こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカの就活には必須?「インターン」制度

 日本では就職活動がそろそろ終わりを迎える時期だが、アメリカの学生はどのようにして次のステップを見つけるのだろうか。学生から社会人になるという同じプロセスでも、その時期や戦略など異なる点が多々ある。もちろん個人差もあるが、今回はこの二国の学生を比較して紹介してみようと思う。

 まずは時期。日本の就活は大学3年生の終わり頃から4年生のはじめにかけて本格的に行われる。一流企業は短期インターンを通して採用する場合もあるため、大学3年生の終わりから活動する学生もいるが、基本的には4年生のはじめの数カ月で申請から面接を経て、夏頃までには就活を終える流れが一般的だろう。

 一方、アメリカではインターン制度が就職の行方を決めるカギとなる。学生たちは夏季、また学期中に企業や団体などでインターンをさせてもらうことが主流で、その長期インターンの働きぶりを通して内定をもらうことが多い。こういった内定のもらい方をリターン・オファー(卒業したら正社員として採用)という。就活の時期も基本的には決まっておらず、卒業しても内定をもらっていない状態、次の年に何をするかも分からないというケースも少なくない。選ぶ業種によっては企業の決めたスケジュールで動かなければいけないこともある。たとえば投資銀行に勤めたい学生は、一年前から申請や面接の準備をしなければならない。私の友達は今夏、ある投資銀行でインターンをしているが、その申込書は昨年の夏に書いたそうだ。

学部卒では不十分。アメリカで就職優位な最終学歴

 日本と異なり、アメリカの4年制の大学を卒業した学生の多くが、修士号をとるのも大きな違いだ。アメリカの企業は修士号の取得過程でしっかりと専門知識を勉強した学生の採用を優先する。そのため文系の学生であっても、数年働いた後に大学院に戻る選択をする若者が多い。理系の学生は、自分の興味のある研究をしているラボ(研究室)に入るために、自分の研究に磨きをかけなければいけない。

 4年制大学を卒業した直後に大学院へ進学したい場合は、4年生の半ばに行きたい大学院に願書を申請する。アメリカの大学院に入るにはGREという試験を受ける必要があるが、これは高校生が大学に入る際に受けるSATという試験の難しいバージョンのような試験だ。大学院を目指す学生は、3年生の終わりから4年生のはじめにかけて勉強を開始して、試験に臨む。

採用基準は、学生の可能性ではない?

 日本とアメリカの就活で最も異なるのは、企業側の採用基準だと感じる。日本企業は学生の「可能性」を見て採用するが、アメリカの企業はそれに加え、その時点の能力、いわば「即戦力として期待できる部分」を見る。例えば、大学での成績(GPA)や課外活動の内容などは細かく審査される。同時に学生たちは、今までの活動や学業面での興味が、その企業での仕事にどのように生かされ、関わっていけると考えているかなどを口頭や文面で説明する必要がある。また、学生はキャリアフォーラムやネットワーキングのイベントにも積極的に参加し、企業はそういったソーシャル・イベントで学生たちがどう行動するのかを観察する場合が多い。こうして企業は一対一の面接だけではわからない学生の性格を見ているのだ。

 このように同じ就活でも日米の学生生活の文化が異なるため、就活のかたちも異なる。しかし、就活という重要な人生の決断をする期間を大事に過ごし、自分が心から情熱を注げる仕事に就くことが大切なのは、日本の学生にもアメリカの学生にも共通して言えることだと思う。私もこの9月から大学3年生になるので、次のステップを考え始めなければいけない。同じ学生として、これからも若い世代がどのように次のステージを見つけて行動していくのか、その様子をしっかりと観察し、自身でも体験していきたい。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの大学で受講できる、ちょっと変わった授業をいくつか紹介しよう。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング