的だろう。しかしアメリカの場合は、最低支払金額さえ支払えば、自分でその月の返済金額を決めることができ、かつ支払い期限を特に定めることなく分割払いを続けられる仕組みになっている。そのため、クレジットカードをいくつも作って最低支払金額だけを払い続け、結果的に借金が膨れて自己破産してしまうケースは後を絶たない。

 だからこそ、アメリカの親たちは、「将来、子供たちが多重債務を抱えないように、正しい金銭感覚を教育する必要がある」と考える人が多い。そういう背景ゆえ、「親が子供の買い物に関与しながら、子供に金銭的自立を促す機会を与える」ことができる「Greenlight」が、高い支持を得ているようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

米バーガーキングがキャンペーンで採用した“トンデモナイ発想から生まれた冗談のようなアプリ特典”が、カンヌ・ライオンズ広告賞を受賞した。同社の宿敵であるハンバーガー・チェーンの王者マクドナルドの店員たちと、バーガーキングのワッパーを求める客たちの両者を大混乱させたお騒がせアプリ特典とは?






最新の投稿


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

アメリカではミレニアルやZ世代が、ベビーブーム世代を揶揄する「OKブーマー(boomer)」というスラングがSNSの「TikTok」で大ブレイク。先週、ニュージーランド議会で若手女性議員が、自分にヤジを飛ばした年配議員に一言、「OK、ブーマー」と言い放って黙らせた映像がSNSで世界に拡散されたことも手伝い、「OK BOOMER」グッズの人気が爆発中だ。


【Red vs. Blue】「リベンジ・ポルノ」で辞職した女性議員スキャンダルをどう思うか?

【Red vs. Blue】「リベンジ・ポルノ」で辞職した女性議員スキャンダルをどう思うか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は相手の合意なくヌード写真をネット公開し、相手を貶める「リベンジ・ポルノ」が政治に使われたことについて。


14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

若者たちの科学、技術、エンジニアリング、数学の力を伸ばす「STEM教育」に力を入れているアメリカでは、全米各地でSTEM系のコンテストが開催されている。そんな中、「お母さんのために」と思いついた「死角をなくす」発明が評価された14歳の少女に25,000ドル(約270万円)の賞金が授与された。


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月8日~14日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月8日~14日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング